12月は、それなりに読めましたけども………もっと読みたかったですねぇ。

月末に一気読みしたところもありますが。

 

12月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:3318
ナイス数:104

准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと (角川文庫)准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと (角川文庫)感想
シリーズ3冊目。高槻と深町がかなり打ち解けた関係になってきていて、遠慮ないやりとりができているところがある分、互いに不可思議な力を持つ部分でのあと一歩を踏み込めないもどかしさも。怪異に現実的な解釈がつくのは、面白い。
読了日:12月02日 著者:澤村 御影


アリバイ崩し承ります (実業之日本社文庫)アリバイ崩し承ります (実業之日本社文庫)感想
アリバイに特化した7作からなる連作短編集。様々なシチュエーションのアリバイ崩しをいっぺんに読むことが出来て非常に贅沢。しかも安楽椅子探偵ものでもあり、面白い。現実的なトリックかはともかくとしても、解き明かされるとなるほどなぁと思う。久しぶりにどっぷり推理に浸った。
読了日:12月05日 著者:大山誠一郎


BUG 広域警察極秘捜査班 (新潮文庫nex)BUG 広域警察極秘捜査班 (新潮文庫nex)感想
なかなか時間が割けずに、遅々として読み進まなかったが、面白かった。冤罪で死刑囚となっていた主人公が、別の名前を与えられて特殊な任務をこなしながら、身の潔白を晴らそうともがく話。設定から面白くないわけがない。とはいえ、万々歳とは言えない終わり方。続編があってもおかしくないかな。
読了日:12月14日 著者:福田 和代


この世の春(上) (新潮文庫)この世の春(上) (新潮文庫)感想
押込とか初めて知ることがいくつかあって、理解しながら読むと時間かかるかな、と懸念していたが、途中からそんな懸念はどこへやら。宮部さんの巧みな文章に引き込まれ、話の展開にも引っ張られる。御霊繰などのファンタジー要素に現実的な見解が絡んでいくのもみどころ。多紀の気風の良さも気持ち良い。
読了日:12月16日 著者:宮部 みゆき


この世の春(中) (新潮文庫)この世の春(中) (新潮文庫)感想
現代だったら多重人格としてあっさり片付けられるところが、まず別の解釈になりそこから明らかになっていく過程が面白い。4人の男児の行方不明事件も絡んできて、更に先が気になる。
読了日:12月19日 著者:宮部 みゆき


この世の春(下) (新潮文庫)この世の春(下) (新潮文庫)感想
ああ、面白かった。とするりと出てきた読了でした。きちんと解決して良かった。人の想いの強さとか、向き合う強さとか、全般において前向きだったな、と。半十郎の想いが報われなかったのが残念でした。肩入れしちゃってただけに。
読了日:12月28日 著者:宮部 みゆき


今日は天気がいいので上司を撲殺しようと思います (集英社オレンジ文庫)今日は天気がいいので上司を撲殺しようと思います (集英社オレンジ文庫)感想
ブラック企業のロクでもない上司のもとで、パワハラに苦しみながら仕事をする主人公たちの物語。とある縁切り神社を軸にした3つの短編集。いずれも前半が重くて辛いが、後半で因果応報的に解決はされる。とは言え、良かったね、とは言い難い終わり方ではある。軽く仕事やだなぁと思ってるくらいの人が読んだ方がいい内容でもある。
読了日:12月29日 著者:夕鷺 かのう


神さま気どりの客はどこかでそっと死んでください (集英社オレンジ文庫)神さま気どりの客はどこかでそっと死んでください (集英社オレンジ文庫)感想
今度はクレーマーにスポットをあてた短編集。結婚相談所とコールセンターとコンビニが舞台。前作同様縁切り神社も登場。縁切り神社の万能感が怖い。しかし、この縁切り神社があれば、嫌な奴は居なくなるかもしれないけど、怖い面も大いにある。コールセンターの前野チーフの応対は痛快だった。
読了日:12月29日 著者:夕鷺 かのう


悪寒 (集英社文庫)悪寒 (集英社文庫)感想
あっさり読了。文章にも内容にも引っ張られた結果、するすると読んでしまった。主人公が完全に蚊帳の外。真相が分かるまでは、父親はともかく、家族を想う気持ちを感じられたというのに、真相は納得したけど理解は出来なかった。拗らせすぎだろう。とは言え、この類の心理は当事者しかわからないんだろうな。
読了日:12月30日 著者:伊岡 瞬


続々・ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)続々・ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)感想
ちょっと不穏な感じで終わりましたね。続きますね。誰かを誰かのヒーローにする会社の話ですが、今作は依頼人よりもスタッフのことを描いた話に寄っていて、それ故に、不穏な印象を持ってしまったのかも。それぞれの生き方、あり方を考え出している感じで。
読了日:12月31日 著者:北川 恵海

読書メーター

 

2020年も引き続き、積ん読本を減らすべく頑張ります!

全然、減ってないですが(減ってないどころか増えてますが)。

今年は、9連休を頂いてしまった年末年始です。

もう1日目が終わってしまいました。

年末には大掃除もなんもしないと心に決めていたんで、今日は逃げ恥再放送をぼや〜っと見ながらインクで遊んだりしてましたよ。

ゲームしようかと思ったのですが、だらだら逃げ恥観て可愛いな〜〜〜と和んでました。

ちなみに自分的年内最大懸念事項の年賀状は先週末に踏ん張って頑張ったので、もう終わっています。

 

ちょっと今年を振り返ろうかなと思います。

 

今年はインクやらガラスペンやらにドハマリしましたね。

インクを探してあちこち行った気がします。

楽しかった………。

来年も引き続きインクやガラスペンを突き詰めて行きたいなぁと思います。

書くことが楽しくなった年でもありましたしね。

それにしても1年で増えたインクの数が半端なくてびびります。

鳩サブレー24枚入りの缶が2つ目にあっさり突入したことがねぇ。

ハマるととことんな自分がよく現れています。

来年も楽しむつもりですが、よくよく考えて増やすようにしたいと思いますよ。

 

ちなみにインクは50色以上(12月のインクベントカレンダーで25色、一気に増えたせい)、ガラスペンは10本です。

なお、届くのを待っているガラスペンが1本ありますんで、年末になるのか年始になるのか、いずれにしてもあと1本は確実に増えますね。

ガラスペンを収納しているケースも追加して、備えております!

ガラスペンは、いろんな製作所さんのを欲しいと思ってますので、まだ増えます。きっと。

 

今の私には一番ワクワクすることなので、やめたくはないんですよね。

飽きるまでは続けますよ〜。

遠出が多かったにもかかわらず、読む量は増えませんでした………。

そうこうしているうちに、積ん読本が400冊を越え(12/1時点で404冊)、去年よりおおよそ50冊本が増えた計算になります。

1年で増えた本が50冊ってのも、なかなかの事態だと思いますけどもね〜(^^ゞ

 

11月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2596
ナイス数:77

27時の怪談師 (角川ホラー文庫)27時の怪談師 (角川ホラー文庫)感想
キャラ濃い。リアルに可能かどうかは別として、徹底した引きこもりが、棲師として霊と向き合っていく中で、ほんの少しだけ外界と接していく、ような未来が見えるような話。相方のナイトの過去もかなり深そうだし、直接相対しないと解決しそうにないから、次巻もあるかな。
読了日:11月04日 著者:問乃 みさき


あなたもスマホに殺される (角川文庫)あなたもスマホに殺される (角川文庫)感想
自殺相談室といういかにも怪しいSNSに招待され、徐々にのめり込んでいく主人公。結末を迎える時、果たして主人公はどうなっているのか、というのをハラハラと見守るのかと思いきや、ラストの正体発覚に驚かされ、主人公のことはそっちのけに。押尾については確かに詳細不明だったけど……。しかし、よくそのアドレスを招待したなぁ、主人公。
読了日:11月06日 著者:志駕 晃


失われた過去と未来の犯罪 (角川文庫)失われた過去と未来の犯罪 (角川文庫)感想
禅問答みたいだった。世界観を確立するための第一部と、それをうけての第二部。人間の脳がいかに曖昧なものかを突き付けつつ、命や意識や魂やら、考えさせられるSF。わりとポップに始まるのし、台詞で展開して行くので、SF苦手の私でも読みやすかったし、面白かった。
読了日:11月14日 著者:小林 泰三


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)感想
序盤、バカすぎる主人公にイラッとしたが、後半頑張っているところで印象が変わり、でもラスト付近でまたバカになりかけていてイラッとして、と、様々に感情を揺さぶられつつ、あっという間に読了。結果、面白かった。自分の金銭感覚を見直すきっかけにもなったし。
読了日:11月17日 著者:青木 祐子


クローバーナイト (光文社文庫)クローバーナイト (光文社文庫)感想
クローバーナイトとは、核家族を守る騎士のこと。主人公の鶴峯裕は、自営業の妻と保育園児の一女一男との4人家族。共働きの中で、イケダン、イクメンと言われる素敵な男性。確かに、イケダンとかって、育児や家事が男性にとって当たり前じゃないからこそ生まれる言葉だ。と分かっていても裕はイケダンでいいパパだ。子育ての中で遭遇するちょっとした謎も解きながら進む物語は、きっと子育て中の人たちに響くことだろうな。
読了日:11月21日 著者:辻村 深月


錆びた太陽 (朝日文庫)錆びた太陽 (朝日文庫)感想
近未来の日本が舞台。国税庁の職員を名乗る女が、ヒューマノイドだけが働くキャンプにやってくる。キャンプは制限地区内にあり、周囲にはマルピーと呼ばれるゾンビがいたりと危険極まりない場所。と、序盤で世界観に引き込まれてしまうのだが、取り扱っているテーマはなかなかに重い。しかし、それをコミカルに描かれていて、面白く一気に読了。
読了日:11月24日 著者:恩田 陸


St.ルーピーズ (祥伝社文庫)St.ルーピーズ (祥伝社文庫)感想
超常現象を科学的に解明する連作短編集。科学的に推理することになるので、謎解きは諦めてただ読んだだけだが、面白かった。キャラクターの加減もあるとは思うが、お金の力が存分に発揮されて、清々しい。
読了日:11月29日 著者:長沢樹

読書メーター

 

 

12月はまた読む本減りそうなんだよね………そして、積ん読のは増えそうなんだよねぇ………(゚_゚)

とうとう、24ページあるインク帳が埋まりました!

ので、写真で一覧にしてみます。

写真自体はTwitterに上げていたものですが。

 

 

以上、21色。

並べるとなかなかすごいものがありますね〜。

青系が多いのはやはり私の好みで。

同じような色味だと思っていても見比べてみるとちゃんと違っていたりするので、色というかインクという物は奥深い物ですよ〜〜〜。

暫くはインクを増やさないように自重せねば。

 

ま、そのつもりはなくとも、軒並み文具系のイベントには行けないんで、増やしようもないんですけどね。

あと、地元の文具店に行く時間も取れてないくらいなので〜。

続きです。

 

さて、若干急ぎ気味でお腹を満たして、トイレも済ませて16時半前には無印を出ました。

東銀座駅からなら、京急接続で羽田まで行けるので、それで30分かからないくらいで空港着です。

実は、待っている間に時間はちゃんと調べていたんですよ。

お店を33分に出たら、42分くらいのに乗れて、10分くらいには空港に着いて、お土産を選んで、余裕持って手荷物検査場を通過出来る計算でしてね。

 

ところで、東銀座駅の端っこの7番8番入り口ってややこしいんですね。

中でお互い繋がっていない入り口で、各々のホームにしか行けないという………。

8番で入ったら、道路向こうの7番だったってことに気付いて、横断歩道を大慌ててで渡りましたよ。

で、ホームに降りると端っこだからというのはともかく、なんか閑散としている………。

あれ? もう少しで電車が来るのでは?

疑問に思ったんで、壁に貼られていた時刻表をチェック。

うん、その電車あるよね。なんで?

ここで腕時計をチェック。

うん、まだもうちょい時間ある………うん? ちょっと待って? 今何時?

16時?? 16時って?

改めて時刻表を見ると………空港快特は16:50発で羽田は17:25着にしかならない。

あれ? やばくない?

乗る飛行機17:45発だけど?

羽田空港だから手荷物検査場から搭乗口まで、めっちゃ遠いんだけど(田舎のつらいところ)。

めっちゃギリ!!

間に合わないことも無いかもしれないけど、京急のホームから相当駆け上がらないといけないわけだし、厳しすぎる………。

羽田、平日とはいえ、手荷物待ち時間もわからない。

とりあえず、一つ前の三崎口に飛び乗りました。泉岳寺でもうちょっと早いのに乗り換えられないかという考えだったんですが、結局のところ同じ空港快特しかなかった………。

どうする? どうする? このまま電車でいいの?

考えまくって、タクることを決心。

泉岳寺で降りて、一気に出口へ。

ちなみに、タクシーがいっぱいいそうな品川ではなく、ひとつ手前の泉岳寺にしたのは、駅が小さいので道路に出るのにロスが少ないからという、自分では良い気づき。

でも、地上でどこにでるかまでは考えてなかった。

出たらめっちゃ、単なる道路沿い。

タクシー………いない。

マジで少ない、いない、少ない、やばい。

一台は見逃し、もう一台は何故かスルー、その後に来たのになんとか乗せて貰えました。

かっ飛ばして貰って、空港に着いたのは17:17。ありがとう、ドライバーさん!

タクシーなんで、搭乗口に近い手荷物検査に近いところで降ろして貰って、ともかく手荷物検査。

中に入ってほっと一息。

 

さて、ここでおさらいです。

私が調べていたタイムスケージュール。

15:33にお店出発 →15:41乗車 →16:08空港着

でした。

お店で席に通されるより前に調べていたタイムスケージュール。

実はこの時点で、やばかったんですよね。

30分でゴハンを終えられるとは思ってなかったわけだし。

もうここが敗因。

完全に1時間読み間違えているわけですよね〜。

 

そんなわけで、お土産を見るとかなく搭乗口へ行ったわけですが、搭乗開始が遅れていましてね。

ちかくのお土産コーナーで会社へのお土産も選べたし、結果オーライ。

いやもう、会社へのお土産無しを覚悟してましたからね〜。

 

ま、一安心で帰ってきました。

 

最終日、かなりヒリヒリしたけど、楽しかった4日間でした。