2月はあっという間に過ぎました。

読んだ本の冊数も少なかった………。

10冊どころじゃなかったです。

 

2月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2165
ナイス数:67

Bの戦場 6: さいたま新都心ブライダル課の門出 (集英社オレンジ文庫)Bの戦場 6: さいたま新都心ブライダル課の門出 (集英社オレンジ文庫)感想
最後まで面白かった。お仕事小説としても充分に楽しめた。久世課長はつまりブスだけどそれよりなにより香澄という人が好きというところに落ち着いたわけで、至って普通の結果ということに。そのあたりが一番ややこしかった。ラストは100パーセントのその後が開示されていない後日談が良い。
読了日:02月03日 著者:ゆきた 志旗


わたし、定時で帰ります。 (新潮文庫)わたし、定時で帰ります。 (新潮文庫)感想
ものすごく働くことに考えさせられたお仕事小説だった。あらゆる働く人に読んでもらいたい。成長する主人公のマネジメント力は見習いたいが、限界まで働くのは勘弁願いたい。とは言え、全力で仕事に向き合うのは大事だし、働く自分の体を労うのも大事。それがワークライフバランスというものか。
読了日:02月04日 著者:朱野 帰子


消滅 VANISHING POINT (上) (幻冬舎文庫)消滅 VANISHING POINT (上) (幻冬舎文庫)感想
巨大台風が接近中の空港で、なんのつながりもない男女10人が一室に集められ、その中にいるテロリストを見つけ出せと、高性能すぎるヒューマノイドに求められる話。設定の面白さと先の読めない展開で一気に上巻読了。閉鎖された空間の物語はさすが。テロリストを探す謎解きもいいが、ヒューマノイド、引いては人間についても考えたくなる。
読了日:02月07日 著者:恩田陸


消滅 VANISHING POINT (下) (幻冬舎文庫)消滅 VANISHING POINT (下) (幻冬舎文庫)感想
夢中になって読んだ。テロリストの正体は妥当というか大変な驚きはなかったけど、真実に迫っていこうとする過程が面白かった。謎は明らかになるのが常だが、そうなる直前までの緊迫した状態のところがずっと続けば良いのに、と思うくらい。
読了日:02月08日 著者:恩田陸


オーパーツ 死を招く至宝 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)オーパーツ 死を招く至宝 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
オーパーツをふんだんに取り入れてあるのは、これまで読んだことがなかったので、気になって手に取ってみたが、かなり癖のある推理小説だった。キャラクターを受け入れるのが困難で、内容も上滑りしてしまった感がある。本格推理に位置付けるならトリックに集中して読みたい。新しい形と言われればそうかもしれないが、だとすると私には合わなかったということか。
読了日:02月17日 著者:蒼井 碧


睦月童 (PHP文芸文庫)睦月童 (PHP文芸文庫)感想
相手の罪悪感を映し出す目を持つ睦月童と呼ばれる少女を巡る連作短編集かと思っていたら、後半は睦月童を統べる睦月神を軸とした睦月童の里の存続を掛けた大がかりな物語に。神に縋る睦月童の理由が案外俗っぽいが、全体的に面白く引き込まれていた。
読了日:02月22日 著者:西條 奈加


幻宮は漠野に誘う 金椛国春秋 (角川文庫)幻宮は漠野に誘う 金椛国春秋 (角川文庫)感想
病弱・虚弱なのに、全力で頭を使い体も張って困難に立ち向かう遊圭は、かなり強い人だと思う。遊圭の成長っぷりが楽しかった今作だったが、大丈夫だと思ってもハラハラしてしまう展開でもあった。ルーシャンの人柄であまり深刻にはならなかったが。玄月の人相が変わる窶れ切った顔がどんなものか気になる。
読了日:02月27日 著者:篠原 悠希

読書メーター

 

 

殆どが面白かったですねぇ。

3月は目指せ10冊!

何しろ、今週一気に10冊ほど積ん読本を増やしましたからね(^_^;)

10冊読めてプラマイゼロですよ。

関連する記事
コメント
アヤさん、続けてカキコですみません。

今回も面白そうなラインナップですね。
特に気になったのは
「睦月童」「幻宮は〜」です。
神がらみは、ファンタジーとリアルの割合が気になるところですが・・
遊圭の新章も、また大変なことになってるようで気になります!
  • by PON
  • 2019/03/05 12:28 PM
いえいえ、ありがとうございますです!

「睦月童」はバランスがいいと思いますよ。
すんなりその世界に入っていけます。
最近、そういうのが面白いですね。
西條さんのは、日常にする〜っと違和が入り込んで調和していっています。
時代物でもあるので、融合しやすいのかも知れませんが。

遊圭のは、今最新刊を読んでいるところなんですが、新章では環境も肉体的にもかなりハードですよ。
1冊の中で起こることが怒濤のように遊圭を襲っていますよ〜!
  • by アヤ
  • 2019/03/05 10:26 PM
コメントする