予告通り、10月は読書が余り進みませんでした。

今月は開放感からガッツリ読んでもいいんだけど、今読んでるシリーズがなかなか進まない(^^ゞ

でも、遠出が多いので結構読み進められそうな予感もありますよ。

持って行く本を厳選しなくては。

調子に乗って、今や積ん読本が232冊。

ホントに、どうするんだろうか、私。

 

読むしかないけど。

 

2016年10月の読書メーター

読んだ本の数:4冊

読んだページ数:1313ページ

ナイス数:59ナイス

 

罪の余白 (角川文庫)罪の余白 (角川文庫)感想 割と手垢のついたネタかと。いじめによる他殺というのは珍しいが、咲と真帆については、こういう子はよく物語の中に見る。早苗はなかなかみないキャラクターではあったが、この人でなきゃ、というのはなかったか。とはいえ、するっと読めるくらいには面白かった。

読了日:10月6日 著者:芦沢央
悪いものが、来ませんように (角川文庫)悪いものが、来ませんように (角川文庫)感想 前作より面白かった。違和感をずっと感じながら読み進めていたのですが、クライマックスで驚かされた。梨里の年齢についても全く気付かず。友達みたいな〜とは聞くけど、それを越えていた。母娘の関係って様々とはいえ………。

読了日:10月16日 著者:芦沢央
時限病棟 (実業之日本社文庫)時限病棟 (実業之日本社文庫)感想 前作と舞台は同じだが、それから5年後のことで事件の内容諸々も違い単独で読んでも問題なし。流行りの脱出ゲームと絡んだ作りは面白いが、刑事の視点を入れずに謎が明らかになると良かった。ラストの畳み掛けは見ものだが。

読了日:10月19日 著者:知念実希人
探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて (幻冬舎文庫)探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて (幻冬舎文庫)感想 気楽に読めた。ホッとする。3話目4話目のトリックはちょっと雑じゃないかと思わないでもなかったが、それも含めての気楽。この凸凹コンビの話はもっと読みたい。小学生に振り回される主人公も珍しくはないが、いいコンビ。

読了日:10月24日 著者:東川篤哉


読書メーター

試験の翌日から研修があって上京していたので、そのついでにちょっとだけ羽を伸ばしてきました。

一泊だけしたので、一日と数時間。

 

研修終了後、ホテルにチェックインしてから友達と待ち合わせ。

日本橋千疋屋のカフェにて夕食です。

その前にCOREDO室町で、前回はまった芋けんぴを購入しましたよ。

今回乗り換えが割とスムーズ、しかも乗ったメトロの車両がCOREDO室町側だったというラッキーもあって、予定より早く着いたり。

気持ちいいですねぇ〜〜〜。

大体、真逆の方向に出たりするんですよね、私。

 

芋けんぴと友達へのお土産を持って、いざ合流。

千疋屋ではカフェメニューの、マンゴカレーを頂きました。

あと、プリンアラモードをシェアして、夕食満喫。

千疋屋のフルーツはどれも美味しい〜〜〜(≧∇≦*)

ちなみに平日の夜なので、大変空いておりました。

前回もここへフルーツサンドを買いに寄ったんですが、夕方でもめっちゃくちゃ混んでいたんですけどね。

 

この日はごはんだけで友達とは別れました。

翌日も逢う予定でしたしね。

 

この後は半年に一度の贅沢となった、資生堂パーラーで手焼きクッキー(&お土産)を買いに銀座へ移動。

その途中、横断歩道で、見間違いではなければ小澤征悦さんとすれ違いましたよ。

夜だったからかわからないですが、周りの人は誰も反応していなかったので、そっくりさんかとも思いましたが、テレビで観るのと同じ顔だったので、多分間違いないです。

東京に遊びに行ったくらいでは、なかなか芸能人をお見かけすることはないので、これはラッキーでした。

資生堂パーラーの後は、有楽町の無印で急遽入り用になったものを購入し、Mujiカフェがあることを知り、ついついパンを買ってしまいました。

翌日の朝食になりましたけれども、美味しかったなー。

 

翌日は新宿へ〜。

待ち合わせは13時だったので、チェックアウト時間から外に出ると11時には余裕で新宿に着いちゃうんですよね。

で、注文していたものを引き取りにヨドバシへ行き(そのつもりで新宿のお店に依頼していたのです!)、紀伊國屋書店新宿本店へ行ってきました。

昔の本屋さんの匂いがしました。

久しぶりにこういう匂いを嗅ぎました。

地元の本屋さんは軒並み綺麗だし、リニューアルしたりだし、小さい本屋さんはなくなってるしな………。

で、本を買った後、ずっと履いてきていた靴で靴擦れを起こし、近くのマルイで靴購入。

履き替えて意気揚々と再出発。

しかし、後は何をして過ごしたら良いかわからなかったので、スタバでフラペチーノを買ってその2FにあるTSUTAYAのブックスペースで本を読みながらまったり。

13時よりは少し早く友達と合流して、予定していたランチへ。

J.S.バーガーズで高級なハンバーガーを大変美味しく頂きました。

ベーコンエッグにしたんですけど、半熟のエッグがはみ出して流れちゃってソースと混じって、それをポテトに付けて食べるのが美味しかった〜〜〜(〃'▽'〃)

ハンバーガーも美味しかったですよ!

モスの倍のお値段くらいしますけどね!

モスでも高いな〜って思うけど、このお店はこちらに来ないとないから、遠出した時だけの贅沢ですね♪

ゆっくりランチを食べて、喋って過ごした後は、NEWOMANやら高島屋の地下やら伊勢丹の地下やらを廻って楽しみました。

デパ地下の楽しみは都会にしかない!!

 

そういえば、伊勢丹ってTポイントが貯まるし、使えるんですって! 素敵!!

 

伊勢丹付近で友達と別れて、後は空港に向かうだけ。

最近いろいろと話題のバスタから空港へのリムジンバスに乗りました。

確かに、バスタ周りは混んでいた!(平日夕方だし)

途中から寝ちゃってて、気付いたら羽田でしたけどね。

 

空港ではもうお土産を選ぶ必要もなかったので(そのためのデパ地下巡りでもありました)、始めてラウンジを使いました。

搭乗口からは少々離れていましたが、少しの時間でも寛げました。

そこで、研修で一緒だった隣県の人と偶然遭遇したり。

友達が持たせてくれた千疋屋のフルーツサンド(半分が期間限定の無花果と柿の)を食べたり。

1時間もなかったので、あっという間でした。

今回利用した飛行機がJALのだったので(会社の用事の時はJALを使います。プライベートはANA)、今度はANAで使ってみたいですね。

次の上京は未定ですが。

研修は次もありますけど、今春のようにプライベートだけで上京してゆっくりしたいんだけどな〜。

そしたら、今度は横浜まったりを久しぶりにしようかな、という気になっています。

今やってるドラマ「逃げ恥」の舞台ががっつり横浜なので、地元民じゃなくても気付いてしまう、なんか無理のある使い方をされているロケ地を巡ってみたい。

真新しさはないんだけどね!

ガッツリ横浜とガッツリNISSANだよね、このドラマ。

ガッキー可愛いし、のんびりまったり観られるし、なんだかんだ面白い上、来週が気になってしょうがないくらいに嵌まってるんだけどね。

 

あと、次回はやってみたいことがあるのです。

これは多分、誰にも同意して貰えなさそうなので、完全一人旅になりそうですが(久しぶりに)。

 

 

こんな本をつい最近買いました。

これ、どうも夏には発売されいたらしいんだけど………。

ほぼ東京のお店がピックアップされているので、普通だと全く手に取る本ではないんですが、サンドイッチに惹かれてしまいまして。

で、これを読んでいたら無性にサンドイッチを食べたくなったので、次回の上京ではサンドイッチ巡りもしてみようかと思っています。

朝昼晩ず〜っとサンドイッチを食べようかと。

サンドイッチを持って横浜に行って海を観ながら食べてみたり、食べ比べしたり………ワクワクしますo(^o^)o

3月の気候では吹きさらしでの公園ランチになるかもしれませんが。

まぁ、どうなるかわかりませんけどね。

どこも行かずに自宅でまったりしております。

ちょうど一週間前に試験を終えて、もやもやした開放感に包まれております。

ええ、今年も「また来年」で終了しました。

今回は今までにないくらいやってみましたが、まだ足りていなかったようです。

というか、やってもやらなくても大体同じ点数しか取れないのであれば、そもそもこの試験と私の相性は最悪なのではないでしょうかね。

 

ちなみに、今回の勉強グッズ。

 

 

一番左にあるのは、所謂大人の鉛筆ですが、pencoのもので、ペン先(?)とノック部分は真鍮製。

指が当たるところは擦れちゃったりして、実に良い味が出てくれる素敵な代物です。

ロゴも薄れちゃったんですけどね(^_^;)

勉強期間中に使用した分だけ芯の削りかすを貯めてちょっとした願掛けしてみましたけど、ま、自己満足でしたね。

 

でも、とりあえず終わったので!

本を読むとか、ゲームするとかして過ごしましょう。

といっても、まだあんまり取り組めていませんが。

試験終わった翌日から研修で東京行ってきてたり、今度の週末には結婚式があったり、まだ落ち着かない。

来月になったら、会社イベントもてんこ盛りだし。

休みには休むけど、年末までは落ち着かないんだろうなぁ………。

映画も行きたいけど、私が一番好きな時間帯(火曜のレイトショー)には11月いっぱい行けそうにないし。

旨く時間を使わないとね。

9月は読みましたよ〜〜〜。

 

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3741ページ
ナイス数:97ナイス

眠りの庭 (角川文庫)眠りの庭 (角川文庫)感想
叙情的な中編2話。繊細で薄暗い雰囲気が何故か綺麗に思えてくる。小波は恐ろしい女だと思った1話目、その小波も足掻いてるのかもと思う2話目。雰囲気を楽しむ小説かも。しかし、女子校は何故こうもミステリアスに描かれてばかりなのか。
読了日:9月3日 著者:千早茜
つめたい転校生 (角川文庫)つめたい転校生 (角川文庫)感想
この作家さん2作目にして、作風を理解する。ファンタジー要素が必須。この一冊がそれを表している。人外のものと人との恋愛譚。そこにほんのり、なかにはがっつり謎が絡んだり。なんとなく先が読めるが、気楽に読みたい時に楽しめる。
読了日:9月5日 著者:北山猛邦
連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)感想
どんでん返しがあるとわかっていたのに、三度のどんでん返しにまんまと嵌められた。終盤は痛々しいを通り越して、この人なんで生きてるんだろう、と不思議に。因果応報、でようやくスッキリ解決。だが、一番怖いのは善良をかさにきた人というのが残ってしまった。
読了日:9月7日 著者:中山七里
砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)感想
ラストが急に曖昧になって、そこだけ読み返した。誰が誰でどこに繋がるかはわかったけど、もやっとする読後。結局UFOて、もろもろ支配するもののこと? 事件が発覚するところまでは面白かったのに。いっそイヤミスに仕立て上げてた方がすっきりした。なんか、痛かった。
読了日:9月7日 著者:竹宮ゆゆこ
神様の裏の顔神様の裏の顔感想
裏の顔を持っていたのは実は………という話。もう少し、ラストで衝撃の強いものが欲しかった。一つ一つの事件の真相は推理ものとしては雑なところもあるが、見所はそこじゃないのでいいのか。偶然だが、最近多重人格な話ばかり読んでいる。
読了日:9月12日 著者:藤崎翔
GIVER 復讐の贈与者 (角川文庫)GIVER 復讐の贈与者 (角川文庫)感想
物語が遡っていく展開。読み進めていくうちに、「会社」のメンバーが増えていくのがわかって、ギバーがどう生まれたのか気になって気になって、ページを繰る手が止まらなかった。ギバーの視点がないのは、ギバーの特殊性によるものか。他の話も読んでみたい。
読了日:9月14日 著者:日野草
ゴースト≠ノイズ(リダクション) (創元推理文庫)ゴースト≠ノイズ(リダクション) (創元推理文庫)感想
比喩か比喩じゃないのか探りながら読み進め、淡々と目まぐるしく起こる事件に引きずり込まれていた。ヒロインに起こることがてんこ盛りすぎる。苦い青春ミステリ。タイトルは解説を読んで納得。凝ってる。
読了日:9月15日 著者:十市社
小説の神様 (講談社タイガ)小説の神様 (講談社タイガ)感想
熱い青春小説。主人公たちが小説家で幾分特殊な設定ではあるが、置き換え可能。小説はやはり苦しまないと書けないものか。主人公がかつての文豪たちのようなイメージ。鬱々としていて、少々苛立つ。友人である九ノ里が良い。
読了日:9月19日 著者:相沢沙呼
([さ]8-1)スクールポリス (ポプラ文庫)([さ]8-1)スクールポリス (ポプラ文庫)感想
ザッツ、エンターテインメント。映像にも映えそうなキャラと設定。自分の立ち位置でそれぞれに事件と向き合うのがわかりやすく、興味深い。学校が内包する問題は数多くあるが、スクールポリスの存在でそれが全くなくなってしまう、なんてことはないだろうけど、この先どうなっていくのか気になる。
読了日:9月20日 著者:佐々木充郭
白銀の逃亡者 (幻冬舎文庫)白銀の逃亡者 (幻冬舎文庫)感想
ちょっとライト。エンタメ感バリバリ。するっと読めてしまう。予定調和というか、定番の展開なので、安心して読了を迎えられる。ウィルスに侵された後、変異して異能を身につけ生存したというのが、バイオハザードっぽいけど、もっと単純明快。
読了日:9月23日 著者:知念実希人
誘拐ラプソディー (双葉文庫)誘拐ラプソディー (双葉文庫)感想
荻原さんらしい、人生を見直す話。主人公には心からうんざりするが、やり直す気になったようでなにより。親方が義理人情に厚い人で良かったね。そんな主人公がある意味引きが強くて、おかげで笑わせてもらった。
読了日:9月24日 著者:荻原浩

読書メーター

 

10月はどうかなぁ………。

試験が再来週にあるので(! 今日気付いた)、あんまり進まないかな。

 

 

そういえば、クレカが不正利用に遭いました(゚◇゚)

限度額を超えて使用されてバレたわけですが、カード会社から即刻電話がありました。

お心当たりは〜? って。

利用開始して年数の短いやつだったこともあって、限度額が低くて良かったかも。

どこで情報抜かれたんだろう………。

あんまり使ってないほうのカードだったんだけどな。

とりあえず、このカードはしばらく使わないでおこう。

もともと、さほど使ってなかったからいいんだけど。

それでも、いくつか引き落とし用にしていたので、しばらく面倒だな〜〜〜。

(引き落とし先変更したけど、すぐの支払いには反映されないみたいなんだもの)

■iPhone7になりました。

今回は、ネットで手続きをしてみました。

新機種の予約はせず、発売日である金曜日にネット注文&申し込み。

しばし音沙汰はなかったのですが、翌週の木曜日に本体の発送連絡。

金曜日に到着………でしたが、不在で受け取れず(^_^;)

というわけで、土曜日の午前中に受け取りました。

土曜日は午後一に予定があったので、それが終わってから切替設定。

iPhoneからiPhoneの機種変は2回目ですが、なんかもうなんだろうこの手軽さ!

中身をごっそり新機種に移動しただけで終わるという………他にやったのはWi-Fiの設定とメール設定だけ。

楽ちんでした(*^▽^*)

 

ちなみに、使い心地はあんまり変わりませんが、ホームボタンの仕様にまだちょっと慣れてない。

やっぱり「押した」感は欲しいです。

5Sからの7なので、画面のサイズとか綺麗さとかはわかるんですが、6からだとあんまり代わり映えしないんじゃないでしょうか………といらぬ心配。

 

 

■Wi-Fiルーターの背面がふくれた!

それに気付いたのは、iPhoneにWi-Fi設定をしたとき。

それまで、ルーターの背面は観ても居ませんでした。

普段は持ち歩かないし、最後に持ち歩いたのは3月だったかな。

熱と暑さでふくらんだのではないかと思われます。

怖い怖い怖い!

今日、ショップに行って交換の相談をし、結果自分でセンターに交換依頼をかけました。

確かに背面は弱っちそうなアルミっぽいもんな〜〜〜。

こういうのにそういう仕様なのはどうなの?

尚、交換の品が届くのは木曜日の予定です。

 

 

■近所のTSUTAYAがつぶれた!

学生の頃から愛用していたレンタル&本屋。

(レンタルは一度も利用したことありませんが)

近くにあった他の地元のレンタル屋さんが、とうとうTSUTAYA化してしまい、立地の面からもそちらに軍配が上がっているのはわかっていましたが、とうとう閉店してしまいました………。

というか、そのニュースを今日知りまして、知らないうちに閉店日を迎えていました。

その一週間前くらいには立ち寄っていたのに!

本のラインナップ(特に新刊)においてはとっても満足していたのに!

そのために、歩いて帰るときには寄り道コースに入れていたのに〜〜〜(゚◇゚)

近くにある残ったTSUTAYAのほうは、売れ筋しか置かないみたいでね………時折マイナー指向を発する私としてはあんまり満足ではない………。

会社帰りだったら駅前まで出るのにはさほど時間もかかりませんが、通り道(少し回り道だけど)に寄るのと、家と反対方向に向かうのとでは時間のロスに違いがありすぎです。

しかも、最近ヤバイと復活したトレーニング室へ通うときの時々のモチベーションとしても重宝していたのに………。

ここ最近で一番大きなショッキングな出来事でした(´・ω・`)