遠出が多かったにもかかわらず、読む量は増えませんでした………。

そうこうしているうちに、積ん読本が400冊を越え(12/1時点で404冊)、去年よりおおよそ50冊本が増えた計算になります。

1年で増えた本が50冊ってのも、なかなかの事態だと思いますけどもね〜(^^ゞ

 

11月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2596
ナイス数:77

27時の怪談師 (角川ホラー文庫)27時の怪談師 (角川ホラー文庫)感想
キャラ濃い。リアルに可能かどうかは別として、徹底した引きこもりが、棲師として霊と向き合っていく中で、ほんの少しだけ外界と接していく、ような未来が見えるような話。相方のナイトの過去もかなり深そうだし、直接相対しないと解決しそうにないから、次巻もあるかな。
読了日:11月04日 著者:問乃 みさき


あなたもスマホに殺される (角川文庫)あなたもスマホに殺される (角川文庫)感想
自殺相談室といういかにも怪しいSNSに招待され、徐々にのめり込んでいく主人公。結末を迎える時、果たして主人公はどうなっているのか、というのをハラハラと見守るのかと思いきや、ラストの正体発覚に驚かされ、主人公のことはそっちのけに。押尾については確かに詳細不明だったけど……。しかし、よくそのアドレスを招待したなぁ、主人公。
読了日:11月06日 著者:志駕 晃


失われた過去と未来の犯罪 (角川文庫)失われた過去と未来の犯罪 (角川文庫)感想
禅問答みたいだった。世界観を確立するための第一部と、それをうけての第二部。人間の脳がいかに曖昧なものかを突き付けつつ、命や意識や魂やら、考えさせられるSF。わりとポップに始まるのし、台詞で展開して行くので、SF苦手の私でも読みやすかったし、面白かった。
読了日:11月14日 著者:小林 泰三


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)感想
序盤、バカすぎる主人公にイラッとしたが、後半頑張っているところで印象が変わり、でもラスト付近でまたバカになりかけていてイラッとして、と、様々に感情を揺さぶられつつ、あっという間に読了。結果、面白かった。自分の金銭感覚を見直すきっかけにもなったし。
読了日:11月17日 著者:青木 祐子


クローバーナイト (光文社文庫)クローバーナイト (光文社文庫)感想
クローバーナイトとは、核家族を守る騎士のこと。主人公の鶴峯裕は、自営業の妻と保育園児の一女一男との4人家族。共働きの中で、イケダン、イクメンと言われる素敵な男性。確かに、イケダンとかって、育児や家事が男性にとって当たり前じゃないからこそ生まれる言葉だ。と分かっていても裕はイケダンでいいパパだ。子育ての中で遭遇するちょっとした謎も解きながら進む物語は、きっと子育て中の人たちに響くことだろうな。
読了日:11月21日 著者:辻村 深月


錆びた太陽 (朝日文庫)錆びた太陽 (朝日文庫)感想
近未来の日本が舞台。国税庁の職員を名乗る女が、ヒューマノイドだけが働くキャンプにやってくる。キャンプは制限地区内にあり、周囲にはマルピーと呼ばれるゾンビがいたりと危険極まりない場所。と、序盤で世界観に引き込まれてしまうのだが、取り扱っているテーマはなかなかに重い。しかし、それをコミカルに描かれていて、面白く一気に読了。
読了日:11月24日 著者:恩田 陸


St.ルーピーズ (祥伝社文庫)St.ルーピーズ (祥伝社文庫)感想
超常現象を科学的に解明する連作短編集。科学的に推理することになるので、謎解きは諦めてただ読んだだけだが、面白かった。キャラクターの加減もあるとは思うが、お金の力が存分に発揮されて、清々しい。
読了日:11月29日 著者:長沢樹

読書メーター

 

 

12月はまた読む本減りそうなんだよね………そして、積ん読のは増えそうなんだよねぇ………(゚_゚)

とうとう、24ページあるインク帳が埋まりました!

ので、写真で一覧にしてみます。

写真自体はTwitterに上げていたものですが。

 

 

以上、21色。

並べるとなかなかすごいものがありますね〜。

青系が多いのはやはり私の好みで。

同じような色味だと思っていても見比べてみるとちゃんと違っていたりするので、色というかインクという物は奥深い物ですよ〜〜〜。

暫くはインクを増やさないように自重せねば。

 

ま、そのつもりはなくとも、軒並み文具系のイベントには行けないんで、増やしようもないんですけどね。

あと、地元の文具店に行く時間も取れてないくらいなので〜。

続きです。

 

さて、若干急ぎ気味でお腹を満たして、トイレも済ませて16時半前には無印を出ました。

東銀座駅からなら、京急接続で羽田まで行けるので、それで30分かからないくらいで空港着です。

実は、待っている間に時間はちゃんと調べていたんですよ。

お店を33分に出たら、42分くらいのに乗れて、10分くらいには空港に着いて、お土産を選んで、余裕持って手荷物検査場を通過出来る計算でしてね。

 

ところで、東銀座駅の端っこの7番8番入り口ってややこしいんですね。

中でお互い繋がっていない入り口で、各々のホームにしか行けないという………。

8番で入ったら、道路向こうの7番だったってことに気付いて、横断歩道を大慌ててで渡りましたよ。

で、ホームに降りると端っこだからというのはともかく、なんか閑散としている………。

あれ? もう少しで電車が来るのでは?

疑問に思ったんで、壁に貼られていた時刻表をチェック。

うん、その電車あるよね。なんで?

ここで腕時計をチェック。

うん、まだもうちょい時間ある………うん? ちょっと待って? 今何時?

16時?? 16時って?

改めて時刻表を見ると………空港快特は16:50発で羽田は17:25着にしかならない。

あれ? やばくない?

乗る飛行機17:45発だけど?

羽田空港だから手荷物検査場から搭乗口まで、めっちゃ遠いんだけど(田舎のつらいところ)。

めっちゃギリ!!

間に合わないことも無いかもしれないけど、京急のホームから相当駆け上がらないといけないわけだし、厳しすぎる………。

羽田、平日とはいえ、手荷物待ち時間もわからない。

とりあえず、一つ前の三崎口に飛び乗りました。泉岳寺でもうちょっと早いのに乗り換えられないかという考えだったんですが、結局のところ同じ空港快特しかなかった………。

どうする? どうする? このまま電車でいいの?

考えまくって、タクることを決心。

泉岳寺で降りて、一気に出口へ。

ちなみに、タクシーがいっぱいいそうな品川ではなく、ひとつ手前の泉岳寺にしたのは、駅が小さいので道路に出るのにロスが少ないからという、自分では良い気づき。

でも、地上でどこにでるかまでは考えてなかった。

出たらめっちゃ、単なる道路沿い。

タクシー………いない。

マジで少ない、いない、少ない、やばい。

一台は見逃し、もう一台は何故かスルー、その後に来たのになんとか乗せて貰えました。

かっ飛ばして貰って、空港に着いたのは17:17。ありがとう、ドライバーさん!

タクシーなんで、搭乗口に近い手荷物検査に近いところで降ろして貰って、ともかく手荷物検査。

中に入ってほっと一息。

 

さて、ここでおさらいです。

私が調べていたタイムスケージュール。

15:33にお店出発 →15:41乗車 →16:08空港着

でした。

お店で席に通されるより前に調べていたタイムスケージュール。

実はこの時点で、やばかったんですよね。

30分でゴハンを終えられるとは思ってなかったわけだし。

もうここが敗因。

完全に1時間読み間違えているわけですよね〜。

 

そんなわけで、お土産を見るとかなく搭乗口へ行ったわけですが、搭乗開始が遅れていましてね。

ちかくのお土産コーナーで会社へのお土産も選べたし、結果オーライ。

いやもう、会社へのお土産無しを覚悟してましたからね〜。

 

ま、一安心で帰ってきました。

 

最終日、かなりヒリヒリしたけど、楽しかった4日間でした。

さて、だいぶ、日が空いてしまいましたが、東京行きの続きを。

6日、最終日となります。

この日は、一人行動だったので、思う存分思い通りに動くつもりで、食事はそっちのけでした。

 

実はiPhoneの充電が保たなくなっていて、それなのに、うっかり充電を忘れて寝てしまったので、朝から大慌てで充電する必要があり、ホテルを出発するのが遅くなったから、食事を端折りたいというのもあって。

結果から言うと、10時半にホテルを出発しました。

 

まずは日本橋。

COREDO室町テラスへ行って、2Fの誠品生活へ。

ここは台湾のお店が日本初出店したところ。

「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」だそうです。

私のお目当ては文房具。オリジナルインクがあるというので、是非とも買いたかった。

 

オリジナルインクは2色。

迷いましたが、1色だけ………。

もし、次に行った時にあったら、買うことでしょう。

ちなみに、インクはセーラー万年筆さんとのコラボでした。

そして、オリジナルのライフノートも。

………日本製品。

 

欲しいものは買えたので、あともうちょっとだけCOREDO室町テラスを回って、次は日本橋高島屋。

ここの新館に文房具というか、カードや筆記具を取り扱ったお店がありまして。

たまたま見つけたんですけどね。

そもそもは、高島屋の万年筆コーナーへ行こうと思っていて、適当に入った新館で見つけただけなんです。

でも、見つけて良かった!

タッチアンドフロー、という名前のお店です。

ここにオリジナルインクがあったんです!!

1色だけ買ってきました。

あとは、持っていなかったブランドのガラスペン♪

思わぬ収穫にほくほくです。

 

さて、良い気分で丸善へ。

丸善では新刊が欲しかったんですが、見つけられず、文房具も心揺さぶられるものがなく、すごすご撤退。

そのまま地下鉄で銀座へ。

銀座は伊東屋さんが目的です。

3Fの高級筆記具のところで、今度は手帳の能率さんとNAGASAWAさんがコラボしたインクを見つけて、同じく伊東屋さんともコラボしたインクと合わせて2つ買ってきました。

 

あと、伊東屋さんでは別館のほうで30分ほど熟考した代物がありました。

オーナメントニブを買うか否か。

付けペンにもちょっと興味を示し始めておりまして。

カリグラフィーが世の中では流行っておりまして、書けたらいいなぁ〜っと思いつつ、勉強する時間がないので難しいな〜なんてことも考えていましてね。

欲しい………けど、使う間がないなら勿体ないし………。

でも、インクで描くの楽しそうだな〜やりたいな〜と揺れ動いて揺れ動いて………で、ロットリングの別のペンを買ってくるという結果に。

ロットリングのは、同じ太さの線が引けるというもので、インクを入れることが出来るので、オリジナルの色を入れたろうかと。

ただ、シャープペンシルから想像していたフォルムではなくて、ちょっと野暮ったい感じなのが、ほんのすこーし残念。

マンガを描く人が使ったりするみたいですね。

インクを入れるのが楽しみです。

 

その後は、銀座ロフトの文具売り場を冷やかして、お店を出たのが14時半。

そろそろお腹を満たしておきたい。

そういえば、無印の旗艦店が銀座に出来ていて、まだ行ってなかったことを思い出しました。

地下に食堂があったんで、そこで食べることにしました。

昼時はとっくに過ぎている平日なのに、流石銀座。

13組待ち。

でも、せっかくだから待ってみることにしました。

店内広いし、入れ替わりも多かったし。

で、席に通されたのが15時過ぎ。

すぐに注文したんですけど、どうやら完全に忘れられていましたね〜〜〜。

私より後に来た人の注文が先に届きましたからね、2組くらい目の前でね。

私、たまにあるんですけどね。なんなんですかね。気配ないんですかね。そうかもしれませんね。

でも、気分良くないんで、もう2度と行かないですけどね。

まぁ、15時45分くらいにようやく食べ始められましたよ。

日替わり定食とプリンとルイボスティー。

あんまり気持ちゆっくり出来なかったですけどね。

私、このあと空港へ行って帰らないと行けないからですね。

 

尚、帰りの飛行機は17時45分発です。

 

………………おや? というところで続きは次回。

夢の国には2日間行っていたわけですが、拠点は新橋でした。

5日と6日は都内を回ってました。

今回一人じゃなかったので、あんまり無茶もしなかったんですが、結構歩いてましたね〜。

 

まず、5日はオープンしたばかりの渋谷スクエアへ。

渋谷で一番高いという商業施設です。

屋上展望台があるんですけど、1800円もするし事前予約制だったのでそこに上がるのは止めました。

ここにあるハンズがオリジナル万年筆があるとかの情報があったので、さぞかし文具が充実してるんだろうな〜と思って勇んでいったら、そうでもなかったという、ね(^_^;)

でも、ここで、日めくりふせんを見つけられたのは良かった!

ずっと買い逃していたし、ここのところまともに文房具屋さんに行けていなかったから、探す時間もなかったしってことで買ってきました。

 

あとは東京最新施設で女子が喜びそうなお土産をチョイスして発送しました。

可愛い缶のお菓子も見つけて、テンション上がっちゃいましたよ!

しかも、缶が可愛いだけでなく、お菓子も美味しいのは最高です。

 

尚、お昼ごはんもここで食べようかと思っていたんですが、どこもかしこも並んでいたので、東武百貨店で食べました。

前日の夜、天ぷらが食べたくなったけど、いいお店を見つけられなかったんで、ここで果たしました。

天丼なんて久しぶり食べたし、エビぷりで美味しかった〜〜〜!

 

ごはんの後は、渋谷から原宿まで移動して、明治神宮へ参拝してきました。

御朱印を描いて貰うのにお付き合いしたんですが、すごいですねぇ〜〜〜。

すぐそばは都会の喧噪なのに、一歩足を踏み入れると、厳かな雰囲気になるんですね。

静かだし、深い森の中に入ったような………。

 

明治神宮の後は、その名の通りの表参道へ。

表参道にあるブングボックスさんへ行きました。

インクとペン先がガラスのウッドペンとそえぶみ箋を買ってきましたよ〜。

知らないと、なかなか入りづらい場所ですね〜。

でも、狭い店内ながら、品揃えは充実していると思います。

万年筆もいっぱいありましたし、オリジナルインクもあるし!

次に上京したときにも訪れたいところです。

ちなみに、この近くに文房具カフェさんもあるんですが、火曜日は定休でしたね………。

次は日曜か月曜かに行くようにしましょう。

そしたら両方のお店に行けるし。

 

この後は、これまた近くのアフタヌーンティーでお茶しながら足を休めて、ホテル近くの居酒屋で晩ご飯を済ませて早めにホテルへ帰りましたよ〜。

結構あっさりとした行程ですが、それでも15000歩くらいは歩いてるんですよね〜〜〜。