寒いですね………。

ワンシーズンでこんなに雪を観たことが、かつてあっただろうか、否ない。

 

さて、1月の読了数。

結構少なかったですね。

月中と月末に試験があったので、控えもしましたけど。

ま、それ以外にスマホゲームに嵌まってましたけどね。今もですけどね。

 

 

1月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1583
ナイス数:74

嗤う淑女 (実業之日本社文庫)嗤う淑女 (実業之日本社文庫)感想
どんでん返しをそこに入れてくるとは! 痛快な結末を迎えられず、もやもや。野放しのまま。まさにイヤミス。中山さんが多彩な事がわかったが、こんな悪女まで描いてしまうとは。真新しさは無いものの、先を読ませる展開に感嘆。
読了日:01月01日 著者:中山 七里


キャロリング (幻冬舎文庫)キャロリング (幻冬舎文庫)感想
舞台を見てから5年、文庫化を待ってようやく読めた。話も展開も知っていたけれども、文章は文章として楽しめた。有川さんの文章だな、と。航平が望んだクリスマスの奇跡は起こらなかったけれども、出来すぎないところが印象に残る終わり方だった。
読了日:01月04日 著者:有川 浩


後宮に日輪は蝕す 金椛国春秋 (角川文庫)後宮に日輪は蝕す 金椛国春秋 (角川文庫)感想
遊圭の苦難続きの後宮暮らしに終止符。玄月は最後まで良い人だか悪い人だか判別出来なかった。ものすごく有能なのはわかったけど、物語の中でこれ程のポジションにいて、正体が掴めない人物はなかなかお目にかかれない。最後までハラハラする展開で面白いシリーズだった。
読了日:01月07日 著者:篠原 悠希


悲嘆の門(上) (新潮文庫)悲嘆の門(上) (新潮文庫)感想
ファンタジーとミステリーの融合。連続する殺人事件と次第に明らかになる、想像上の存在であるはずのガーゴイルが絡んでいるとしか思えない失踪事件。ファンタジーが現代社会にしっかりと食い込んでいるのは、さすが。次巻を早く読まなくては。
読了日:01月29日 著者:宮部 みゆき

読書メーター

 

先日言っていたとおり、少なめな12月でございました。

 

12月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1403
ナイス数:58

ハーメルンの誘拐魔 刑事犬養隼人 (角川文庫)ハーメルンの誘拐魔 刑事犬養隼人 (角川文庫)感想
医療の現場を舞台に犬養が立ち回る話ではあったが、今回は振り回されている感があり。そのもどかしさも含めて途中からはノンストップ。ハーメルンの笛吹き男が誰なのかは、確信がないまま目星を付けていたのが当たった。結果的に正論がまかり通ったわけだが、物語の中だけのことで終わってほしくないテーマだった。
読了日:12月07日 著者:中山 七里


アポロンの嘲笑 (集英社文庫)アポロンの嘲笑 (集英社文庫)感想
東日本大震災直後の福島が舞台。未曾有の状況の下、発生した殺人事件は原発を巡る一大事件へと発展する。主人公の1人が過酷な状態に置かれるのは健在。どんでん返しは目立たなかった。何故、すぐに原発に向かわず、一旦捕まるようなことをしたのかだけが謎だったが、なかなか深く濃い内容だった。
読了日:12月21日 著者:中山 七里


Bの戦場3 さいたま新都心ブライダル課の果断 (オレンジ文庫)Bの戦場3 さいたま新都心ブライダル課の果断 (オレンジ文庫)感想
またも一気読み。仕事に対してプライドを持ってこそ、良い仕事が出来るのだとひしひしと感じた。久世が顔だけではなく、中身もひっくるめて好きだと言ったのが感慨深かった。複雑だろうけど、ここまで言われたら香澄も腹を括ったら良いのに。
読了日:12月21日 著者:ゆきた 志旗


脳科学捜査官 真田夏希 (角川文庫)脳科学捜査官 真田夏希 (角川文庫)感想
爆発犯に脳科学を駆使して迫る話。材料はいいんだけど、料理の仕方が勿体ない印象。面白くないわけじゃないし、事実、先の展開は気になったわけだし。でも、登場人物の造形が内容に没頭させてくれなかった。キャラ付けが説明的すぎて、違和感。
読了日:12月31日 著者:鳴神 響一

読書メーター

 

 

今年は少し買い控えようと思います。

この1、2年は開拓しようとして、あんまり成功していない気がします………。

自分に合う本のチョイスが下手くそになっているような。

あと、変なストレスで本を買っているのかもしれません。

早めに軌道修正して、本の断捨離も久しぶりに行うとしましょう。


新年、あけましておめでとうございます。

 

3日目ですが。

 

昨年は、ここすらもう月1ペースの読書記録しかないようなところに成り果てていますが、とりあえず年は越せました。

きっと、今年もそんな感じになるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、今年の初買い物のお披露目です。

写真はないんですが。

今年はセリアでバーリィコンテナを5つほど。

ま、薄型コンテナケースです。

サイズはB6くらいでしょうかね。

 

年末に7個くらい買っていて、ビーズを整理していたんですが、それが足りなくなったので買い足しです。

年初からビーズの整理してました。

でも、これまでより相当見やすくなったので、探しやすくなりましたよ。

 

 

そんなこんなで、あんまりお正月感のない(でも年々そんな感じ)を過ごして、明日から仕事です。

あああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

12月が、今年が終わろうとしています………。

年末にせねばならないこと、殆どやっていません(^_^;)

 

そんな中で、11月の読書まとめを今頃。

 

11月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2054
ナイス数:70

七四(ナナヨン) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)七四(ナナヨン) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
想像以上の読み応え。終盤の謎が明らかになってくると、先が気になって仕方がなかった。しかし、序盤から中盤にかけての自衛隊や戦車の詳細な描写にどうしてもテンポを削がれて読了までの時間がかなり掛かった。
読了日:11月05日 著者:神家 正成


鹿の王 2 (角川文庫)鹿の王 2 (角川文庫)感想
作り込まれた世界観に引き込まれる。淡々と描かれているようなのに、何故こうも深みにはまるのか。何らかの意図と共に広まる黒狼病、行く末を早く見届けたい。サエが生きていて、ヴァンと出会ったことの先も気になる。
読了日:11月08日 著者:上橋 菜穂子


鹿の王 3 (角川文庫)鹿の王 3 (角川文庫)感想
いよいよクライマックス。登場人物が一堂に会して、盛り上がってきた。あっという間の展開なのに、重厚。どう決着するかは最終巻での楽しみ。
読了日:11月16日 著者:上橋 菜穂子


鹿の王 4 (角川文庫)鹿の王 4 (角川文庫)感想
医学と政治と情と歴史が複雑に絡み合って、一気に駆け抜けた。明確な解答も正解もないからこその深みにはまる。ヴァンがどうなったのか描かれないのは気になるが、描かれるより、どこかで穏やかな生き方をしているといい、と思える方が良いかも。
読了日:11月26日 著者:上橋 菜穂子


放課後に死者は戻る (双葉文庫)放課後に死者は戻る (双葉文庫)感想
現実ではともかく、精神が別の体に移ってという設定は良く見かけるし、新しい感じはないが、どんでん返しには感嘆。ライトなミステリーなので読みやすくもある。イヤミスかと構えて読んでいたので、いつくるかと思っているうちに穏やかに終わった。
読了日:11月27日 著者:秋吉 理香子


殺人鬼探偵の捏造美学 (講談社タイガ)殺人鬼探偵の捏造美学 (講談社タイガ)感想
自分の美学に則って殺人を犯す殺人鬼が、正体を隠して警察に協力し、事件を解決する話かと思いきや………確かに捏造。タイトルに偽り無し。とはいえ、それだけの殺人鬼ならば、確認ミスとしか思えない凡ミスをやってはダメだ。
読了日:11月30日 著者:御影 瑛路



読書メーター

 

ちなみに、12月は移動が多くて結構本を読めるかと思っていたんですが、移動が多いとよく寝てました。

お陰であんまり読めなかった。

でも、順調に積ん読は増えていて、さすがにヤバイと思う積ん読タワーの高さです。

年末の掃除では触れたくない高さです。

読まねば。

 

でも、コルダ2ffが届いてしまったんだよ〜。

久しぶりにトレジャー頼んじゃったら、ま〜〜〜嵩張ってる!

もう、11月も終わろうとしていますけどね(^_^;)

しかも、読書スピードは完全失速。

 

10月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:304
ナイス数:46

鹿の王 1 (角川文庫)鹿の王 1 (角川文庫)感想
続きが気になる! なんてところで終わるんだ! 跡継ぎはどうなる? 作中の時間の経過が早過ぎるが、それが、黒狼の出現のタイミングに関わってくるのだろうか。2年に一度とか。何にしても明らかになるのはこれから。
読了日:10月15日 著者:上橋 菜穂子

読書メーター

 

今月は先月よりマシなペースですけど。

 

 

なんでもいいんですが、首から肩にかけて急に凝りが酷くなりました。

正直痛い。

これまで、肩こりはあっても痛くないのが自慢でしたが、ここへ来て痛い。

恐らく、ビーズステッチを毎日毎日結構な時間(2時間〜3時間くらい)やっているのが、影響していると思われます。

テーブルが少し高いから、余計な負担も掛かっているとは思うんですがね。

 

運動も全然してないですしね。

会社が終わってから、帰る時間が早いほうだったら歩いてますけどね、それくらい。

でも、それだけでも、少し痛みが楽になるような気がします。

すぐ、元に戻る………戻しますけどね(^_^;)

ビーズステッチ熱がものすごいので。

 

だから、本もまたそっちのけなんですがね。