このブログも、ほぼほぼ読書記録でしかなくなってきておりますが。

ご存じの通り、私が読書記録として愛用しているアプリは読書メーターです。

アプリというかサイトでしたけどね、最初はね。

当初から使わせて頂いていますよ。

非常に便利ですし、最初の頃は感想も大したことを入れていなかったんですけど、最近は自分の防備録も兼ねているのでネタバレしない程度に感想を入れるようにしています。

書いてても、内容忘れることあるんだけどね………細かいところとかはよりもっと忘れやすいからね。

読み返す時が来たときに困らないようにネタバレしない程度の感想なんです。

 

さて、この感想。

 

本を読んで、何をどう感じ、思うかは千差万別なんだと思っています。

自分が面白いと思っているものが、必ずしも他の人もそうだとは限らない。

同じように面白いと思っているけど、面白いポイントが違うかもしれない。

これは本に限らないと思うんだけど、本はよりそこらへんが繊細だと思います。

推理小説が好きだからって、全部の推理小説を好きなわけじゃない。

作家さんの好み、文体の好み、謎の作りの好み、いろいろな要素がありますからね。

 

だから実は、人に本を薦めるのは苦手。

ブックソムリエさんは凄いなぁとつくづく思うのです。

 

話が逸れました。

そんなわけで、自分が面白い物を他の人がそうは思わなかったとしても、残念な気持ちにはなるけどしょうがない。

自分だってそうだしね。

結局のところ、感想は分かち合うものなんだと思います。

 

なんてことを徒然に思うのは、最近、読書メーターで快くないことに遭遇したからです。

 

読書メーターでは、他の人の感想にコメントを残すことが出来ます。

ブログとかと同じです。

一種のSNSとも言えますよね。

 

確かに同じ本を読んで、似たような感想を持っている人とは分かち合いたい! と思うのは自然なことだし、分かち合えるのはいいことですしね。

ただ、私は基本的にメンドクサイので、他の人にコメントを残すことも、ナイスポチもしません。

貰う分にはウエルカム! ですが。

ずるい? でも、そこは徹底してますよ。

読メに関しては、こちらからは一切アクションは起こしません。

コメントを頂いたらお返事はしますが(さすがにそれは礼儀かと)、お気に入りに入れて頂いても、お気に入り返しはしないです。

あくまでも、私は防備録扱いなので、あまり人と繋がるとそちらに義理が発生したら、本来の用途から外れていきそうですし。

(ちなみにTwitterはそこまで徹底していないので、ちょっとお義理もあります)

 

それでですね(また話がずれた)。

5月の半ば頃に頂いたコメントがあったんですけどね。

これが非常に不快でした。

どの本に貰った物なのかは伏せますが、このブログから読メを辿れば簡単に見つかりますので、気になる場合はそちらでご確認をお願いします。

ですが、恐らく不快な気持ちになるかと思いますので、オススメしません。

ちなみにどう不快だったかだけは記しておきます。

「オマエは作家さんの代弁者気取りか!? 何様だ!? 上から物言ってんじゃねぇよ!」

と言う黒い物を吐き出したくなるような代物でした。

 

同じ作品の他の方の感想欄にも似たり寄ったりのものを残してありました。

中には読んだけど本と合わなかった人というのも少なからずいるわけで、そういう感想があるところにはその人を否定するようなコメントを残していましたし。

(つい気になって辿っちゃった私も私ですが………余計不愉快になりました。もううんざり、です)

同じ本を読んで面白いと思うか、そうじゃないかは、冒頭にも申しましたとおり、人それぞれです。

だからこそ、他の人のコメントに自分の意見を押しつけるようなことはしてはいけないと思うのです。

しかも、上記のようなコメントを残されると、作家さんにも迷惑だと思うのです。

好きな作家さんが貶されるのは忍びないかも知れませんし、作家さんも残念に思うかも知れませんが、悲しいかな、この世の全ての人に受け入れられるものなんてないんですよね。

(そうじゃないと、世の中にこんなに色んなジャンルの本が生まれることもなかったわけですしね)

でも、押しつける意見は駄目です。

特にこの人の意見の押しつけ方は、作家さんからもファンを遠ざけてしまうことになるかもしれません。

こんなコメントを残されて嫌な気分になったら、この作家さんの本を読んだときにもう感想を残すの辞めようと思うかも知れません。

というか、私はそういう気持ちになってしまいまして………しばらく次の作品を読むのは辞めようと思ってしまいました………。

私と同じように思う人がいっぱいいて、その人たちが感想を残さなくなったら→読書メーターで面白い本を探して読もうと思っている人のアンテナに引っかかることがなくなって、本を読んで貰えなくなるかも知れません→本が売れません→作家さんが困ります。

想像を働かせ過ぎているかも知れませんが、あり得ることじゃないかと………。

 

ファンの行動が、作家さんに迷惑を掛けるなんてことが駄目なのはわかりきっていることです。

いらない心配かも知れませんが、そういう心がけは必要ですよね。

 

もちろん、アンチを否定するわけではありません。それも意見の一つ。

ただ、アンチじゃなかったとしても押しつけはいけません。

あと言い方も気を付けましょうね。

 

と、自分にも戒めの意味を込めて、長々と連ねてみました。

本を読むのは私の大事な気晴らしの一つですからね。

本の内容意外のところで不快な気持ちにはなりたくないものです。

そして、他の人に対しても、そうならないように気を付けたいものです。

 

尚、問題の人は相変わらずのようです。

もともとから他の人の意見は聞かない人なんでしょうね。

5月は資格試験もあったのに、結構読んでました。

資格試験があったから、ですかね(^_^;)

 

5月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:4075
ナイス数:180

リバース (講談社文庫)リバース (講談社文庫)感想
うわあ。ラストで思わず声が漏れた。遠慮なく突き落とされて、この後どうなるんだろう。こんなどんでん返しはなかなかない。ミステリでは定番の展開だな〜なんて読んでたけど、このラストは想定外だった。まさにリバース。面白かったけど、しこりは残る。さすが、湊さんの作品だ。
読了日:05月01日 著者:湊 かなえ
これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)感想
相変わらず、ザラッとする印象も残る。勧善懲悪という展開とはならないあたりに、会社ってこういうもんだよな、とも思う。会社を知っている人は頷く場面も多いはず。そんな中で、少しずつ変化している沙名子が微笑ましい。太陽も報われそうな雰囲気になっているのも良い。この少しずつというのが大事なんだろうな。
読了日:05月02日 著者:青木 祐子


長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)感想
地元が舞台なので読んでみた。長崎を知らない人が、ガイド本として読むのがちょうど良いと思われる。出てくるスイーツを探して歩くのも一興だろう。一方、小説としてみると説明くささが悪目立ちしている。絡んでいる恋愛云々もオーナーの正体もよくある展開。
読了日:05月04日 著者:江本 マシメサ


屋上のテロリスト (光文社文庫)屋上のテロリスト (光文社文庫)感想
ifの世界。東西分裂した日本で、それを一つに戻すという目的の元でテロを女子高生が計画して実行する話。18歳の女子高生が凄すぎる感はあるが。これまで読んできた知念さんの作品の中で違和感なく読めた。筋が筋なだけに、もっと深みを持たせて分厚い物語としても読めそう。
読了日:05月07日 著者:知念 実希人


私と踊って (新潮文庫)私と踊って (新潮文庫)感想
多種多様な短編集。連作になっているものもあるが、これだけのネタがあるというのには脱帽。発売から5年、「東京の日記」がより冷や汗ものになっている。個人的には「協力」が好み。この短い中にあるどんでん返しがいい。
読了日:05月10日 著者:恩田 陸


純喫茶「一服堂」の四季 (講談社文庫)純喫茶「一服堂」の四季 (講談社文庫)感想
キャラクターは濃いし、犯人はわかりやすいにしても、トリックには驚かされながら、東川さんミステリを楽しんでいたが、まさか最終話で大掛かりな仕掛けが用意されていたとは。違和感には気付いていたんだけど、それが仕掛けの為とわかったときには、膝を叩きそうになった。読み返すともっと違和感がわかるだろうな。
読了日:05月12日 著者:東川 篤哉


敬語で旅する四人の男 (光文社文庫)敬語で旅する四人の男 (光文社文庫)感想
ゆったりとした気持ちになる。知り合いとも言い難い男4人が旅する話。不思議な距離感がいい。大人男子のスタンドバイミー? 少し違うか。それぞれが抱える悩みを旅と他のメンバーとが解きほぐしていくのもホッとする。荒ぶる所のない話かと思っていたら最終話で少々ハラハラする。斎木先輩はもう大丈夫だろうか。
読了日:05月16日 著者:麻宮 ゆり子


家族写真 (講談社文庫)家族写真 (講談社文庫)感想
スルスルッと読めた。荻原さんのは読み易く、伝わり易い。お父さんの悲哀ばかりがクローズアップされているのかと思っていたら、そうではなかった。「住宅見学会」が一番気になる展開。あの住宅に住んでいる人たちのことを詳らかにしていないからこそ、インパクト大だ。ちょっとしたサスペンス。
読了日:05月18日 著者:荻原 浩


ネオカル日和 (講談社文庫)ネオカル日和 (講談社文庫)感想
普段はエッセイは読まない。今回は短編とショートショートが掲載されていたため手に取った。エッセイが嫌いなわけではない。大学生の頃には群ようこさんのを読みまくった。作家さんの素顔が垣間見えるし、辻村さんのドラえもん愛やパーマン愛も熱く伝わってきて面白かった。だが、今の限られた時間の中で読むのなら小説を優先したいだけ。
読了日:05月20日 著者:辻村 深月


偽恋愛小説家 (朝日文庫)偽恋愛小説家 (朝日文庫)感想
面白かった。謎とからみ合わせながらの童話の深層解体や、ベタとも言える月子と夢センセの気持ちの動き。真犯人と夢センセの正体は流石に最終話では気付いたが、初期のうちにしっかり明かされていたのには気づかなかった。続編が出ているが、文庫化まで、月子と同じように結末が気になって仕方がない。
読了日:05月21日 著者:森 晶麿


虚ろな十字架 (光文社文庫)虚ろな十字架 (光文社文庫)感想
たぶん、これから先も答えの出ることのない死刑について巡る話だけかと思いきや、謎も併せ持つミステリでもありました。読み応えあり。何が正しいとか、はっきりと言えるわけではないが、佐山刑事の最後のセリフに、そうだよねとしか言えなかった。
読了日:05月28日 著者:東野 圭吾


ケモノの城 (双葉文庫)ケモノの城 (双葉文庫)感想
相当にエグいんだが、暴力的な激しさは文面から感じられず、静かに淡々と進んでいて、気が付いたら引き込まれていた印象。北九州での事件がモデルと言うので調べてみたら、全くもってその通りだった。一応の解決は見られたものの、後味はかなり良くない読後だった。
読了日:05月30日 著者:誉田 哲也

読書メーター

 

 

バラエティに富んでいる気がします。

 

実は、活用している読メでちょっと不愉快なことがあったんですよね………。

調べていくと、なかなかのことになっているようでして。

同じ思いをしたのは私だけではなかった模様。

これについては、既に私は落ち着いているんだけど触れたいなぁ。

気が向いたら、そのうちにでも(^_^;)

(落ち着いているってことは、蒸し返す必要は感じないんだけどね)


連休終了しました。

しばらく連休ありません〜〜〜くぅ〜!

 

さて、この連休はゴハンに行ったりお茶に行ったりお茶に行ったりしたんですが、昨日は恒例の部屋模様替えをしました。

コタツを取っ払って、少しスッキリ。

最近はクラフト系を全くやっていないので、その辺が片付きませんねぇ。

 

そんな昨日の朝の話です。

とんでもない状況から始まりました。

 

私の部屋は和室で、ベッドを置かずに布団を敷いて休んでいるのですがね。

 

朝起きて、布団をたたもうと一部を持ち上げたら、○キブリがぺしゃんこになっていました。寝押ししてました。

 

いや、実はその前夜、寝る前にやつを目撃していたんですが、布団周りで見逃していたんですよね。

でも奴らはすばしこく逃げ足も速いし、隠れるのも得意だし、その夜は諦めるしかなかった。

翌日掃除することは決めていたし、運が悪ければまた遭遇するだろうと、怖々休みました。

 

まさかね。その下で潰してるとは思わないですよね。

 

詳細な表現は控えますけどね。

エグかったし、寝起きがもうブルーですよ………。

とりあえず、再見の心配はなくなって、心置きなく掃除が出来ましたけどね。

 

はぁ………。

これから、そういう時季なんですよねぇ。

やだやだ………今年はこれで終わらないかなぁ。

去年は見なかったのになぁ。

GWですね。

部屋の模様替えの季節です。

寒い間に高さを増した積ん読本が片付けにちょっと邪魔です(;´Д`)

自業自得ですが。

 

4月はシリーズものをまとめて読みました。

シリーズの最初のほうは遅々として進まなかったので、結構時間がかかりました。

GW中に結構読んでおきたいけど、どうかな。

 

4月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2947
ナイス数:75

イノセント・デイズ (新潮文庫)イノセント・デイズ (新潮文庫)感想
読後感は決して良くないハッピーエンドとは言い難いから。作中の言葉ではないが、いろいろな見方がある作品だった。マスコミで報道される事件が一面性のものでしかないのは既知のことだとしても、そこに関わった人、周囲にいる人が何を見て、何を知ってということを丁寧に書かれていた。冤罪がどうとかを越えたところにテーマがある。
読了日:04月02日 著者:早見 和真


猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)感想
初読の作家さん。とても丁寧に描かれている。表現も言葉遣いも丁寧すぎて、読む方としても丁寧にならざるを得ない。時間を扱う物語ゆえに、きちんと読み込まないと理解しづらくなるのも確かだから、ちょうどいいのかも。制限はあるものの時間をリセットできる能力となんでも記憶できる能力とを使って咲良田に起こる事件を解決する話。最終手段はなかなか衝撃的な方法だった。
読了日:04月10日 著者:河野 裕


魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2 (角川文庫)魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2 (角川文庫)感想
徐ろに気付いた。ケイの周りは女の子ばっかりだ。元はラノベレーベルなのだから当然か。ケイについては謎が多いのに、主人公というのはなかなかないスタイルのような。次作から否が応でもケイのことが明らかになっていくよう。ところで、ビルで魔女と会った最後の時が、最初に会った時と同じ時間だったら、より衝撃的だったと思うのだが。
読了日:04月16日 著者:河野 裕


機械仕掛けの選択 サクラダリセット3 (角川文庫)機械仕掛けの選択 サクラダリセット3 (角川文庫)感想
ケイと春埼の過去が描かれた話。謎多き主人公たちのことが丁寧に描かれている。リセットしたことで少女が1人なぜ亡くなったということについては、まだ深くは語られず。その少女がどんな子だったかが描かれるに留まる。ただ、自分たちのためだけに使ったリセットで知っている少女が亡くなったというのは確かにものすごいトラウマを残しそうだ。だからといって登場人物に共感も感情移入も出来ない。これを読むには歳を重ね過ぎたんだろうな。
読了日:04月19日 著者:河野 裕


さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット4 (角川文庫)さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット4 (角川文庫)感想
短編集だが、スピンオフではなく本編に連なる内容。リセットしたことで相麻菫を失った2人の直後が描かれている表題作や、奉仕クラブの活動も読めるし、これまでで一番読みやすかった。最後のホワイトパズルはタイムリープの話であり、綺麗な空気感で描かれていて好みだった。。
読了日:04月23日 著者:河野 裕


片手の楽園 サクラダリセット5 (角川文庫)片手の楽園 サクラダリセット5 (角川文庫)感想
役者が揃ったというところか。繊細に感覚的に描かれるので、やっぱりゆっくりで回りくどい。ただ慣れてきたし、話も大きくなってきたので、面白くなってきた。あとは、春埼、頑張れと言いたい。
読了日:04月27日 著者:河野 裕


少年と少女と、 サクラダリセット6 (角川文庫)少年と少女と、 サクラダリセット6 (角川文庫)感想
今になってかなり面白くなってきた。能力が正しいか正しくないか、明確な答えがあるわけではないから、自分の正義に基づいて結論を出すしかない。それがよくわかる話だった。全ての能力が失われた中で、一人能力が残ったケイがどう立ち向かうのかが次巻。
読了日:04月29日 著者:河野 裕


少年と少女と正しさを巡る物語 サクラダリセット7 (角川文庫)少年と少女と正しさを巡る物語 サクラダリセット7 (角川文庫)感想
能力者を駆使した少年の青臭くて長い物語は決着。大人が負けるとはね。正しさについての云々はともかく、みんなが幸せに、なんて純粋な子どもしか言えないと思ってるから青臭い。そういう時代に戻りたいとは思わないけど、ちょっと羨ましいとは思えた。
読了日:04月29日 著者:河野 裕

読書メーター

3月は途中に、なかなかページの進まない本を引き当ててしまったので、読了冊数が非常に少ないです。

そして4月も継続中………。

 

 

3月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2158
ナイス数:73

静おばあちゃんにおまかせ (文春文庫)静おばあちゃんにおまかせ (文春文庫)感想
解説とは別の意味でも、騙された。どんでん返しがおばあちゃんの正体と言うところか。第3話で幽霊を否定された円はそれはそれは価値観の違いを痛感していたんだろうなぁ。それにしても、不正を行う警察官が多すぎやしませんか? 内容は一気読みするくらい面白かったですが。
読了日:03月01日 著者:中山 七里


切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 (角川文庫)切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 (角川文庫)感想
面白かったが、臓器移植の云々を読み込むのに時間がかかった。丁寧に取り扱われていたので。どんでん返しがあるのはわかっていたので、真犯人に対する心構えが出来ていたが、動機が少し物足りなかった。古手川はカエル男の後くらいのようですね。
読了日:03月07日 著者:中山 七里


七色の毒 刑事犬養隼人 (角川文庫)七色の毒 刑事犬養隼人 (角川文庫)感想
短編集だが、どんでん返しは健在。赤と紫は繋がる話として構成されているので、二重にひっくり返される。7色の話はそれぞれに色合いも違っていて、いつ主人公が殺されてしまうかと一番ハラハラした青のインパクトが強い。黒も末恐ろしいけど。
読了日:03月08日 著者:中山 七里


本能寺遊戯 (創元推理文庫)本能寺遊戯 (創元推理文庫)感想
興味がないわけではないが、全く読み進まず。最後は読み飛ばし。ある程度下地としての知識が必要。歴史的な事件の新説を語られているだけで、小説とは言い難い。地の文は食べているところの描写ばかり。 最終章は補足の役割のようだが、歴史に造詣の深くない身では考えるのも放棄した。
読了日:03月19日 著者:高井 忍


ヒポクラテスの誓い (祥伝社文庫)ヒポクラテスの誓い (祥伝社文庫)感想
移動中、睡眠を取ろうと思っていたのに、ついつい読み耽ってしまった。お馴染みの光崎教授の手腕を目の当たりにする連作短編集。こうして見てみると、信念がしっかり伝わるからか、あまり強烈な人という印象は受けない。1冊を通じて謎が存在するのも、その犯人にも意外性は感じられなかったけど、それでも先へと読ませてくれる面白さ。
読了日:03月20日 著者:中山七里


テミスの剣 (文春文庫)テミスの剣 (文春文庫)感想
渡瀬警部の若かりし頃にあった冤罪事件に関する物語。かなり重いテーマだからこそ、警部の刑事人生を描かざるを得なかったんでしょう。初めて登場した時はただの荒っぽい人だと思っていたのですが。どんでん返しは健在。真犯人ではないですが、今回の話では一番の極悪人ですね。
読了日:03月26日 著者:中山 七里

読書メーター