続きです。

 

さて、若干急ぎ気味でお腹を満たして、トイレも済ませて16時半前には無印を出ました。

東銀座駅からなら、京急接続で羽田まで行けるので、それで30分かからないくらいで空港着です。

実は、待っている間に時間はちゃんと調べていたんですよ。

お店を33分に出たら、42分くらいのに乗れて、10分くらいには空港に着いて、お土産を選んで、余裕持って手荷物検査場を通過出来る計算でしてね。

 

ところで、東銀座駅の端っこの7番8番入り口ってややこしいんですね。

中でお互い繋がっていない入り口で、各々のホームにしか行けないという………。

8番で入ったら、道路向こうの7番だったってことに気付いて、横断歩道を大慌ててで渡りましたよ。

で、ホームに降りると端っこだからというのはともかく、なんか閑散としている………。

あれ? もう少しで電車が来るのでは?

疑問に思ったんで、壁に貼られていた時刻表をチェック。

うん、その電車あるよね。なんで?

ここで腕時計をチェック。

うん、まだもうちょい時間ある………うん? ちょっと待って? 今何時?

16時?? 16時って?

改めて時刻表を見ると………空港快特は16:50発で羽田は17:25着にしかならない。

あれ? やばくない?

乗る飛行機17:45発だけど?

羽田空港だから手荷物検査場から搭乗口まで、めっちゃ遠いんだけど(田舎のつらいところ)。

めっちゃギリ!!

間に合わないことも無いかもしれないけど、京急のホームから相当駆け上がらないといけないわけだし、厳しすぎる………。

羽田、平日とはいえ、手荷物待ち時間もわからない。

とりあえず、一つ前の三崎口に飛び乗りました。泉岳寺でもうちょっと早いのに乗り換えられないかという考えだったんですが、結局のところ同じ空港快特しかなかった………。

どうする? どうする? このまま電車でいいの?

考えまくって、タクることを決心。

泉岳寺で降りて、一気に出口へ。

ちなみに、タクシーがいっぱいいそうな品川ではなく、ひとつ手前の泉岳寺にしたのは、駅が小さいので道路に出るのにロスが少ないからという、自分では良い気づき。

でも、地上でどこにでるかまでは考えてなかった。

出たらめっちゃ、単なる道路沿い。

タクシー………いない。

マジで少ない、いない、少ない、やばい。

一台は見逃し、もう一台は何故かスルー、その後に来たのになんとか乗せて貰えました。

かっ飛ばして貰って、空港に着いたのは17:17。ありがとう、ドライバーさん!

タクシーなんで、搭乗口に近い手荷物検査に近いところで降ろして貰って、ともかく手荷物検査。

中に入ってほっと一息。

 

さて、ここでおさらいです。

私が調べていたタイムスケージュール。

15:33にお店出発 →15:41乗車 →16:08空港着

でした。

お店で席に通されるより前に調べていたタイムスケージュール。

実はこの時点で、やばかったんですよね。

30分でゴハンを終えられるとは思ってなかったわけだし。

もうここが敗因。

完全に1時間読み間違えているわけですよね〜。

 

そんなわけで、お土産を見るとかなく搭乗口へ行ったわけですが、搭乗開始が遅れていましてね。

ちかくのお土産コーナーで会社へのお土産も選べたし、結果オーライ。

いやもう、会社へのお土産無しを覚悟してましたからね〜。

 

ま、一安心で帰ってきました。

 

最終日、かなりヒリヒリしたけど、楽しかった4日間でした。

さて、だいぶ、日が空いてしまいましたが、東京行きの続きを。

6日、最終日となります。

この日は、一人行動だったので、思う存分思い通りに動くつもりで、食事はそっちのけでした。

 

実はiPhoneの充電が保たなくなっていて、それなのに、うっかり充電を忘れて寝てしまったので、朝から大慌てで充電する必要があり、ホテルを出発するのが遅くなったから、食事を端折りたいというのもあって。

結果から言うと、10時半にホテルを出発しました。

 

まずは日本橋。

COREDO室町テラスへ行って、2Fの誠品生活へ。

ここは台湾のお店が日本初出店したところ。

「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」だそうです。

私のお目当ては文房具。オリジナルインクがあるというので、是非とも買いたかった。

 

オリジナルインクは2色。

迷いましたが、1色だけ………。

もし、次に行った時にあったら、買うことでしょう。

ちなみに、インクはセーラー万年筆さんとのコラボでした。

そして、オリジナルのライフノートも。

………日本製品。

 

欲しいものは買えたので、あともうちょっとだけCOREDO室町テラスを回って、次は日本橋高島屋。

ここの新館に文房具というか、カードや筆記具を取り扱ったお店がありまして。

たまたま見つけたんですけどね。

そもそもは、高島屋の万年筆コーナーへ行こうと思っていて、適当に入った新館で見つけただけなんです。

でも、見つけて良かった!

タッチアンドフロー、という名前のお店です。

ここにオリジナルインクがあったんです!!

1色だけ買ってきました。

あとは、持っていなかったブランドのガラスペン♪

思わぬ収穫にほくほくです。

 

さて、良い気分で丸善へ。

丸善では新刊が欲しかったんですが、見つけられず、文房具も心揺さぶられるものがなく、すごすご撤退。

そのまま地下鉄で銀座へ。

銀座は伊東屋さんが目的です。

3Fの高級筆記具のところで、今度は手帳の能率さんとNAGASAWAさんがコラボしたインクを見つけて、同じく伊東屋さんともコラボしたインクと合わせて2つ買ってきました。

 

あと、伊東屋さんでは別館のほうで30分ほど熟考した代物がありました。

オーナメントニブを買うか否か。

付けペンにもちょっと興味を示し始めておりまして。

カリグラフィーが世の中では流行っておりまして、書けたらいいなぁ〜っと思いつつ、勉強する時間がないので難しいな〜なんてことも考えていましてね。

欲しい………けど、使う間がないなら勿体ないし………。

でも、インクで描くの楽しそうだな〜やりたいな〜と揺れ動いて揺れ動いて………で、ロットリングの別のペンを買ってくるという結果に。

ロットリングのは、同じ太さの線が引けるというもので、インクを入れることが出来るので、オリジナルの色を入れたろうかと。

ただ、シャープペンシルから想像していたフォルムではなくて、ちょっと野暮ったい感じなのが、ほんのすこーし残念。

マンガを描く人が使ったりするみたいですね。

インクを入れるのが楽しみです。

 

その後は、銀座ロフトの文具売り場を冷やかして、お店を出たのが14時半。

そろそろお腹を満たしておきたい。

そういえば、無印の旗艦店が銀座に出来ていて、まだ行ってなかったことを思い出しました。

地下に食堂があったんで、そこで食べることにしました。

昼時はとっくに過ぎている平日なのに、流石銀座。

13組待ち。

でも、せっかくだから待ってみることにしました。

店内広いし、入れ替わりも多かったし。

で、席に通されたのが15時過ぎ。

すぐに注文したんですけど、どうやら完全に忘れられていましたね〜〜〜。

私より後に来た人の注文が先に届きましたからね、2組くらい目の前でね。

私、たまにあるんですけどね。なんなんですかね。気配ないんですかね。そうかもしれませんね。

でも、気分良くないんで、もう2度と行かないですけどね。

まぁ、15時45分くらいにようやく食べ始められましたよ。

日替わり定食とプリンとルイボスティー。

あんまり気持ちゆっくり出来なかったですけどね。

私、このあと空港へ行って帰らないと行けないからですね。

 

尚、帰りの飛行機は17時45分発です。

 

………………おや? というところで続きは次回。

夢の国には2日間行っていたわけですが、拠点は新橋でした。

5日と6日は都内を回ってました。

今回一人じゃなかったので、あんまり無茶もしなかったんですが、結構歩いてましたね〜。

 

まず、5日はオープンしたばかりの渋谷スクエアへ。

渋谷で一番高いという商業施設です。

屋上展望台があるんですけど、1800円もするし事前予約制だったのでそこに上がるのは止めました。

ここにあるハンズがオリジナル万年筆があるとかの情報があったので、さぞかし文具が充実してるんだろうな〜と思って勇んでいったら、そうでもなかったという、ね(^_^;)

でも、ここで、日めくりふせんを見つけられたのは良かった!

ずっと買い逃していたし、ここのところまともに文房具屋さんに行けていなかったから、探す時間もなかったしってことで買ってきました。

 

あとは東京最新施設で女子が喜びそうなお土産をチョイスして発送しました。

可愛い缶のお菓子も見つけて、テンション上がっちゃいましたよ!

しかも、缶が可愛いだけでなく、お菓子も美味しいのは最高です。

 

尚、お昼ごはんもここで食べようかと思っていたんですが、どこもかしこも並んでいたので、東武百貨店で食べました。

前日の夜、天ぷらが食べたくなったけど、いいお店を見つけられなかったんで、ここで果たしました。

天丼なんて久しぶり食べたし、エビぷりで美味しかった〜〜〜!

 

ごはんの後は、渋谷から原宿まで移動して、明治神宮へ参拝してきました。

御朱印を描いて貰うのにお付き合いしたんですが、すごいですねぇ〜〜〜。

すぐそばは都会の喧噪なのに、一歩足を踏み入れると、厳かな雰囲気になるんですね。

静かだし、深い森の中に入ったような………。

 

明治神宮の後は、その名の通りの表参道へ。

表参道にあるブングボックスさんへ行きました。

インクとペン先がガラスのウッドペンとそえぶみ箋を買ってきましたよ〜。

知らないと、なかなか入りづらい場所ですね〜。

でも、狭い店内ながら、品揃えは充実していると思います。

万年筆もいっぱいありましたし、オリジナルインクもあるし!

次に上京したときにも訪れたいところです。

ちなみに、この近くに文房具カフェさんもあるんですが、火曜日は定休でしたね………。

次は日曜か月曜かに行くようにしましょう。

そしたら両方のお店に行けるし。

 

この後は、これまた近くのアフタヌーンティーでお茶しながら足を休めて、ホテル近くの居酒屋で晩ご飯を済ませて早めにホテルへ帰りましたよ〜。

結構あっさりとした行程ですが、それでも15000歩くらいは歩いてるんですよね〜〜〜。

11月3日、4日と千葉にあるけど東京と名の付いたテーマパークへ行ってきました。

 

2週間ぶり。

 

といっても、2週間前は仕事絡みだったのですけどね。

今回の予習にはなってました(^^ゞ

尚、2週間前に行くまでは、高校生の時に行ったのが最後ですよ。

ブランクが半端ない。

 

かなりいい大人3人連れだったし、誰一人テーマパークに詳しくなく、まったりと過ごしてきました。

そもそも待ち合わせが11時半で、そこからイクスピアリでゆっくり昼食、13時にお店を出てようやっとランドへ向かって、ツリーを撮ったり、どこいくどこいく? とその場で決めるという行き当たりばったり感。

それでも、パレードは観たし、それなりにアトラクションも楽しんだし、楽しかったですよ。

 

パレードの後、20時くらいにはランドを後にして、またイクスピアリでまったり晩ご飯を食べてね。

 

がっついてない、大人の余裕で過ごしてきました。

嘘です。がっつくほどの勢いがなかっただけです。

 

翌日はシーですね。

こちらではもっとアトラクションを体験することはなかったですね〜。

一番新しいものは、横目で前を通り過ぎるだけにしました。

この日も11時くらいの入場で、園内を昼と夕暮れ時と一周ずつしてみたり、ファストパスを取ってみたり(慣れてないので、ファストパスの取り方が下手くそ、活用出来ず)、ああだこうだと楽しんできましたよ。

この日は園内でランチも食べましたからね。

夕食は有楽町でしたが。

 

シーは雰囲気がいいですね!

夜になると、とても綺麗。

まごう事なきテーマパークというか、完全に世界を作り込んでいるのが素晴らしい!!

2週間前に行った時はあんまり巡らなかったので、そこまでわからなかったんだけど、ともかく、ここはどこだ? 日本か? というくらい、作り込んであったのに感動しました。

そりゃあ、映える写真撮れまくりでしょう。

そりゃあ、コスプレもしたくなりますよね。

ただ、普段はフルコスプレはやっちゃだめなんですよね、ここ。

前回はハロウィンシーズンだったので、フルコスプレがOKな期間だったので、いろんなディズニーキャラクターがいたんですけどね。

さぞかし、映えまくれたと思います。

今は、現代人がタイムスリップしたみたいになってましたけどね。

人を写さずに景色だけ写したら、本当にどこに行ってきたんだ? となりますよ。

アトラクションを楽しまなくても、園内を巡るだけでも楽しいですね〜。

………アトラクション楽しまなかったら、たっっっっっかい入場料ですけどね。

 

あ、これも余裕のある大人の楽しみ方か!

 

フルマックスで堪能はしてないんですけど、充分楽しめました〜。

 

尚、今回、公共交通機関を使って移動する際には、東京駅の乗り換えだけは避けた方が良いことも学びました。

一番大きな学びでした。

まさか、乗り換えであんなに遠くまで歩かせられ(途中動く歩道もある)、地下鉄より深く潜らされるとは思って中田ですからね。

地下鉄を使って新木場で乗り換えるのが効率良いですね。

次、いついくのか、そもそも次があるのかわかりませんが、覚えておきたいところです。

仕事のついでですが。

 

前日が休日だったので、いそいそと前入りさせてもらいましてね。

人生初の虎ノ門へ行ってきました!

あ、ヒルズではないです。

 

オカモトヤさんという文房具屋さんへ脇目も振らずまっしぐらです。

ガラスペンとインクの購入が目的です。

 

地元では見たことのないガラスペンが、店頭と1F奥にあって、何往復もして1本だけ選んできました。

 

 

手前の立派な箱に入っているのが、そうです。

 

 

綺麗なんですよ!

ガラスの芯にらせん状に上に向かって赤のグラデーション。

ペン先もするすると描きやすく、手にもしっくり、そして軽い!

カラーリングはついつい好きな赤にしてしまいましたが、他の色も綺麗でした。

 

あと、オカモトヤさんオリジナルインク「すずのね」シリーズから「1912M45 はじまり」。

9/2から発売になったばかりだったんですね!

ちなみに、お店開店の年をやっぱり買うべきか、と思いましてコレです。

大好きな紺系のインクでしたしね。

全5色でしたが、どれも渋くて落ち着いた良い色でした。

 

そして、実はこれがメインというインク。

トノリムさんの「都道府県」シリーズの「Nagasaki」。

地元のペンフェスで発売されたんですが、行くのが遅くなって入手出来ず。

そして、オカモトヤさんで購入できると知り、次に上京したら必ず行って買ってこようと決意していました。

無事に連れて帰ってくることが出来ました。

県花がモチーフと聞いていたので、そういえばと調べてみたら(恥ずかしながら存じませんで)、ツツジだそうです。

なるほど〜〜〜。

 

今インク帳を作っているので、そのうち綺麗に色を伸ばしてみようと思っています。

 

今回の上京で買った文具は以上です。

他に行ったお店もあるんですが、全般的にあまり時間がなくて(歩きすぎて、時間の有効活用が出来ていない)、ゆっくり回れなかった上、買い忘れもあったりしましたよ(-_-;)

また上京するのを楽しみにしつつ、いろいろネタを仕入れ万全準備をしておきましょう!

帰ってくる途中で観ていた雑誌で入手したネタもあって、すぐさま東京へ引き返したくなりましたしね。

横浜滞在記4日目です。

この日は16時くらいの飛行機に乗る予定でしたので、余裕をもって2時くらいには横浜を離脱しようと思っていました。

 

そうなってくると、朝10時過ぎに動き出したとしても、なんというかあんまり腰を落ち着けられないな〜と思いつつ、いざ最終日出発。

まずは、リベンジの元町へ。

地下鉄で元町まで移動して、伊東屋を目指します。

この日はちゃんと開いていましたよ。

開店時間が11時で、15分には到着してしまい、人の少ない店内を見て回ることになりました。

銀座の本店をコンパクトにしたような感じでした。

1Fがメジャーな文房具、2Fはギャラリーと紙とですかね。

実は4Fは寄っていなくて、目的の3Fで足を止めました。

3Fは高級文具というか、万年筆のフロアです。

 

万年筆には目もくれず(いえ、ちょっと揺らぎました。ここはマイチョイスでオリジナル万年筆を作ることができるのです)、インクが並んでいる棚へ。

ここもあんまりないな〜〜〜という印象でしたが、大きなインクの瓶が目に入りました。

思わずまじまじ見ていたら、お店の方が説明をして下さいまして。

日本では伊東屋でしか取り扱っていない、海外のインクですと。入荷したばかりなのですと。

それを聞いてしまうと買うしかないじゃないですか! まんまと買いましたですよ。

面白いインク瓶でしたしね。

アッカーマンというオランダの文房具屋さんのオリジナルインク。

ボトルネックがあって、そこにラムネ瓶の中に入っているビー玉みたいなのが入っていて、瓶を傾けてビー玉より上にインクを上げて、そこにペンをつけて使うのです。

珍しいですよねぇ〜〜〜。

 

あと、ここではインクをブレンドしてもらいました。カクテルインクと言うそうです。

自分の好きな色に、ではなく、見本からこの色が欲しいです、といって、その場で調合して貰うものなんですが。

横浜ならではの色は「元町ブルー」と「山下公園」。

どっちも欲しい気になりましたが、青好きとしては「元町ブルー」にしましたよ。

「山下公園」はグレーブラックだったんで、まぁいいかな、と。

しかし、そういえば、黒のインクは持っていない気がする。

万年筆のカートリッジが黒ばっかりだから、その反動なのかも。

「元町ブルー」、いい色でしたよ。

 

インクを二つも買ってしまって、でもほくほくしながら、ウチキパンでパンを買って元町公園の脇を通りながら港の見える丘公園へ。

ちょうど12時になったところでした。

そこで少し休んで、今度はフランス山を下って山下公園へ。

山下公園から象の鼻パークの前を通り過ぎ、赤レンガ倉庫を少し見て回って、ワールドポーターズを通過、馬車道を歩き桜木町駅へ。

ただただひたすら歩きましたね〜〜〜。

桜木町駅からは横浜まで一駅ですが、乗っちゃいました。

最初は空港リムジンバスで向かおうと思っていたんですけど、せっかく横浜駅にいるのであれば、京急のほうが近いし安い。

時間は1時半。

空港に移動するにはまだ早い。

横浜駅をぶらつくことにしました。

急遽、晩ご飯に崎陽軒のシュウマイを買って帰ろうと思って、なんかぷらぷらしているうちに、うっかり京急の改札を抜けてしまって(南改札やばい!)、改札内で買おうと思ったら売り切れで、結局また改札の外に出ることになりました。

南改札から出たら、入場料も取られないですよ、と駅員さんが教えてくれましたが、中央改札に近いところにいて、改札外の崎陽軒もすぐ近くにあるのに、南改札へ戻る気持ちはもうありませんでした………。

 

改札の外で無事シュウマイを買って、改めて京急改札内へ。

既に2時半くらいかな。この時点で。

快特?かなんか空港まで早いやつに乗って3時前には羽田到着。

空港では、カレーパンを一個だけ買ってとっとと検査場を通過しました。

ここまで何も食べていませんでしたから(朝は前日に買っていた胡桃パンを食べたけど)、ちょっと小腹を満たしたくて。

ウチキパンではサワーフランスとミルクパン(バゲッドの中にミルククリームが入っているやつ)を買っていて、ずっと持ち歩いていただけです。

中村屋のカレーパンにウチキパンのミルクパンを搭乗口近くのベンチで食べているうちに、搭乗案内開始。

そうして飛行機に乗り込み、一路長崎へと帰るのでありました………。

 

それはそうと、1時間半で赤レンガ倉庫少し時間を取ったうえで、元町から歩いて移動してきたことに結構驚きますね〜。

4日間歩きづくしだったので、足がかなり疲れていました。

2日目も23000歩くらい、友達の家にいったにも関わらず3日目は13000歩くらい、最終日も結果17000歩くらい歩いていますもん。

都会の人は本当によく歩くよ………毎日万歩可能かも!

尚、歩きすぎた私の膝は少し動く度にコキコキ言い始めていたし、腰も痛かった(^^ゞ

くしゃみをしたら腰が痛かった………。

腰については翌日はなんともなかったですけどね。

膝のコキコキも歩く時は鳴らなくなりましたし。

膝を折るときは時々鳴りますが。

ま、そんなわけで、南改札まで戻りたくなかった気持ちをお察し下さい。

 

最後に、アッカーマンのインクを使って書いたトラベラーズノートの1ページです。

 

 

昨日書いたもの。

インクの色はインディゴですが、結構渋くて好きな感じです(≧∇≦*)

 

さて、ここで、長々と綴ってきた横浜滞在記は終了です。

もうまた行きたくてしょうがないです。

先週のことなのに、もう遙か昔のようですよ………。

横浜滞在記、3日目です。

この日はほぼ東京でした。

 

朝9時にはホテルを出て、通勤ラッシュが終わった電車に乗って東京入り。

東京に住む友達に会いに行きました。

初めてのお宅訪問で(いつもは外)、成城石井でお昼ごはんとか買い込んでまったりと過ごしてきましたよ。

成城石井って九州にはなくて(!)、だからといってこれまで上京してもなかなか買うチャンスのない憧れのスーパーだったわけですが、ここでようやく達成。

 

そういえば、成城石井のスコーンが美味しいという情報を仕入れていたんですが、現物を見に行ったらパンのように5個袋入りで売られていたので、裏テーマのスコーンを計画通り実施中でも買わなかったかもしれません。

色んなところの色んな味が食べたいわけですからね。

ついでに言うと、スコーン計画が破綻した時点で帝国ホテルに行くことも諦めました。

今回は銀座にも行っていません。

銀座に行けたら、分厚いサンドイッチを買って食べるのもありかな〜とうっすら思っていましたが、東京駅止まりだったのでそれも無しになりました。

次回に持ち越しです〜。

 

2時半くらいまで友達の家で過ごして、その後は池袋に。

池袋に出来ているジュンク堂の文具店にどうしても行きたかったんです。

地下が面白かったんですけどね、結局何も買わずにお店を出ました。

尚、「檸檬」インクはここにもありました。

東京っていいな。

1Fはカフェでしたよ。

2Fは高級文具でこれまた面白かったですけど、平日の3時くらいはあんまり他のお客さんがいなくて、ちょっと長居出来なかった。

個人的にはもっといろんなインクを扱っていて欲しかったな〜〜〜。

 

それでも結構時間を過ごしていたみたいで。

その後、丸善ジュンク堂本店に行って文庫探しして、何も買わずに出たときにもう16時半くらいでしたからね。

それから少し考えて、池袋にあるドールショップに足を運び(地図を見たのに入り口がわかりづらくてぐるぐるしていた)、その後池袋を後にしましたよ。

 

池袋から横浜へは地下鉄で乗り換え無しで移動出来ます。

時間は17時半くらいですかねぇ、このときの私は元町リベンジを果たそうと思っていたのです。

横浜を通り過ぎてそのまま元町へと電車に乗ったままでいようと思ったんですが、ふと時間に不安を覚えます。

急いでお店の閉店時間を調べます。

18時半閉店でした。

一応お店が開いている時間には到着出来ますが、何もゆっくり見ることは出来ません。

結局この日は諦めて、翌日にリベンジすることにしました。

 

そうなると、今度は晩ご飯のことを考えなくてはなりません。

完全にノープランでした。食べたいものも特にありません。

昼過ぎまでぼちぼち食べていたので、お腹もさほど空いていなかったというのもあります。

だからといってゴハンを抜いたら、夜中に後悔します。

それに食べたいものはないにしても、せっかく横浜まで来ているのですから、こっちでしか食べられないものを食べておきたい。

 

といっても、サンマーメンとかそういうのは一切食べていないんですが(^^ゞ

みなとみらいで急遽電車を降りて、クイーンズスクエアかMARK ISにしようかとぶらぶらしても、やっぱり気が乗らない。

でも今更横浜駅に戻るのも面倒。

もうこの際カフェでもいいか〜、とさっき思ったばかりのことを忘れかけながらホテルまで戻りつつ、美術館近くへ。

そういえば、TSUTAYAの向かいのビルにごはん食べられそうなところが入ってたな〜とふらふら歩いてゆきました。

結果、その中のお店でTSUTATAを向かいに見ながらゴハンを食べて本を読んで、まったり。

あんまりにも人がいないので、平日の夜はこんなものなのか、経営を心配した方がいいのか判断に悩むところでした。

そのお陰でゆっくりは出来たんですけどね。

昼間はお仕事の人たちで埋まるのかも知れない。

尚、TSUTAYAにはスタバのカフェがかなりのスペースであるんですけど、横浜まできてわざわざ入ることはないですもんね。

地元にあるし。

私としては、おそらくかなりリラックス出来る空間なんですけどね。

それに、前日既に立ち寄っていたし。カフェはしてませんが。

同じところには何度も行かなくてもいいかな〜と。

 

そういえば、ごはんを食べたビルに「ファミマ!」っていうのがあって、普通のファミマとはちょっと店の造りもコンセプトも違うんで立ち寄ってみました。

セレクトされた私好みの文具を置いているコーナーがあったので、ちょっとテンションが上がりましたね。

あとの飲食物のラインナップは他のファミマと変わりませんけど。

でもなにか買いたくて、翌朝用に胡桃パンとヨーグルトドリンクを買って出ました。

………文具じゃないです。好みの文具でしたが、買う必要性がなかったのと、それこそ地元でも買えるものでしたから。

 

それにしても、これが横浜最後の夜だったんですよね。

このとき、本当に夜が終わるのがいやでした。

帰りたくない〜〜〜ってこの辺くらいから思うようになりましたね。

横浜滞在記、2日目の続きです。

 

今回、東海道線というものを覚えまして、幾分早く東京入りすることが出来るようになった気がする私です。

 

さて、横浜駅から一気に東京駅へ。

東京駅にある、トラベラーズファクトリーに行きたかったのです。

 

ところで、大都会の駅構内の移動や最寄りの出口はどれが良いとかイマイチわからない私。

大体がそうなんですが、わざとしか思えないくらいに駅を出たら反対方向へ歩いてみたり、最寄りの改札とは逆の改札から出ていたりします。

わざとではありません。

ちなみに、いよいよとならない限り地図の確認もしません。

だから、余分に歩くことになるんでしょうけど。

方向音痴ではありません、決して。

地図を見たらちゃんと歩けるので。

じゃあ、最初からちゃんと見たら良いわけですが。

 

そんなわけで、北改札が最寄りだったにもかかわらず、ぱぱっと出たのが南改札だったんで、余分に東京駅を歩きながら、目的地に到着〜。

東京駅限定のトラベラーズノートのレフィルを買い、そこでしか押せないスタンプを押してアレンジしてほくほく(o^^o)

実は、トラベラーズノートには昔っから興味があったんですけど、なかなかのお値段がするし、そもそも日記を付けたりなんだりを紙ベースで行う習慣が大人になってから全くなかったので(だって、ここだって滞っちゃってる昨今ですから)、買ってもなかなか活用出来ないよな〜と思っていたところ………神戸の文房具屋さんの福袋を買ったらなんとトラベラーズノートが入っていたわけですよ!

これはもうトラベラーズノートを活用せよ! ということになりますよな。

しかし、なかなか活用出来ない日々が続き………でも気持ちはあるから、いろいろ外堀だけは埋まっていくんですよ。

カラーペンとかいろいろ増えて行くんですよ。

そして、このときの私は旅行中。

書きたい気持ちが盛り上がっている!

書くぞ! 書いちゃうぞ!!

 

………とまではなっていませんでしたけどね。

 

とりあえず、東京駅での目的は果たしました。

次は丸善本店です。

まずは文庫の棚をチェック。

それから4Fの文具コーナーへ。

そこで私はようやく出会うことが出来ました! 丸善150周年記念のオリジナルインク「檸檬」。

博多では売り切れていたので、実は諦めていたんですが、本店にはまだあったー!

ここからまたトラベラーズノートを書いちゃうぞ! の気持ちが盛り上がってきまして。

この「檸檬」を生かすには色を塗るという手段しかありません。

何しろ「檸檬」ですからね。レモン色なわけですよ。

字を書くにはあまり向かない。

で、色を塗るとなると使いたいのが、水筆。

実は家に1本あるので、ここで欲しいのは同じシリーズの他の筆の太さのもの。

残念ながら丸善にはなかったので、他で探すことにしました。

 

このとき時間は17時半頃。

ちょっと早いですが、ゴハンにしようと思いましてね。

丸善のカフェに入りましたよ〜。

早矢仕さんが作ったからハヤシライスと名付けられた超有名な料理は丸善が発祥ですって。

今まで気にしたことも無くスルーしてきたんですけど、せっかくなんだから食べることにしました。

ハヤシライスを食べるのはマストとして………野菜も取りたいからサラダも頼みたい………あ、デザートとドリンクが付いたセットがある!

しかもデザートは限定っぽい! 檸檬ケーキですって!

メニュー写真を見たこのとき、トラベラーズノートに書く内容が決定しました〜!

檸檬ケーキ(実際は檸檬ムースです)をオシャレに撮って備えます。

 

ごはんを終えた後は、東京駅に戻って秋葉原へ。

ドールショップを巡りました。

新しい子をお迎えしたいな〜って言うのを念頭にフラフラ。

結局、何も買わずに買ってきました。

 

その後は横浜へ帰りましたよ。

そのままホテルに帰ろうとしてましたが、すんでの所で水筆のことを思い出してルミネの世界堂で無事購入しました。

 

ホテルで、いざトラベラーズノート記入!

1時間かけて書きました〜。

さらっと書けるといいんだけどね〜。

でもこういうの書く時間って贅沢だよね。

そういうの大事にしたほうがいいんだろうけど………やっぱ家に帰ってくるとゲームしちゃうわ(^^ゞ

 

最後に檸檬ケーキの写真。

 

 

………オシャレには撮れていない。

横浜滞在記、続きます。

 

今回は観光らしいことは殆どやっていません。

 

2日目は朝からず〜っと雨でした。

雨の中、ランドマークタワーまで歩いて、まずブランチ(豪華なお茶漬け)。

この日は月曜日だったので、会社のお昼休みにぶつからないように、11時になったらすぐゴハンにしたわけですけど、食事を終えてお店を出ると、そのお店のみならずそこに並ぶ殆どの飲食店が、店の前でお弁当を売っているんですね!

そういう光景、地元では殆ど見ないので、すごく新鮮でした。

そりゃそうですよね〜〜〜あの建物の中で働いている方が相当居るんだもんね、というのを認識新たにしました。

尚、ランドマークタワーの5Fのくまざわ書店で、今回初の小説購入(これは未読のまま持って帰ってきています)。

そして、お店の前の踊り場的なところではお弁当を広げている働く人たちがベンチを占めていて、それにもびっくりしました。

まるで公園のよう! 屋根が付いているから、雨も暑いのも寒いのも関係ない分、かなり快適な公園だわ!

 

そこからは桜木町駅を通り抜けて、伊勢佐木モールを目指します。

ここで、私の目的は本屋巡りと文具巡りになっています。

伊勢佐木町には有隣堂の本店があるので、雨の中せっせと足を運びました。

雨だし、電車に乗ることも考えたんですが、一駅じゃあねぇ………と我慢してました。

ただ、有隣堂では何も買わずに出て来たんで、ちょっと疲れを感じてしまったわ。

 

そこから向かったのは中華街。

もちろん歩きです。

が、こんなに遠かったっけ?? ってくらい距離を感じましたね(^^ゞ

とはいえ、関内から石川までJRに乗ったとしても、駅から中華街もなかなか距離があったように思ったんで、まぁ歩くか、と歩いたわけなんですけどね。

それはさておいて。2日目ですが、お土産チョイスも始まっています。

今回、仲良しさんたちへのお土産を決めていたので、それを取り扱ってそうなお店(スーパー)を探しているうちに中華街を通過。

元町まで来てしまったので、一旦、元町へ。

そもそも、元町商店街に一番の目的があったのです。

それは、伊東屋の横浜店!

去年はまだ建築中だったので行くことが叶わなかったんで、リベンジです!

 

でも。

商店街を歩いていて気付いた………お休みのお店が多い………。

そういえば、月曜日お休みって多かった気がする………。

案の定! 伊東屋もお休みだった〜〜〜(゚◇゚)

この日は失意なことが多いわ〜〜〜。

ちなみにもう一つ、会社女子向けお土産にしようと思っていた洋菓子のお店の本店も元町にあるんですが、定休でしたよ(=_=)

あ、霧笛楼ではございません。

今回はパブロフにしてみました。

 

疲れ始めた足をまた中華街へ向けて、スーパーではなく、その商品が必ずあるとわかっている商店を潔く目指し始めました。

お店に無事辿り着いて、やれやれと思ったのも束の間。

買おうと思っていたものが在庫切れ。

6月末に入荷する予定なので、お取り寄せ出来ますよ〜なんて言われたんですが、いやいやお土産にしたいんですから!

お取り寄せは意味がありません!

というわけで、お店の人のオススメをまんまと買いまして、そこは終了。

買った物が瓶に入っていて重いので、一旦ホテルに置きに帰ろうと思い………。

最初はあかいくつに1回くらいは乗っておきたいから、それで帰ろうとバス停へ向かいました。

しかーし、時間が悪くてかなりの待ち時間。

雨も降ってはいますが、時間が勿体ない。

行けるところまで行きつつ、バスが追いついてきたら乗ろうと考えて再び歩き始めました。

ホテルの近くにもあかいくつは廻ってきていたのはチェック済みですから!

でもね、あかいくつには2つのルートがあるんですよ。

今歩いているのは、所謂メインな観光地を巡れる元町側ルート沿い。

一方ホテルの近くまで来るのはパシフィコだったり、観光地と言うよりは施設を巡る横浜駅側ルート。

いずれも桜木町駅が発着なんで、今、近くのあかいくつに乗っても桜木町で乗り換えるなりしないとならない。

それは不便!

結局、地下に潜ってみなとみらい線にしました。

が、乗ったみなとみらい線はホテルに近い駅は通過。

結局、お土産を持ったまま横浜駅まで行きました。

何故なら、前述のパブロフはベイクォーターにもあることを調べていたからです。

お土産に関しては、事前に発送しておくのが私の流儀ですんで、なんとしてもこの日が翌日朝までに発送が必須。

翌日は予定が決まっているので、自由がきくのはこの日しかなかったのです。

 

ベイクォーターで目的を達成した後、荷物も少々嵩張ってきたし、足も疲れているし、会社部署向けお土産はもうそごうで買うことにして、そごうで物色。

いや、行く前から鳩サブレーと決めていましたんで!

あの鳩サブレーの入った大きな缶が欲しかったんです!

だから、買うのはわりとどこでも良かったんですけど。

ついでになんやかや買ってしまい、両手が完全に塞がったところで配送手続き。

一気に身軽になった私は、その後横浜駅から東京へと出て行くのでありました。

何時頃かははっきりとしませんが、多分3時は過ぎていたと思います。

 

………あんまりにも長くなったので、以降次回!

横浜から帰ってきました。

 

ホテルがどうのこうの言っていたあの時から早2ヶ月。

行って帰ってくるのもあっという間でした。

日曜から水曜まで3泊4日、みっちり東京横浜に行っていたわけですが………足りない!

充分かな〜と思っていたんですけど、むしろ足りない。

特に何が出来なかったってことも無いんですけど、帰りたくないと思ったくらい足りなかった。

 

今回は横浜に宿を据えて、横浜の地元の人みたいなことをやってみたわけですけどね。

正直、今回の旅行みたいな生活を実際続けていたら破綻しますけどね、間違いなく。

だから、これくらいがちょうどいいともわかっているんですけど、せめて1週間くらいは居たかった〜。

 

梅雨の時期は初めてだったかな、横浜。

1日目は夕方からだったので、ちょっとセーフ。

2日目は終日雨。

3日目は曇り時々晴れ………かな。青空は見えた。でも夜には降り始めた。

4日目は曇り。

梅雨の割にはまぁまぁの天気でしたね。

晴れ間も観られたわけですしね。

しかも、湿気はあんまりなくて、むしろ気温が低かったりしたもので、歩きやすかったですねぇ〜〜〜。

 

では、恒例の少しずつ振り返り。

 

1日目はドールショウ浅草と横浜ハンドメイドマルシェをはしごしてました。

こういう展示会に行くと全ブースを見て回るので、ものすごく歩くんですが、それが2つですんでね。

相当歩きましたよ。27000歩越えていました。

 

空港からは一気に浅草まで。

京急だと乗り換え無しで行けるのでありがたい〜。

ドールショウでは、わが家に新しいボディの子がやってくることを前提としたお洋服を買ってみたりしましたよ。

つまり、家にいないタイプの子なわけですが。

今、どの子がいいのか、どんな子にするのか考え中です。

 

浅草は2時間ほどで離脱。

そこから1時間ほどかけて、今度は横浜へ移動。

 

ハンドメイドマルシェはドールショウの後だったので、足が既に疲れ始めていたわけですが、そうも言っていられません。

ドールショウより広い会場を歩き巡りましたよ。全ブースは目を通しておかなくては。

そして、ガラスペンを1本購入しました。

ガラスペンは3本目です。

あんまり増やさないようにしようと思ってるので、また暫くは買いません。

ガラスペンって手入れも楽だから、めんどくさがりの私にはぴったりなんですが、収納に気を遣い、場所も取るのであんまり増やすにも向かない。

それと、そんなに使いまくれない(時間的に)から勿体ない。

大事に使うから壊れないし。

 

あとは何故かカヌレを。

前回に来たときも出店していたお店のカヌレと別のお店のカヌレ。

カヌレは身の回りにあまりないので、見ると欲しくなります。

ただ、今回の旅の裏テーマがスコーンだったので、スコーンではなくカヌレを合計4個も買ってしまった自分は何だろうか、と一瞬思いましたよ。

ちなみにこのカヌレのお陰で、裏テーマのスコーンは消え去りました。

カヌレを消費するだけで日数も消費する計算ですからね。

尚、ハンドメイドマルシェから離脱してホテルに入ってまず1個(何しろ、その2つを時間内にはしごすることが最優先だったので、お昼ごはんも食べていなかった)。

晩ご飯を食べるためにホテルを出て、ごはん食べて時間ギリギリまで本屋&文具を見て回ってホテルに帰ってもう1個。

それから翌朝に1個と、3日目の朝に1個で、全て消費し終えましたよ。

 

ここまで雨に降られることはありませんでしたが、一旦ホテルに入って、うっかり30分ほど寝てしまってから晩ご飯を食べようとホテルを出たときにはとうとう降り始めていました。

とはいえ、それまで降って居なかったことはありがたい。

晩ご飯は横浜駅にてハンバーグを食べました。

地元にはないお店です。

美味しゅうございました。

 

今回のホテルは部屋の窓からみなとみらいの観覧車を見ることが出来ました。

ただ、真正面はパシフィコ横浜の展示ホールのイースト棟を建設中でベイブリッジを半分隠していました。

とはいえ、建設現場を見るのは好きなので、問題ありません。

 

ところで、都会の人はなんだかんだ歩くよね、とは常々思っていたんですけど、読書も進むよね、とも思うようになりました。

公共交通機関が発達しているので利用しようとすると駅まで歩くし、乗り換えの時も駅の構内を結構歩くし、で、なんだかんだ歩くよね、だし、公共交通機関を利用することで電車に乗って通勤する時間が長ければ長いほど読書時間は取りやすい。

疲れて寝てしまうこともありますが。

今回の私は、読みかけの本を持って行って、それを読み上げ、予備で持って行った本を1冊読み、購入したばかりの本を1冊読みながら帰ってきてすぐ読み上げました。

ちなみに事前にホテルへ送っていた荷物の中に更なる予備本を入れていたんですが、タイミングが悪くて、そのまま送り返してしまいましたよ。

読み終わったタイミングが出先で、その時買ったばかりの本がバッグの中にあったがために………。

尚、ホテルの部屋では一切読んでいません。

あと、お茶の時間とかも取らなかったんで、電車での移動時間と食事の後の少しゆっくりしていた時間くらいですよ、読書に充てていた時間。

いや〜よく読んだもんですね。