4月になりました。

新元号も発表になりましたね。

 

さて、3月。

まずいですねぇ〜〜〜。

読む冊数が減っていますよ。

ペースが落ちているせいもあるんですが。

 

だって、ほぼ毎日のように読んではいるんですよ。

少しずつしか読めないっていうだけで。

 

3月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2432
ナイス数:64

青春は探花を志す 金椛国春秋 (角川文庫)青春は探花を志す 金椛国春秋 (角川文庫)感想
怒涛の展開。童試を受けようかどうかを迷っているところから始まって、受験して入学して不正に立ち向かっているうちに、流刑になるという波乱含みの遊圭。女装はマストなんでしょうか。しかし、国としては大きな脅威を前に緊迫した状態。その脅威に立ち向かうのが次巻か。
読了日:03月02日 著者:篠原 悠希


湖宮は黄砂に微睡む 金椛国春秋 (角川文庫)湖宮は黄砂に微睡む 金椛国春秋 (角川文庫)感想
みっちりぎっちり事件が詰め込まれていて、ラスト付近の衝撃はどう解決するのかと残りのページにやきもきしていたら、次巻に引っ張られた。明々の行動力が微笑ましい。一難去ってまた一難。遊圭もかなり苦労するが、玄月もなかなかのもの。駒のようにと遊圭は思っているけど、いいコンビだよ、この2人。
読了日:03月07日 著者:篠原 悠希


後宮の花は偽りをまとう (双葉文庫)後宮の花は偽りをまとう (双葉文庫)感想
先を読みたくなる程度には面白い。かなりライトな中華ファンタジー。中華モノの入門編としてはおススメだが、直前に読んでいた同ジャンルのものと比較すると物足りない。恋愛エッセンスがはっきりと散りばめられているのは好みだったが、もっとキュンとしたかった。
読了日:03月11日 著者:天城 智尋


警視庁公安J (徳間文庫)警視庁公安J (徳間文庫)感想
顔良し、頭良し、大金持ち、身体能力もずば抜けていて、出来過ぎな主人公で非常に漫画ちっく。設定とかいろいろ目に付いた前半を超えると、だいぶ慣れてきて、内容のほうに目がいくようになる。粗が目立つ文章で読むよりは、マンガで読む方がより面白かったかもしれない。
読了日:03月15日 著者:鈴峯 紅也


マークスマン: 警視庁公安J (徳間文庫)マークスマン: 警視庁公安J (徳間文庫)感想
超絶スナイパーが狙うのは誰なのか? という話。話は面白いと思うのだが、日本語以外の会話文がカタカナ表記になるのは、非常に読みづらく、そちらに意識が引っ張られた。あと、セリフの中のわざとらしい笑いとか。しみじみ、人に読ませるための文章は大事なのだと思う。内容を面白いと思っただけに………。尚、死亡フラグはわかりやすかった。
読了日:03月20日 著者:鈴峯 紅也


ブラックチェイン: 警視庁公安J (徳間文庫)ブラックチェイン: 警視庁公安J (徳間文庫)感想
カタカナ表記がなくなって、かなり読みやすくなった。キャラクター含め、もろもろに慣れてきたせいもあるのか、だいぶ楽しみながら読めた。しかし、まさかメインキャラが欠落するとは! いやーなフラグ立てっぽいと思っていたら、別の人がいなくなるとは。盛り上がるかもしれないが……そこは不変であって欲しかった。
読了日:03月27日 著者:鈴峯 紅也

読書メーター

 

 

3月はまたなんかとち狂っちゃって、スゴイ冊数買ってしまったので、読まねばならないのに、なかなか読み進まないのが今読んでいるシリーズです。

忙しいと、何故か余分に本を買ってしまう癖をどうにかしないといかん。

関連する記事
コメント
アヤさん、こんにちは。
ご本感想有り難うございます!
後宮の花は偽りをまとう
は気になってたので、読みやすい感じというのがイイですね。
ちょっとあんまり考え込みたくない時に読みたいと思います!
  • by PON
  • 2019/04/05 12:20 PM
PONさん、こんにちは。
参考になりますでしょうか〜。
後宮〜は、本当に気負わずに読むのがオススメです。
このラインナップを見ると、中華ファンタジーにハマってるみたいですね(o^^o)
尚、実はもう1シリーズ中華なファンタジーがあるので、そのうち手を出そうかと思っています。
  • by アヤ
  • 2019/04/06 11:19 PM
コメントする