新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ、よろしくお願い致します<(_ _)>

 

さて、まずは12月の読書履歴から。

 

の、前に。

新年になったので、ブックカバーを替えました。

前のは大体2年くらい使ってたのかも。

 

 

和紙で作られたブックカバーです。

金沢の21世紀美術館でやっていた特別展に合わせてショップで売られていた物を買ってきました。

買うときに、ちょっとだけ思ったんだけど………これ、ここオリジナルじゃないよね、と。

でも、せっかく金沢へ行ったので、何かしら自分にお土産を買いたかった。

だから、いいんです!

3日前に福岡で見かけちゃったとか、そういうことがあっても!

 

ところで、この和紙カバーはそのうち馴染んできてくれるんでしょうか。

結構厚みもあるし割とごわごわしててちょっと扱いにくいです。

 

 

では改めて12月の読書です。

遠出するとやっぱり読み進みますねぇ。

あと、美容室でも捗った!

 

12月の読書メーター読んだ本の数:9読んだページ数:2740ナイス数:65

 

ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)感想

メタファンタジー。なかなか入り込めなかった。話の筋は面白いし、先は気になるのだが没頭して読み進めることが出来ないのが残念。展開のテンポは良いので読みやすいのに読み辛い。作中に出てくるリアル作品好きなものが出てこないか楽しみでもある。

読了日:12月03日 著者:宮部 みゆき


ここはボツコニアン 2 魔王がいた街 (集英社文庫 み 27-4)ここはボツコニアン 2 魔王がいた街 (集英社文庫 み 27-4)感想

2巻はさっと読めた。世界観や文章に慣れて来たからだと思われる。設定に戸惑うけれども、話はきちんと展開してるし。さすが、宮部さんと言うべきなのだろうか。

読了日:12月04日 著者:宮部 みゆき


ここはボツコニアン 3 二軍三国志 (集英社文庫)ここはボツコニアン 3 二軍三国志 (集英社文庫)感想

三国志についてはほとんど内容を知らないので、人物関係や出来事についてよく理解できないままの読了。ホラーの部分に入ると一気に読めたので、ある程度下地を知っていないと気持ち良く楽しめない気がする。そういうものかと丸ごと飲み込もうかと思ったが、知らないと面白味が半減するんではないだろうか。

読了日:12月12日 著者:宮部 みゆき


ここはボツコニアン 4 ほらホラHorrorの村 (集英社文庫)ここはボツコニアン 4 ほらホラHorrorの村 (集英社文庫)感想

ホラーにSFとてんこ盛りになってきた。あと鍵は6個必要なのにあと1冊で完結するところも次巻の見どころか。魔王の正体は私もわからないが、ボツコニアンだから別の意味で衝撃的なんだろう、きっと。

読了日:12月18日 著者:宮部 みゆき


ここはボツコニアン 5 FINAL ためらいの迷宮 (集英社文庫)ここはボツコニアン 5 FINAL ためらいの迷宮 (集英社文庫)感想

途中で魔王の正体に思い至った。さすがボツコニアン、ラスボスである魔王との戦いがああいう風な形で解決してよかった。ボツじゃなきゃ壮絶なラスボスバトルだから。ちなみに、ゲームについての件は全て「へぇ〜」と思って読んだ。ゲームはするけど上がってたゲームは一個もしたことがなかった。それでも読むには何の支障もなく楽しく読了できた。

読了日:12月19日 著者:宮部 みゆき


トリックスターズ (メディアワークス文庫)トリックスターズ (メディアワークス文庫)感想

ありえない設定を現実にあり得るように緻密に構築しているところが良い。その設定の中で事件が起こってからは展開に引き込まれた。事件以外のトリックには真新しいものはなかったが、丁寧に伏線が回収されて気持ちよかった。ちなみにまんまと主人公には騙された。

読了日:12月22日 著者:久住四季


トリックスターズL (メディアワークス文庫)トリックスターズL (メディアワークス文庫)感想

密室では動機は後付けになっているという言葉に、目から鱗。魔術師が真犯人である展開が続いているので、見逃され続けているのはいかがなものかと思うが、そのおかげで驚愕の真相とやらが用意されている。しかしながら、自殺の動機としてはやっぱり弱いような気がする。

読了日:12月26日 著者:久住四季


トリックスターズD (メディアワークス文庫)トリックスターズD (メディアワークス文庫)感想

作中作と思わせておいて、そこは魔術が絡む錯誤。あからさまな齟齬はそのせいだった。途中から綾辻さんを思い出させるな、と思っていたらあとがきで触れていた。これまでの作品より魔術がすんなりと取り込まれていて、ミステリとしても読みやすかった。

読了日:12月28日 著者:久住四季


トリックスターズM (メディアワークス文庫)トリックスターズM (メディアワークス文庫)感想

面白かった。魔術の扱いにも慣れてきたからかもしれないが、無理なく作中に組み込まれているのが、スムーズに読めた理由。犯人が中盤とはいえ明らかになっているパターンで、一作ごとに趣向が違っているのも良い。更に、主人公がどう魔術師として成長していくのが興味深い。あと2冊で完結するのが惜しい気もするが、楽しみ。

読了日:12月30日 著者:久住四季


読書メーター

 

去年は結構新しい作家さんを発掘してましたねぇ。

今年はその名残を消化していこうかと思います。

関連する記事
コメント
アヤさん、あけましておめでとうございます。

新年っぽい色味のブックカバーがイイ感じですね!
と思ったら、扱いづらいですか?使ってるうちに柔らかくなると良いですね。

本は宮部さんのが気になりました!
毎度ナイスな読了感想を有り難うございます。
  • by PON
  • 2017/01/04 12:17 PM
PONさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

触り心地はふわっとしてて(紙だけど!)とてもいいんですよ。
でも、そのふわっとが厚みに繋がっているようでして(^^ゞ
ただ、使い込んだら面白そうなので、今後の経過が楽しみです♪

宮部さんの作品は、これまでの宮部さんを覆すような、でも宮部さんの好きなものが好きなだけ詰め込まれている、そういう意味では楽しい本でした。
宮部さん初心者には絶対勧められないですけど、コアなファンは楽しいと思います〜。
  • by アヤ
  • 2017/01/06 2:42 PM
コメントする