熊本に「武者がえし」というお菓子があります。パイ生地で作られ、四角に折りたたまれた皮の中に、薄紫色の餡が入っています。餡が昔から嫌いな私でも食べられる甘さです。何で餡が嫌いなのかは最早よくわからないのですが、物心ついたときからあんまり好みではなかったようです。たい焼きも外側だけでいいとか言ってたし。甘過ぎるんですかね、餡が。善哉とかも嫌いですしね。お餅だけでいい。小豆自体あんまり好きじゃないしね。従って和菓子も好きなものが少ないですね。
そんな私でも、食べられる数少ない餡入りのお菓子です。それどころか、熊本のお土産といったらこれが良い! というくらいなのです。
そして、先日この「武者がえし」を頂いて、うきうきと食べたんですが………。

あ・ま・い。

なんか非常に甘いんですが? 余韻を楽しむとかじゃなくて、最後の一口はお茶で流し込んでしまいましたよ!
んでもって、これはせんべい布団か!? と思ってしまうくらいに薄くなった気がする………。従って、何だか固くなったようにも思えるのです。前はもう少しふわっとしていたと思うの。外側がパイ生地だから、そりゃあふわふわというわけにもいかないですけどね。

変わっちゃったのかしら………。

そう思ってみると、「武者がえし」に限らず、じわじわと以前から微妙に変化している食べ物って他にもありますよね。良いほうへ変わっているのならまだしも、一回り小さくなった上に値段も若干上がってるとか。
なんか、そういうの悲しいなぁ。
さて、復活しました。お取り寄せプリン。
今回は、菓宗庵の「名古屋コーチンレトロプリン」です。

その名の通り、昔懐かしいお母さんの手作りプリン、という感じです。甘過ぎないですね。カラメルも特別苦いわけでもない。カラメルなくてもいいんですけどね、お母さんのプリンだから。
名古屋コーチンを使用しています。あの有名な鶏ですね。
でも、正直な話………名古屋コーチンの卵を味わったことがないので、名古屋コーチンであつ必要性を感じないのです。というか、味の違いがわからないかも。コーチン使わなくても、私にはわからないかもしれない。
まぁ、コーチンはともかく美味しいと思います。お値段もお取り寄せにしてはお手頃。
あとは器が特徴的かな。プリン用に陶器の器が使われているんですが、ちょうど湯飲みサイズなんですね。湯飲みに使うには薄いから熱くなるだろうな、と思いますが。インテリアにしても可愛いと思いますよ〜。

今週のプリンは、パステル「窯出しなめらかプリン」です。敬老の日ギフトで定価より安く販売していたので飛びついてみました。
小振りな、デザートにちょうどいい感じの大きさのプリンがココット皿もどきに入って、10個セット。
実はちょっと心配していました。何にというと、賞味期限。
だって水曜日の今日午前中着の商品が、金曜日に発送されていたのですよ! まぁ………連休の兼ね合いもあったのかもしれませんが………。で、クール便で届いたプリンを開封してみてびっくり! 真空パックされていました! ちょうど布団圧縮袋みたいな感じ………。これなら大丈夫なのかも、と変な納得をしてしまいました。でも、賞味期限は明日まで………。ま、小さいし、友達と半分こだし、家族にも分けるからあっという間になくなりますけどネ。

何はともかく食してみました。
カラメルは自分でかけるようになっています。あんまりカラメルは好きじゃないので(だって苦いの苦手〜。私の場合、それでプリンの味が半分わからなくなってしまうし)、まずはカラメルなしの状態で一口。

蕩ける〜〜〜〜〜!!!

うまーい! うまいですよ!! 美味♪♪
ちょっと甘いけど、それはご愛敬。正直、今までのNIKKEIランキングの中で一番かも〜。

でも、それはカラメルをかけるまでの話………。

カラメルをかけてみました。

激甘!!

カラメルかけたのに、何で甘さ倍増!?
慌ててカラメルかかっちゃった部分だけ先に食べて(そういう偏った食べ方をするので益々甘い)、カラメルのかからなかった部分をゆっくり食しましたが………カラメル体験後はさほど甘さもなく………。

時間をおいて改めて食べたら(もちろんカラメルなし)、やっぱり美味しかったです。


web拍手返信
9月17日16時台:お礼が遅くなってごめんなさい。最近魔法屋どころかオリジナル小説放置気味なんですけど、ご期待に添えるよう頑張ります〜! 嬉しいお言葉ありがとうございました♪

一言フォーム返信
9月20日:コルダ新作にコメントありがとうございました。まさに、そういう火原を書きたくて書いた話だったんです! 何よりも香穂子を優先したい火原を。こういう火原は好きなのでまた書けたらと思います♪

本日のプリンは、NIKKEIプラス1ランキング2位、横浜・マーロウのカスタードプリン。
特製のビーカーに入っています。
これが大きい!
いや、そこそこでかいだろうとは思っていましたが、これほどまでとは………。200mlですって。
午前中に届いたので、早速11時半近くになろうかという時間でしたが、待ちきれずに頂きました。
甘さは控えめ。カラメルは苦め。とろける、という感じではないですが、美味しかったです。でも、量が多い。おやつの時間に少しずつ食べるのがちょうどいい食べ方だと思われます。昼前に食べた私はお昼御飯が入りませんでした。

プラスチックのような硝子製のビーカーは店に持っていくと200円還付金があるそうですが、到底無理! 持っていくなんて出来ません。その交通費が半端じゃないです。
それで、一個の単価が大きいのは、サイズのせいもあるけど、この特注ビーカーのせいが大きいんだろうな、と思います。600円とか700円とかするプリンですもの………。
こちら別売りで蓋もあるんですよね。今回は注文しませんでしたが、次に注文することがあったら、頼んでみてもいいかなと思います。何か物を入れるのに使ってみようかな………。
先日。
「NIKKEIプラス1」(日経新聞に土曜日付いてくる別紙のようなもの)の何でもランキングにてお取り寄せプリンが取り上げられていました。

プ〜リ〜ン〜〜♪

ということで(どういうことで?)、ランキング1位から10位までのプリンをお取り寄せすることになりました! そんなにうまいプリンなら食べてみようと言うことで。
送料や注文数を考えると1個2個頼むわけにはいかないので、友達と折半でございます。

そして今日、ランキング1位の「ふらの牛乳プリン」が届きました!
早速食してみました。

牛乳瓶に入っています。意外にちっちゃい? だって、牛乳瓶というから、ほら朝の牛乳配達で使われるあの瓶の大きさを考えるでしょう? まぁ、それだけたくさん入っていると、かなりもったりしそうな気もするので、大きさ的にはちょうど良いかも。
プラスチックのふたを外すと、そこにはとろ〜〜〜りとしたプリンがぎりぎりまで入っています。とろとろです。プリンというかクレームブリュレみたいですよ。焼いていないだけで。
特製の柄の長いスプーンですくっていただきます。
濃い〜。甘い〜〜。まったり。
濃いのは良いのですが、ちょっと甘すぎたかも。喉が「えへんえへん」としたくなりました。もう少し甘さ控えめでもおいしいと思います。カラメルのところまで辿り着いても甘いんですもの。
でも後を引かない甘さですね。
………がっついて一気に食べるんじゃなくて、お喋りしながらちょこっとずつ食べるのが良いかもしれません。今日は都合上、ささっと食べなければならなかったですし。もう少しちゃんと味わえ、ということですか。
んま、6本入りを二人で分けたので、あと2本はありますからね。それはゆっくりいただきましょう。

ちなみに今回は北海道からのお取り寄せ。プリンが1600円くらいだったのに対し、送料が1100円もしちゃいます。プリンだけじゃもったいないので、焼き菓子セットも一緒に注文しました。いろんな焼き菓子がひとつずつ、9つも。こちらはどうなのかしら〜。