今日は真面目な話。

木曜日の帰り道、本屋へ寄りました。
金曜日の帰り道、コンビニへ寄りました。

同じものを見ました。

雑誌の上に、自分の物を置いて立ち読みする人。

本屋のほうは、男性でした。
アレは多分、洋服を買ったとおぼしき袋2個。
そして、立ち読みしている雑誌はファッション誌。
相当オシャレさんなんでしょうねぇ。
その人の格好を見ても、私はオシャレとは思えなかったんですが(多分好みじゃなかっただけ)。
オシャレには大変興味があるのでしょう。
けどさぁ、結局この人って外見だけの人としか思えないんだよね。
まず、商品の上に自分の荷物を置くという迷惑行為。
通路の上に置きたくないのは、きっと通路が汚いと思っているから。
じゃあ、自分で持ってろよ、と思う。
だって、その荷物の下にある雑誌、手に取れないでしょうに。
他の人のことも考えていない、商品だってことも考えてない、自己中極まりないでしょう。
外だけ整えてても、中身がこんなんじゃねぇ(=_=)

そして、コンビニ。
こちらは女性。
多分、待ち合わせ中。
雑誌の上に置いていたのは、車のキーとスマホ。
ここはあんたの机か!!(`_´)
これまたこぎれいにしたおねーさんでした。

なんかさぁ………。
どうしてこんなことが出来るんだろう。
もう充分いい大人なのにね。

靴について悩んでいます。
最近は、寝ても覚めても靴のことを考えています(大げさですが、概ね合ってます)。

私は、幅広、甲高、外反母趾なので、なっかなか合うのがありません。
お気に入りのを見つけても、靴のデザインの入れ替わりって早いし………。
そうでないのを見つけても、やっぱりいずれは販売されなくなっちゃう。
スニーカーとかはね〜安定の商品だけど、会社服に合う靴っていうとそのチョイスはねぇ………。
昔はやってましたが、最近はお年頃もあるので、服のほうに合わないこともある。
(関係ないけど、こないだ安くなってたコンバースのに可愛いのがあったなぁ………心揺れたぁ)

っていうか、世の中、なんであんなに先細りしてる靴ばっかりなんですか?
実は密かに、そういう靴をキツイと思っている人のほうが多いと思っています(^^ゞ

とりあえず、この秋のはこの間見つけてきたんですが、同じ靴ばかり履くのは良くありません。
なので、もう1足くらいは欲しいんですが………店頭ではなかなか見つけられない。
(デザインとかいろいろ総合するとね)
で、ネットで靴を買うべきか否か、ってことを悩んでいるんですね。
靴は、ちゃんと履いて買うのが鉄則だとわかってはいるんですけど、ネットで見つける可愛いのとか、安いのとか、心揺れる〜〜〜。
でも、なかなか踏み出せないネット購入………。

最近、デジカメの出番がめっきり減りました。
iPhoneでも十分用が足りるし、アプリで加工もできるし、お手軽ですしね。
高機能のデジカメもなかなか出番なし。
最近は、遠出するときも持ち出しません。
というか、東京とかばっかりなので、撮るものないというか(^^ゞ

そんな中………。

なんだか、気になるデジカメが!


キャノンのPowerShot N!

なにやらいろいろ自在に加工してくれるらしい!
1枚写真を撮るだけで、ほかに5枚加工した写真が出来上がるんだそうですよ!
トイカメラで撮ったようなものから、ズームも被写体に合わせてあげてくれたりするそうです。
面白い!

見た目も可愛いv

気になる〜〜〜(>_<)

でも、前述したとおり、デジカメをわざわざ持って出かけることもなく。
大枚はたいて買うこともなかろうよ〜と思ったり。

ちなみに、キャノンショップで限定販売中。
しばし考えます。
(と言ったときの私は、大概怪しいもんです)
いい加減、文房具カテゴリでも作ろうかしら(^_^;)

今日ご紹介するのは、4月に東京へ行ったときに限定デザインのを買ってきた、ココイロという可愛い筆(みたいな)ペン。
(レターペンって名乗ってあります)
呉竹さん、良い仕事してます!



一番手前のバンビ柄が限定柄。
中は筆ペン………ですが、毛先が固いです。
というか、筆ではない気がしますよ。
見た目は筆ですが、書き心地はかっちりとしたサインペンです。
かなり細いです。
オフィシャルでは硬筆と分類されています。
ちなみにこちらは、インクもセットになっていたので、中のインクカートリッジもデフォルトです。
黒インク。

そう!

このココイロは、外側と中のインクカートリッジが別売りで、自分の好きな色の外見に、好きな色のインクをセットして使うんですv
女子心をくすぐるデザインです。
インクカートリッジよりも、外側のほうがカラー展開が多いんです(16色)。
インクは12色+筆(こちらは本当に柔らかい筆)+水性ボールペン(0.3)。
こんなことなら、こないだ買い足した外側はもっと他の色にすりゃあ良かったです。
帰ってきて限定柄と同じベース色だったときの、軽〜いショックったら。

尚、ペンのお尻のほうでインクを観ることが出来るので、何色が入っているのかはなんとなくわかります。
ただ、写真で見たら全部黒に見えると思いますが(^_^;)

限定柄は先ほど言ったように、黒インクの硬筆。
隣の真っ黒(漆黒)ボディのは、黒の毛筆。
その隣の青(宵夏空)ボディのは、ブルーブラックの硬筆。
その隣、白(霧氷)ボディのは、クールグレーの硬筆。
そして最後は薄ピンク(恋桜)ボディのは、水性ボールペンです。

微妙に違うだけで、黒ばっかりですよ。
ちなみに、クールグレーの筆タイプも出して欲しいと密かに願っています。
薄墨、欲しいんだけどな〜〜〜。
こういう可愛いので!
(一応、ちゃんとしたのも持ってるんだけどさ! ぺんてるの)

それにしても、最近の筆ペンはスゴイですな〜!
地元の文房具屋さんは画材売り場にカラー筆ペンを各種取り揃えておりましたよ。
つい欲しくなりましたが、絵も描かないし、色鉛筆も持て余しているのに、いらんじゃろうと我慢しています。
ちなみに、買うなら呉竹のZIGシリーズにします。
買わないけど。
(でも限定セットとか出たらふらっと行きそう(^_^;))
ついでに言うと、ココイロもZIGのラインナップですよ〜。

外出時愛用のウォークマン。
USBメモリタイプので、購入が2008年の12月。
ほぼ毎日のように使って(使用時間はまちまちですが)、5年目に突入したところ。
去年の6月にはようやく表のカバーを交換して、心機一転したところ。

なんですが。

どうにも1ヶ月前くらいから様子がおかしい。
この数日、特に気になる。

バッテリー表示がおかしいのです。

充電しているハズなのに、液晶画面のバッテリーマークが点滅する。
点滅の時って、バッテリー残量僅かのお知らせだったと思うんですが、充電直後から点滅してる。
でも、点滅でもなかなか稼動してる。
ちなみに、フル充電って電源から取っても、2時間くらいはみておかなきゃいけないのに、すぐにfull表示になる。
で、点滅でしょ。
でも、なんか保つ。

結局、充電は出来てるの出来てないの、どういう状態なの??

とりあえず、使えているので使ってますが、これってやっぱり残り寿命が短いのかな〜〜〜(>_<)
操作には何も困るところはないんだけども。
充電だけが気になるところ。

ずっと愛用してきているだけに、愛着はかなりあります。
今や廃盤商品とかだと、余計に愛着が出ちゃう。
出来ればずっと使い続けたいんだけどなー。
充電出来なくなったらもう用を足さなくなっちゃう。
あと、どのくらい使えるんだろう………。


そんな私は、歩く時音楽がないと歩けないので(そんな体になってしまったのです!)、実は既に次期ウォークマンを用意しています。
えっと、家に置きっ放しの64Gのやつを少々前に買っているのですが、高かっただけにあまり持ち歩きたくなく(^_^;)
今のラインナップで一番小さいのの4Gを購入しました。
(3000円の商品券を貰っていたので、それを利用してみたり)
一応開封はしたけど、まだ出番待ちで箱の中です。
しかし、一番小さいって言っても、今のの倍はあるからねぇ………。
やっぱり、今のにもっと頑張って貰いたいわ〜〜〜!

※今日の内容は愚痴りなので、「ちょっと………」と思われる方は、この先ご注意ください。
しかも、かなり長いです。


どこの会社にも困ったちゃんというのはいるものだと思いますが、うちの会社にも少なからずいます。
偉そうなことを言う私も誰かに困ったちゃんと思われているかも知れませんが、そこはそれ、お互い様というか、いろんな人が集まるわけですから、しょうがないものだと割り切るしかありません。

で、今日の話は、私が困ったちゃんだと思っている人から、正面切って困ったちゃんだと文句を付けられたという話です。

どうやら、何年も前から思っていたというから、相当根深いんだろうな〜とは思いますが。
私が入社したときからいた人なので、それなりの長さにはなってくるんですけど、仕事上さほど関わりあるわけじゃなくて、単に同じフロア内にいるだけの人です。
ちなみに同性です。
2つ年上。

真っ向から言われたことは要約すると「声が大きい、動作がうるさい。だからイライラして、会社に来るのが楽しくなくて来たくない」ってことでした。

何言ってるんだ、この人? と思いましたね。
じゃあ、来なきゃイイとも思いましたよ。

確かに、私は声が大きいし、動きも大雑把だし騒がしいと取られることもあるでしょう。
けど、終始うるさいわけでもないし(事務仕事でどんだけバタバタしてんだよ、ってことになるでしょうよ)、声の大きさとかに関しては、人のこと言えないと思ってます。
大概、あんたもうるさいときあるよ、と。

で、いろいろ言い募っていましたが、半分聞き流してて、後々からじっくり考えてみました。

多分、うるさいと思っているのはイラッとする一因にはなっているかもしれないけど、この人は私のこと自体が気に入らないんだろうなーと。
で、それを最近決定づけるようなことがあって、我慢できなかったんだろうなーと。
こういうのって、いろんな事の積み重ねだろうし。
何かしら私に文句を言いたかった。
それのとっかかりにできるのがそれだったんじゃないかと。

思い当たることは諸々ありますねー。
もともと、自分の言うことを素直に聞く人じゃなきゃ気に入らないって人なんでね。
意に沿わない人を辞めさせたこともあるくらいだし!
そして私はそういうのに迎合したいと思わないし(迎合しなくても、仕事では一切困らないから)、必要も無く馴れ合いたいとも思わない。
それから、自分の思い通りに周りを動かしたいというか、自分が楽なようにやりやすいようにやりたいと思っている(のか、無意識なのか知らないけど)みたいで、そうならないと面白くないみたい。
最近、それが顕著に出る出来事がありまして。

会社内の改装があってそれに伴ってレイアウトが少し変わりました。
結果、共有のコピー機が私の机の近くに来て、私は大変便利になったんですが、彼女の席からは遠くなっちゃったんですねー。
それがすっごく気に入らなかったんじゃないかと。
それは別に私が「ここに置いて下さいー」って言ったわけではありません、もちろん。
その配置を決めたのが、私の直属の上司と、総務の課長でして。
上司はともかく、総務の課長とは割と意思疎通もうまくいっているゆえに、良い関係性にあるのが、もしかしたら贔屓されているように見えたのかも知れません。

コピー機は単に、人の通りの邪魔にならないところに移動しただけで、他意はないんですが。
それをどう見て取るかは、人それぞれですからね。
それに、言わせて貰えば、贔屓されていると感じるってことは、逆を返せば自分が贔屓されていない(っていうのも変な言い方ですが)と感じるってことですよね。
そもそも、贔屓とか会社の中であるのはおかしい話なんですけどね。
それでも人と人との関わり合いで仕事ってのはやってるわけだから、そこにはどうしても人情というのが介在します。
そこを円滑にすることで、仕事をしやすくするのは当然のことで、仕事上関わっていくのであれば尚更そこには気を遣います。
私だってそういうふうにやってきた上での、今の関係性があるわけですが、こちらから見て彼女はその辺を怠っているとしか思えない。
軋轢を生みたくてやっている人はいないと思うんですけど、常日頃から自分にいいように事を運んでいる人が、いい関係性を作れるわけがないじゃないですか。
むっ、と思っている人は私以外にもいるんですよ。
全員に集計取っているわけじゃないですが、総務課長を含めて他にもそう思っている人はいるんです。
自分に良いようにやるなんて、自己中極まりないし、それは自然と外に出るわけだし。
でも、きっと彼女は自分自身ではそのことに気付いていないんでしょうね。
ちゃんとやってると思ってる。

あと、言われた中で覚えてるのが、お喋りが多いと。

あのさぁ………こっちも勤続年数大概あるんでね、そんなぺちゃくちゃやってないですよ。
そりゃあ、ゼロとはいいませんよ。
コミュの一環でもありますしね。
でも、それもお互い様でしょうがよ。
アナタは人に色々言えるほど、品行方正なんですかね? って問いただしたいくらいですが。
これについても、もしかしたらって思うことがあります。

ポジション柄、割とあちらこちらから質問を受けたりすることがあります。
自部門以外にも横の繋がりから、質問されることがあるので、まま人が訪れます。
それが面白くないんじゃないかなーと。
彼女のとこにはあんまり質問する人がいないのかも、と。
ちゃんと観察してるわけじゃないし、そういうのを比較するのもどうかと思うけどね。
それに、私だって人望があるとは思ってません。
話しやすい人かって言われたらそうじゃないと思うし、そういう意味では彼女のほうがしゃべりはうまいしね。
でも、そういうふうにしてきたのって、結局その人がそれまでどうしてきたかっていうのと直結すると思うんだ。

結局のところ、そうなってしまった原因って自分自身にあるんじゃなかろうか。

と、推察したので、「ああ、この人は可哀想な人なんだな」って上から目線で思うことにして溜飲を下げました。

しかしながら、真っ向からこちらのことを否定するようなことを言われるのは、堪えないわけがないので、ここで晒してみました。
昨日のうちに友達には晒してるけどね。
ま、これからも彼女のことは気にせず仕事しますけどね。


継続は力なり。

この言葉を初めて聞いたのは、多分、中学生の時だったと思う。
それが誰だったのか思い出せないけど、先生だった。女の先生。

で、この年になってくると、ひしひしとその意味を体感するわけで。
遅いとは思うけど、それなりに年数を重ねて生きてくることで感じることなんだと思う。
当時は、コツコツと勉強しなさいって意味で言われてるはずなんだけど、勉強したいなんて思ってない当時の私には、まさに馬耳東風。
言葉は頭に残っても、実感には至らない。
それが、今になってようやくわかるとはね。
先人の言葉にはちゃんと意味があるんだから、今はわからなくてもそれを信じてやりなさいって、今なら言える。

さて。
それをひしひしと感じてしまったのは、文章を書くということでした。
最近、ここもサボりがちで、書いたと思えば結構誤字脱字がある。
(後から発覚するので、もう修正もしない)
時々文章もおかしいし。
メールの文章も最近おかしいことがある。

で、思ったんだ。

私、へたくそでも中学生の頃から文章を書き続けていたんだよね。
それって、それなりに意味があったんだってね。
書き続けてたから、それなりの文章を書けてきたんだなって。
文章を書くということ自体は、会社でも認めて貰えるくらい、まっとうにやれてたんだけど。
最近、ちょっと怪しいんだよなー。
なので、これはまた修行せねば、と思います。
手っ取り早く、何かの話を書き上げればいいわけでして。
年内に一つくらい文章を書きたいですねー。
今、ネタ一個もないけど(^_^;)

そうそう。
リアルに対外的には小説書いてることなんて言ってないので、私が文章書けるのは本を読んでるせいだって思われてますが。
それは違ったんだとも、つくづく思いましたね。
読解力は付くけど、文章を書くことって、読むだけじゃだめなんだわー。

あ、ちなみにこれはあくまでも私の実感。私だけのことですので。
他の人がどうかなんて、調べたこともないからね。

一日空いちゃいましたが、忘れてはいませんよ!

今年の手帳関連のこだわりどころ!



それはペン!

4色ボールペン+シャープペン。
ボールペンにはもともとこだわりがあって、極細5ミリが必須。
筆圧が強いので、7ミリだと細かい文字が書けないんだ。
で、このボールペンはそれをクリア。
でもね、5ミリなら他にもあります。
実際、会社で使ってるのは5ミリのSTYLE FITです。
これが実に使い易くてイイd(^_^o)
オススメです。

ですが、手帳には向かなかった。
どうしても4色ボールペンが欲しかった。
緑が欲しかった。
STYLE FITだと、ボールペンのレフィルには緑がないんだよね〜(。-_-。)
で、探しに探して見つけたのが、これ。

実は〜。

1000円もした!!( ̄◇ ̄;)

使用頻度の下がった手帳にこの金額のボールペン!

でもいいの。
こだわり抜いた結果だから。満足(o^^o)

ちなみに、なんで4色かというと、今、4色ボールペンで可愛い絵を描くとか流行ってるので、やっでみたくなったから!

絵心、ないんだけどネ♪(´ε` )
好きな色は? って訊かれたら、オレンジと答えちゃうくらいには、好きだと思うんですが、気が付けば、身の回りには一個もオレンジのものがありませんでした(´・_・`)

スマホカバーから携帯電子機器は大凡ピンク。
バッグインバッグも化粧ポーチもピンク。

愛用のバッグはキャメルなので、少しオレンジに近い。か?

部屋の小物や電子機器は白か黒。
インテリアグッズもナチュラルカラーで、オレンジなぞ、一個もない。

これで、本当にオレンジ好きだと言えるのか!?

というわけで………。



少し気が早い来年の手帳です!

来年のは今年の反省を踏まえて薄っぺらくしました。
マンスリーとメモしかありません。
これまでこだわり抜いて来た、手帳後半部分の見開き左がウィークリー、右がメモ。
しかしながら、今年右のメモを殆ど使わなかったので、軽量化を図った次第です。
あ、薄いけど、メモページ自体は結構ありますよ!
そして、サイズも文庫サイズからA5サイズになりました(o^^o)

そして、今回は別のところに拘ってみたり。
それがどこなのかは、気が向いたら明日以降のここで明らかにします☆〜(ゝ。∂)

この手帳は9月から使えるので、早速入れ替えますよー。
手帳アプリを捜しました。
求めるものはありませんでした。

私はスケジュールよりも体調というか、まぁそこらへんのことを書き込むほうが多いので、自分にわかるマークなり、色づけ出来るような、シンプルなのが欲しかったんですけどね。
スタンプというかマークとか出来るのはありますが、デザインがちょっとねー(=_=)とか。
いや、そこまでは求めてないとか。
痒いところに手が届かないとかいうレベルではなく。

結局、使いやすいっていうのはアナログなんだな〜と思います。
自由度の問題ですね。
好きなように線を引っ張ったり、メモしたり。
手書きアプリがあるくらいですからねぇ〜〜〜。
結局アナログは必要ってことです。

ガラケーの時もそうだった気がするんだけど、携帯一つでオールインワン、みたいなんありましたよね。
だけど、私は割と逆行していて、音楽プレイヤーは別だし、お財布ケータイもしてないし、ケータイにポイントカードを組み込んだりもしてないし。
全てが1個ですむというのはなんとなくスリムな気はしますけど、その分容量もバッテリーも喰うわけだし、なんでもかんでも入っているよりは、その機能に特化したものを別に持っている方が、機能的にももちろんいいと思うし。
だから、持ち物が減らないんですけどね(^_^;)
物を減らそうキャンペーンとか言ってる人のライフスタイルがもう物減らせない状態。

シンプルにいきたいとは思うんですけどねぇ〜〜〜。