ものすごいプロモーションされている映画「君の名は。」を観てきました。

私の周りにもちらほら観てきた、観たいと聞いていたもので、私もその気になって行ってきましたよ。

 

火曜日のレイトショー、しかも21:05上映時間にもかかわらず、なかなかの入りでした。

もちろん満席ってことはないんですけど、平日のこの時間にこれだけってすごいです。

私の席の左右も一つ席を空けた状態とは言え、埋まっちゃいましたから。

前日予約したときにはガラっガラだったのに!

左右に人が来るのは正直がっかり………(´・_・`)

人が居ない状態での鑑賞になれているからってだけですが。

ま、映画としてはいいことですわね。

 

ちなみに見に来ている年齢層も若い!

20代が多かったかな。

んで、一人で見に来ている人もあんまり(全然?)いなかった。

 

さて、内容ですね。

終盤神木君の演技に「うまい!」と声を上げそうになっちゃったり、妹が谷花音ちゃんだったことに全く気付かないくらいハマってたり、父親が井上さんってことに全然気付かなくてショックだったり、なんだ声に関しての感想がやたら出てくるんですが(^◇^;)

物語では2回くらい泣いてました。

主人公2人はやたら涙してましたけども、私は衝撃の真実がわかったところ(だったかな………でもその辺)と黄昏時に再会したところ(これは間違いない)。

ただかなりシビアなことを言うと、いかにも「作られた」物語だという印象を受けてしまったんですよね………。

悪い言い方をすると、あざといな、と。

まんまと涙するのはそういう展開だからだし、あとは自分の涙腺が緩いせいもあるんだけどもね。

ここにこう持って来るから、この表現しとこうみたいな………あ、これ、アノ部分だ! と観ている側が自力で気が付くんじゃなくて、これ後から来そう、あ〜ここで使うのか、という作り手の意図が透けて見えるというか。

私がそういう見方しか出来なかったのかも知れないけどもね。

前の席の男女4人(若い。Wカップル的)は「伏線が〜」とかいう見方してたので、素直に受け取ってたのかな〜って思うし。

別物なので比べちゃ何ですが、細田さんの作品を観たとき程の感動はなかったですね………。

うんまぁ、この作品に触れる年頃っていうのも大きいと思うんですが。

私の周囲の人たち(同じ年頃です)も号泣するほどもなく、割とドライな感想を持っていたようなのでやっぱり年頃が占める要素が大きいのかも。

そういう意味では若い頃に観られなかったのは残念なのかも。

 

それはそうと、空や光や彗星とかすごく綺麗だったし、サントラの使い方も効果的だったし。

(ただ、歌に関してはどうしてもバンプを想起させられてしまうんだ………)

作品は良いからこれだけヒットしてるんだろうしね。

合う合わないの相性はどうしてもあるから、しょうがない。

神木君じゃなきゃ、観に行ってなかったかもしれないし(^^ゞ

 

そうそう。一つだけどうしてもツッコみたいんですが。

 

瀧、迂闊すぎやしないですか?

そんな大きな事件があったら、記憶してないですか?

何で、ピンとこないんですか………他の人は気付いたのに。年数も経ってないのに。

関連する記事
コメント
アヤさん、こんにちは。

例の話題作!見て来られたんですね。
あれは、CMのアオリが凄いのもあると思いますが
まぁ、あざとい演出をしたのはわざとでしょう。
今までが、かなりマニアックでしたからね。
エンタメとしては良く出来てると思いますよ。
とりあえず、クリエイターとしては、
一度当てておくと、後の作品画作りやすいですしね。

たぶん、前情報なしで、あそこまでのアオリCMを見て無ければ、アヤさんもそれなりだったと思いますよ。(笑)
  • by PON
  • 2016/09/28 12:29 PM
PONさん、こんにちは。
すっかり返事が遅くなってしまいまして、申し訳ございません。

今までの作品は観たことがないのですが
(一作だけ、ローカルで最近、夜中にやっていたことがあって、途中から観たんですが)
マニアックだったのですねぇ………。

やっぱり前情報の有無は重要ですよね。
最近ネットでの情報取得は疎いほうになりつつあるのですが、
今回のテレビはすごい情報ラッシュしてましたもんね。
ホントに、なんであんなに仕掛けられていたんだろう………。
  • by アヤ
  • 2016/10/01 4:05 AM
コメントする