9月は読みました!

15冊! 2日1冊!

スマホゲームに飽きてあんまりやらなかった分が読書に回りました。

でも、ここ最近、新しいスマホゲームに嵌まってしまったので………。

あと、PSVとSwitchでゲームもやってますよ、今。

だから10月は読書減りそうですよ。始まったばかりですが。

 

9月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:5007
ナイス数:159

上流階級 富久丸百貨店外商部 (2) (小学館文庫)上流階級 富久丸百貨店外商部 (2) (小学館文庫)感想
はぁ〜面白かった。男社会と言われる外商部の中でもがきながらも成功を収めていくのが、見逃せない。しかも成功を収めているはずなのに、爽快感を感じないという。とはいえ、その仕事のあり方には感心する。成功の感動ではなく、達成感の感動かな。
読了日:09月01日 著者:高殿 円


ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)感想
続刊を読むために再読。今、しんどい気持ちで働いてる人に特に読んで欲しいと思う。自分自身はこうまでブラックな会社に勤めているわけじゃないし、こういう時期は過ぎているから、わりとフラットに読むことが出来ているけど、いろいろ悩んでる人には響くはず。
読了日:09月01日 著者:北川恵海


ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)感想
前作のスピンオフという位置付けの短編集。その後の展開もわかって、落ち着くところに落ち着いたなと。飛行機の中で読んでいたため、ところどころで泣きそうになるのを堪えたり。
読了日:09月04日 著者:北川 恵海


増補改訂版 もう一つの「バルス」 ―宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代― (講談社文庫)増補改訂版 もう一つの「バルス」 ―宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代― (講談社文庫)感想
ラピュタ好きとしては裏話を知ることができて、面白くてたまらない。発売当時、知らなかったことが悔しいくらい。設定資料集もいいが生の声が聞けるのがより良い。しかし、この本は何故に徳間書店から出なかったんだろう?
読了日:09月05日 著者:木原 浩勝


東京會舘とわたし 上 旧館 (文春文庫)東京會舘とわたし 上 旧館 (文春文庫)感想
発売時に丁度上京していたので、東京會舘の外見を見て、本を買って読み始めた。建物の位置関係を思い浮かべながら読むことが出来たのは良かったが、やはり中にも入ってくれば良かった。そして、焼菓子を買ってくれば良かったと悔やまれる。東京會舘の歴史を綴った物語は、東京會舘に行きたくなる気持ちを抱かせてくれた。それだけ秀逸だという事。下巻は今の時代に近寄るわけだから、もっと行ってみたい気持ちになるだろうな。
読了日:09月08日 著者:辻村 深月


東京會舘とわたし 下 新館 (文春文庫)東京會舘とわたし 下 新館 (文春文庫)感想
東京會舘へ俄然行きたくなる。自分が見てきたのは新新館だったわけだが、新館を見る機会もあったはずなのに、見てこなかったことが悔やまれる。実在の建物を舞台にして書かれた小説は他にもあるのに、何故東京會舘だけ、こんなに行きたくなる気持ちを掻き立てるのだろう。何度も感動で泣きそうになりながら読了。
読了日:09月11日 著者:辻村 深月


失われた地図 (角川文庫)失われた地図 (角川文庫)感想
一気に物語に引き込まれるところはさすが。キナ臭いところに現れる「グンカ」と戦い、彼らが出てくる裂け目を閉じるのが主人公たちの役目。一族が担っているその役目はなかなか組織立っているようだが、どんどん大変になっている。あまりの多さに抑えきれないと思った時に現れたのは……と、ここで終わる? え? 続きは?
読了日:09月15日 著者:恩田 陸


屍人荘の殺人 (創元推理文庫)屍人荘の殺人 (創元推理文庫)感想
なんか、すごかった。一瞬イロモノかと心配になったが、それさえ含めてきちんと本格推理の体を成していたし、状況はスリリングで先は気になるし、確かに驚愕の一冊だった。映画化するにしてもたいそう見応えのあるものになるだろうと期待が高まる。いやはや、なんかすごい、としか言えない。
読了日:09月16日 著者:今村 昌弘


ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)感想
続刊を読むための再読。部分的には覚えていたが、忘れていたところの方が多かったので、新鮮な読書に。ヒーローズなんてふざけてるとしか思えない会社に再就職した主人公の再起のみならず、周囲の人が大事なことに気づいていくのを主人公と共に目の当たりにする話。
読了日:09月17日 著者:北川恵海


続・ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)続・ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)感想
夢を追う人の背中を押してくれる会社、株式会社ヒーローズ。今回は外部の依頼というより、会社に関わる人を深掘りした内容。お陰で主人公の影が薄くなってしまった。別にいいのか、それでも。ところで、立花綾香って結局誰? 道野辺さんの元妻っていう認識でいいのかな?
読了日:09月18日 著者:北川 恵海


危険なビーナス (講談社文庫)危険なビーナス (講談社文庫)感想
軽快で読みやすくするすると読んでしまうし、謎が明らかになっていくのも面白い。が、いかんせん、主人公の色ボケが邪魔をする。おじさんのそういう視線がアホっぽくてイラっとするのが、気に掛かった。フラクタル図形を見てみたい。
読了日:09月21日 著者:東野 圭吾


今日も君は、約束の旅に出る (講談社文庫)今日も君は、約束の旅に出る (講談社文庫)感想
いい話を読んだなぁ、と。約束をテーマに、約束を守るために時間も距離も跳躍する能力を持つ、なんてファンタジーがかりすぎているが、それがあってこそのいい話。最後は上手いこと帳尻が合ったな、と感心。時かけを思い出したりもした。
読了日:09月23日 著者:瀬那 和章


声のお仕事 (文春文庫)声のお仕事 (文春文庫)感想
綿密な取材の上でしっかり描かれた声優の世界。大変興味深かった。成功譚ではなく、地に足のついた等身大な主人公だったのが、また良かった。キラキラしている世界の裏はこういうものだし、なんにせよ全力で向き合わなければならないのはどれも変わらないなぁと。
読了日:09月24日 著者:川端 裕人


妖星は闇に瞬く 金椛国春秋 (角川文庫)妖星は闇に瞬く 金椛国春秋 (角川文庫)感想
本の厚さはあまりなくても、内容がみっちり詰まっているので、心構えが必要。しかし、読み始めるとあっという間。遊圭は今回もピンチ続きだし、玄月も罠にハマってえらいことに。そしてまだ帝都に帰り着かない遊圭。作中の時間はずいぶん流れているのに。流石に次巻では決着するか。ルーシャンの進退も気になるところ。
読了日:09月26日 著者:篠原 悠希


倒れるときは前のめり (角川文庫)倒れるときは前のめり (角川文庫)感想
通常、好きな作家さんでもエッセイは読まない。その時間を小説を読む時間に充てたいと思うから。今回エッセイに手を出したのは、未読の短編が掲載されていたから。しかし、好きな作家さんはエッセイも面白かった。震災の際の自粛については素直に経済を回そうと決心。遠慮なく。
読了日:09月30日 著者:有川 ひろ

読書メーター

関連する記事
コメント
アヤさん、こんにちは。
今回も楽しそうな本ばかりですね!
特に気になるのは「東京會舘〜。」感想見ただけで読みたくなったし、行きたくなっちゃいました!。そして、伝統のスイーツでお茶してみたい!(笑)

後は、ゲーム・アニメ好きとしては「声のお仕事」ですね。本屋で見かけてから、気になりつつも、タイトル負けな内容だとガックリするなぁ。と思って、手を出さずにいたところです。せっかくの読書の秋ですから、読んでみようかな。

いつも、楽しくて簡潔な感想を有り難うございます!
ほんとに助かってます!
  • by PON
  • 2019/10/03 12:28 PM
PONさん、こんにちは。

東京會舘は私もこんなに行きたい気持ちにさせられるとは思っていませんでした。
行きたい! ですが、やっぱりハードルが高そうなので、スイーツくらい………と思っています。

声のは、わりと地味です。
でもその分リアルなのかなと思います。
声優さんが解説も書かれていますしね。

全くもって、感想というには淡泊ですが、PONさんのお役に立てているのでしたら、なによりです。
  • by アヤ
  • 2019/10/06 11:23 AM
コメントする