「今日は救命の日だから早く帰るの」
と、宣言して退社してきました。

こんなにはまるなんて自分でもびっくりですよ。
「救命病棟24時」

今日の泣きポイントは、黒木先生(医局長)が家族(娘さんかな)と電話越しに話しているところ。最後のほうにあったシーンなのですが、それまでの医局長の姿や動きを見ていたら、かなりぐぅっと来ました。
好きなシーンはようやく進藤先生と小島先生が一緒に仕事をしているところ。そこで小島先生が結婚する決意を表明して、でも進藤先生は何も言わなくてそれでも視線だけで小島先生を追ったところがすごく好き。
仕事の上で対等になった感じが良いですね、この二人は。(でもやっぱり進藤先生のほうが上だと思うけど。経験値が違う)

ところで、実は代議士先生(名前忘れちゃった………。中村トオルさんが役)はほんっとーに嫌いだったんですが(しかも自分で行った言葉が別の人から自分に返ってきていたのを見て、ほーらね、とか思っちゃった)、最後はいい人になっててホッとしました。最後まで悪人というキャラも必要かもしれないけど、こういうドラマではそういう人をあまり見たくないから。
しかし、あのヘリは結局どこから調達してきたのかしら? 私が見落としているだけなんだと思うけど………。新聞記者、じゃない、よねぇ?
「救命病棟24時」、どっぷりはまってしまいました〜。
毎回、涙している私………。
今日の放映では、立ち上がった進藤先生が実は涙を浮かべていたところ、その涙が一粒だけ零れていたところ、そこで私も涙が。
小島先生が婚約者と連絡が取れなくて泣いているところよりも、そちらにぐっと来ました。
ちなみに一番好きなシーンは、小島先生のいる救命に運ばれてきた患者の応急処置をしていたのが進藤先生だったと解ったところ。カルテに書かれていたサインに目を瞠る小島先生。同じ現場に立っていなくても、繋がっている感じがして、こういう関係いいなぁって思いました。

ところで今回のこのドラマは大地震を軸に描かれています。
昨日(正確にはもう一昨日のことになりますが)は、阪神・淡路大震災の起こった日から丸10年を迎えました。去年の10月には新潟中越地方でも地震が。
余計なお世話かもしれませんけど、身をもって震災を体験した人たちが見るにはつらいのかな、と。
私なんか、ドラマを観て良かった、なんて簡単に感想を述べてしまいますが、そういうの無責任かなって思ったり。

………こういう考え方するのも、なんだか偽善っぽいのかな。

アンジャッシュのDVD観てます。
何度観ても面白いです。何度観ても笑ってます。オチが解っていても笑います。
これってすごいことですよね。
ちょっと前まではフットボールアワーが一番好きだった私ですが、最近ではアンジャッシュ。もう間違いなく、問題なく。

ということで、明日は(というか日付がとっくに変わっているので今日なんですね)ライブ。人力舎のライブなので、アンジャッシュだけじゃなくドランクドラゴンとか北陽とかも出るんですけどね。
んで、一つ懸念があるんです。

私、これまで一度も北陽のネタを観たことがありません。
どんなネタをするのかさっぱり知りません。テレビではよく観るのにねぇ。

まいいや。明日には判明するわけだし。
楽しんできまーす♪

最後の問題は面白かったと思うけど、番組全体としてはいただけなかったですよ、「JQ」。

特番だったのかな。
質問に対して4択で答えを出し、その答えが一番多いものが日本人の考えである、とまとめる番組。

問題に答えていくのはいいと思いますよ。
けどさ、一人一人生活水準も、考え方も違うわけですよ。似てる人はいるとは思いますけどね。厳密にはみんな違う。
それを一番多い意見が日本人の考えだと結論出すのは間違っていると思う。それに、4択だって答えがばらけて差もあまりないのに、それでも若干多いだけで結論にしてしまう。
そういうところが気に入らない。

まぁ、こういう番組に対して目くじらを立てるのも大人げないなーと思うんですけどね。でも、全然意味がないと思うんだもの。
勝手に答えをまとめるんじゃない。
そんなので日本人をまとめられても迷惑だ。

さんざん画一化されているだの、学校教育は個性をなくすだの、そういうことをやってきたメディアで、こういう番組を作るセンスがわからん。
この番組こそ、個性を殺そうとしているじゃないさ。
2時間もつぶしてまでやる番組か?

番組の最後のほうで、見事に全20問すべてにおいて日本人の結論とされた答えをはずした人がステージに上げられていましたが、本当あなたは見事だよ。そういう人が大変好ましいよ。

とかぶちぶちいいながらも結局最後まで(見始めは途中からだったけど)見てしまった私はどうなのよ、って話ですけどね。


ところで、今日のタイトルの意味。
一昨日、一昨昨日と夜更かしをして「遥か3」をやっていた私ですが、昨日はとうとう睡魔に負けて寝てしまったため、できなかったのよ、ということで。
こんななら、毎日無理をせずに確実にやったほうがよかったよね。

夜中に一人笑い声を立てて笑っていました。午前四時とかでした。すみません………。

何を思ったか、唐突に夜中の二時頃からお笑いのDVDを見始める私。買っておいて観ていなかった(ゲームばかりしていたからさ)「ジェットボールアワー04」とアンジャッシュの「クラダシ」。

フットボールアワーは漫才が一番好きだと言うことに気が付きました。漫才ばかり集めたのが欲しいです。
前作(というか、去年のライブ)でも思いましたが、なんとなく後半失速気味というか………。時折品が無くなるというかね………。最初の漫才とその次のコントまではめっちゃ笑うんですけどね。
パターンは踏襲してますよね。ライブ形式の。「れもんてぃーず」は定番ですか? 正直、一番苦手なんですけど………アンコールまであんの!? って本気で思ってしまったです。これって、「笑金」でヒロシがやってるコーナーと変わらないですよね。フットのほうが先にやり始めていますけどね。
あとは、即興でギャグを言うヤツ、前回もありましたよね。シチュエーションは違いますが。
好きなんですけどねー。漫才は、本当に。一度も相方の顔を見ずにやった電話相談ネタとかね。


引き続き、アンジャッシュ「クラダシ」。実はこれ、先日一番新しいDVD観るまで「グラタン」だと思っていました。そう見えないですか? 見えるでしょう? 見えますよね?
とりあえず、終わった後の感想は「短っ」。
あっという間でしたよ………。実際のライブではもうちょっとやってるのかな? ボーナストラックで入っていたネタも同じライブでやってるみたいなんですが………。しかもボーナストラックが一番笑いました。何度も声が出た………。
合計ネタ5本。うち、2本は観たことあるなー………と思ってたら、少し前に買って観ていた「爆笑オンエアバトル」でやってたヤツが少し変えられてたものでした。「爆笑オンエアバトル」のはすっごい古いヤツなんですけど、やっぱり少しずつ改良しながら今もやってるんですね。当たり前のことかもしれないけど。
ネタの合間合間にあるinterludeはうまいですよね。こういうの大好き! オムニバス形式というの。やっぱりアンジャッシュは私のツボを確実についてくるなー。
で、今年はこの人たち単独ライブとかしてないのでしょうか?(好きなくせにその辺のチェックは怠っている)DVDとか新しいの出ないのかなー。
とりあえず、年始のお笑いのには出るかな? 年明け早々に行くことになっているライブは彼らが出るので取ったんだよねー。楽しみだー♪
アンジャッシュの2003年ソロライブのDVDを水曜日に購入していたので、それを観ました。
アンジャッシュは言葉ネタといっていいものかどうかわかりませんが、日本語の妙をネタにしたコントが多いので、それが私のストライクゾーンにすっぽり収まっています。
特に携帯電話を使ったものが好きです。全然違う電話に出ているのに、会話が噛み合っているというの。どちらとでも取れる表現をうまく使ったものですね。
今日観た(夜中にビーズアクセを作りながら。最近ビーズを作るときのBGMにはお笑いライブが多いのです)ものの中にも、もろに「携帯」と題打ったコントがありまして。やっぱりこういうネタは秀逸だなぁと。特にこれが「うまい!」と思ったのはラストの締め。オチじゃなくて締め。おおー………と感嘆。
同じ系統で「相席」も好き。「変換」も系統としては同じですが、途中変換にしてはちょっと苦しいところもありました。いや、ある意味いいのかな。最近のパソコンは賢いので「お」を「を」に直すくらいはするかも? ………しないか?

ライブ全体を笑いで構成しているところもいいです。コントをするだけではなくて、会場自体に笑いを含んでいるとか。最初から最後までを笑いで包んでいるんですよね。細部までネタを仕込んでいる。
あー………生ライブ行きたいなー………。
でも行けないのでDVDで我慢。次はこれの前に出ているヤツにしよっかなー。


●11月26日23時頃:拍手くださった方、ありがとうございます。
購入してから数ヶ月。ようやく観ました! フットボールアワーの「ジェットボールアワー」。去年の単独ライブDVDです。

のっけから、昨日観た「笑金」でやってたネタでしたけれども(でも時間軸で考えると、ライブのほうが先。笑金では新作はしないんだ、と学びました)、ライブだから長いバージョンだったし、もっと面白かった。細部が違うところもあった。
あの漫才スタイルが2つと、コントスタイルが5つ。コントもいいけど、やっぱり漫才のほうが好きだなー、この二人。コントは概ね面白かったのですが、その中でも気に入ったのは「機密戦士グランドロン」と「王様になりたい」。
「グランドロン」では後藤さんのガラがちと悪かったのが気になるのですが、「手」の言葉の掛け合いが面白かった(←またへんてこなところがツボに入っている模様)。
「王様になりたい」は、普通っぽさが何かいい感じでした。普通の会話の中にある笑いというか。友達同士の会話という感じで。

1箇所、これは撮し方の問題なのですが、最初のほうで人の頭が画面半分以上に入り込んでいたのはいただけないんですが。誰じゃ、このー!
ジェットボールアワー、今年もやっているんですよねー。DVD化しないかなー♪

尚、次に観たいお笑いDVDはアンジャッシュー。でも彼ら、割と映像化しているのですよー。集めるの大変かもー。
ポルノの新曲タイトル。そして「一番大切な人は誰ですか?」の主題歌です。

観ちゃった。
主題歌がオープニングで流れるかエンディングで流れるかわからなかったので、最初から(5分ほどは見逃しましたが)観てました。
オープニングでは流れなかったので、早い時点でエンディングだろうと判断はついたのですが、面白かったのでついつい全部観てしまいました。このままだと、来週も観てしまいそうです。ドラマを毎回観るのって………去年の「末っ子長男姉三人」以来ですよ!(しかもこれも主題歌ポルノだった)
俳優さんたちが中堅どころばっかりで、そこのあたりも好ポイントなドラマ。
とりあえず、今回の感想としては、牧瀬さんがちょっと可哀想なポジションかなー、と。はてさて、この先どうなる事やら。

で、肝心の主題歌。
可愛い歌ですね〜〜〜♪ 早くちゃんとフルで聴きたいー。
でもシングル、発売日に買え無いどころか、例え買ったとしてもファンクラブイベントの翌晩まで聴けない〜〜〜。
うあーん。
うふふ〜。
とうとう手に入れました!

フットボールアワーの初ソロライブDVD「ジェットボールアワー」。
帰ってくるのが遅かったので(寄り道して買ってきたわけだしね)、まだ観ていないんですが。
どうしよう〜〜〜〜〜。めちゃくちゃ楽しみ〜〜〜〜〜〜〜〜♪
何でこんなに楽しみでにやけてしまうのか、自分でもわかんない。

はー。幸せ。


そしてふと思う。
私は幸せの沸点がすごく低いんじゃないかって。楽しいことの沸点とか。
何気ないことを妙に幸せに感じたり、楽しんだりしてる。
半分以上が一人で楽しんだりしているあたり、ちょっとアレですが。
燃費がいいよねぇ〜。

いやはや。

明日もこの幸せを引きずってそう………v
ああ、お手軽。


ところで、実はアンジャッシュのDVDも欲しいんですが。
既にソロだけで3枚くらい出てるのかな?(ちゃんと数えたことないんで適当ですが)
どうしよっかなー。
ようやく、二週間前に入手した「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」の赤と白+特典映像を見終えました。
昨日、日記をアップ後にすぐ見る予定でしたが、結局小説を2本書き上げたので、見始めが1時半とか、そんな時間でした。
鑑賞に入る前にビーズを広げて、ビーズアクセをしながらの鑑賞。(邪道)
赤は先週のうちに観ていたので白と特典映像を観たんですけどね、昨夜は。
何をカットして、どれが付け加えられていたかというのはすぐにわかりました。順番が替えられているのもありましたしね。

それらを踏まえて言うならば。

普通にお楽しみ頂くにはやはり「赤」で充分かと。
「赤」がお腹いっぱいなら、「白」は腹八分目ですね。
見直そうかなーって思うのはやはり「赤」のほうですしね。
間の空け方が違う、というか。
それでも特典映像は「白」のほうが面白く、特にモニター画面の映像はロングバージョンで9つ入っていたんですけど、裏話的な面白さがありました。

だからって、両方買う必要はないと思います。
映画を観たことあるからって、「白」だけを買うのもどうだろう。
どうせ買うなら「赤」を。

って、両方買った私が言うのもなんですけどね。
「踊る」じゃなくて「踊らされてる」じゃないか、って言われるのもしょうがないくらいなんですけどね。
いいんですー。買った本人は満足しているんだから。
それに買うとき、1本分は溜まってたポイントを使ったから、実質1本しか買わなかったのと一緒だもん!

ま、いずれにしても面白かったですよ♪

ちなみに、現在のBGMは「RHYTHM AND POLICE オリジナルサウンドトラックV」でございます。
もちろん当然のようにサントラはすべて網羅しております〜。


えーと。昨日はやらなかったアンケート返信です。
勇也と和希が一歩ずつ前進。これで勇也がロクに並びました。主人公の面目は保った? かな?