些細なことではありますが。

愛用のHDDプレイヤーのプレイ形式に「新しい曲」というのがあります。これは、直近1ヵ月(くらい)に取り込んだ音楽だけをピックアップしてくれていて、それを聴くことが出来るという形式です。新しく入れた音楽を自動的に再生してくれるので、とっても便利です。やっぱり新しい曲をしばらくは聴いていたいものですからね。
その「新しい曲」が今とってもいい感じなのです。

「Brand New Breeze」(カノン)→「虹結び」(Rin')→「LOVE LOVE LOVE〜ENGLISH VERSION JAZZ MIX〜」(ドリカム)→「m-CABI」(ポルノ)→「アカツキの詩」(スキマ)→「もしも雪なら/今日だけは」(ドリカム)→「天空の城ラピュタ」(久石譲)→「夕風ブレンド」(スキマ)→「君をのせて」(高嶋ちさ子)

ちょっと内容が偏ってますが(^_^;)
最初の曲はアニメコルダのOPですね。ダウンロードで手に入れました。「虹結び」は侍7のEDでした。Rin'の最新アルバムのボーナストラックなんですが、こちらもダウンロードでこの曲だけ入手。結局侍7はOPもEDも好きだったってことになります。ドリのは車のCMソング。こないだ出たライブDVDのスペシャルパッケージに含まれていたCD。ポルノのアルバムはいいですね。それからスキマの最新シングル。ドリの最新シングル。久石さんのラピュタはオーケストラでラピュタの音楽を組曲にしてます。すっごいいい〜〜〜♪ これもダウンロード。それからスキマのアルバム。最後はこれまたラピュタからなんですが、なんとこの曲を高嶋さんが演奏しているんですよ! ピアノを伴奏に綺麗な曲に仕上がっています。これもアルバムからこの1曲だけをダウンロードしたのですが、他にもジブリ曲があって結構お薦めかも。
で、これをエンドレスリピート中。といってもこれだけ聴くのに3時間くらいはかかっちゃいますがね。
来週になったらこれに「CRESCENDO」とコルダのクラコレ2と多分福山さんのベストが入ってくるはず。



----------------------------------

続きを読む >>

m-CABI (初回限定盤)
m-CABI (初回限定盤)
ポルノグラフィティ

さ、ようやくポルノのアルバム感想ですよ。既に1週間過ぎてしまいましたが。

今回のコンセプトは音楽の詰まったキャビネット。いろんな音楽を4つの引き出しに詰め込んでみました、というところですね。いろんなといいつつ、綺麗にまとまっている気がするのですが。

一つめの引き出し。ナビはタイトルコールですね。
ハネウマライダー 言わずとしれた、ポカリスエットのCMソング(現在も)。久しぶりにまともに聴いたら、最後のサビに入る前のぐるぐる登っていく感じがすっごい好きだった(解りづらい説明)。
BLUE SKY いい感じの曲ですよ。今回のアルバムの中でシングル曲を抜きにしたら、2番目か3番目くらいに好きですね。とっても前向きな曲。元気が出る。
BLUE SNOW 新しいポルノのクリスマスソング。「Hard Days,Holy Night」を私の中では越えることはありませんが、この歌も可愛いんだー♪ 彼女を驚かせようと頑張ったのに空回り的な。で、この曲を聴いたらまたとあるカップルが自然に浮かびまして。サプライズのところがとっても、彼らしいんだよ(o^^o)(いちいちコルダうるさくてスミマセン。頭の中ちょっとコルダで花が咲いているもので)。ところで、こっそり出てくる「天気職人」はもちろんあの「天気職人」ですよ。(「シスター」CW)

そして「天気職人」のフレーズが、二つめの引き出しのナビに繋がります。
Winding Road 最新シングル。横浜ロマンスポルノで初披露され、今はアニメのED。聞き続けているうちにじわじわと味がしみ出してくる曲。
休日 うっかり見逃してしまいそうな位置にある曲(この二つめの引き出しはこれ以外全てシングル曲)。ですが、いい曲。こちらもちゃんと前向きで、「BLUE SKY」ほどの勢いはありませんが、まったりとした休日の午後が穏やかに過ぎる感じがいいです。
NaNaNaサマーガール シングル曲。正直シングルの時からあまり興味はなかったのですが、歌詞は面白い。男ってバカですね〜。でもそれが愛しい感じに思えます。
Don't CALL ME CRAZY シングルCW曲ではありましたが、今年の年明けからダイハツのMOVEカスタムのCM曲として流れていましたね。カッコイイ曲。タイトルの意味を考えたことなかったのですが、「狂ってるなんて言わないで!」って感じですか? 超適当。
ジョバイロ つい手を叩きたくなる曲。ライブで叩きたいなー。叩くよね。これかなり好きな曲。シスターとかこういうエキゾチックなの好きだなー。

3つめの引き出しのナビでようやくきちんとこのアルバムのコンセプトが本人達から説明されています。もちろん歌で。
月明かりのシルビア ちょっと印象が薄いかも。ナビからいつこの曲に移ったのか未だに認識できていないし、気がつけば次の曲に入っていて「変な歌」とか思っているんだもの。
Mr.ジェロニモ その「変な歌」。でも昭仁さんも歌入れた後「なんじゃこれ」って思ったらしいので、いいや。多分、このアルバムの中で一番意味がわからなくて、意味を考えなくてもいい歌だと思う。
横浜リリー 好き。横浜っていうのが入っているからじゃないよ。これ、海兵さん(外人)と女の人(日本人)の切ない話。すっごい綺麗な話で悲しい。でも好き。

4つめ、最後の引き出しのナビはささっと通り過ぎて。ま、最後まで楽しんでよね! ってことを言っていますね。
ライン このあいだMステで歌ってた。しっとりした歌。「好きになりたくなかった」って悲しいなぁって思いながら聴いてる。ここは逆の意味で取るのがいいんだろうけど。
グラヴィティ ライブのEDに使えそうな曲(そういう観点で聴かない)。でも集大成、大団円、という感じがひしひしと感じられるんだもの。そして「あー楽しかった!」って思えるんだもの。最後のサビのところなんか楽しくてしょうがない!

これで、本編終了。
初回限定盤買ったら、もう1曲別のCDがあります。
NaNaNaウィンターガール 「NaNaNaサマーガール」の歌詞とアレンジを替えた冬の歌。こっちは男のバカなところはあまり描かれていません。


ざざーっと感想述べてみました。暫くこれにはまりたいところだけど、スキマのアルバムはあるし、aikoのライブがそろそろなんで予習もせねば………。
だから、なんでみんな似たり寄ったりの時期に発売するのかねぇ?
『CRESCENDO(初回生産限定盤)(DVD付)』

こちらの商品は、人気商品のため入荷に遅れが生じており、現在もAmazon.co.jpに未入荷の状況となっております。お客様には長らくお待たせしまして申し訳ございませんが、こちらの商品に関しましては12月1日頃の入荷を予定しておりますので、ご理解いただければ幸いでございます。



ですって!!

そもそも、いろいろ一緒に頼んでしまったので来週末到着の予定ではあったんですが。
えっと………初回生産限定盤、間に合うんでしょうか? うわーん(>_<) 早くから予約してたのに! あんまりだよ!!! お願いしますよ、Amazonさん………。


しかし、それほどまでに人気とは! ネオロマCDとしては驚くべき勢いではないですか!? 知らないだけかもしれないけど、聞いたことないですよ。すごいなーコルダ。嬉しいなー♪
アカツキの詩 (初回限定盤)(DVD付)
アカツキの詩 (初回限定盤)(DVD付)
スキマスイッチ

最近またCD(&DVD)ラッシュでいろいろ聴いているのに、丁寧に記事を書いている暇というか気力を取れないでいます。ポルノの新アルバムについても語りたいのに〜〜〜(>_<)

しかしながら今すぐに語りたいのは、スキマスイッチの先週発売になったシングル「アカツキの詩」。
今週アルバムが発売になるというのに(ちゃんと本日ゲットしてきました♪ 未聴)なんでわざわざシングルカットするのかと思っていましたが。

いいですよ!!

カップリングが!

すっごい可愛いですよ〜。歌詞がねー楽しいし、可愛いし。どこぞのカップルを思い浮かべますよ。あー言わずとしれた火日カップルですよ。かなりお薦め。シングルのタイトル曲は最近テレビに出る度に歌っているのでどこぞで聴いたことがあるかもしれませんが、カップリングはこのシングルでなきゃ聴けない。アルバムにも未収録ですよ。火日好きな方には是非ともお薦め。そして火日で想像しながら聴いて欲しい一曲です!

ちなみにあらすじ。
主人公は男の子(大学生くらいかな?)。ある日曜日、今日は彼女が初めて部屋に遊びに来るというので、大掃除開始。男の子ならではの問題に直面しながら片づけをするものの、間に合わず………。
そんだけ。あと、玄関で転んでいくところはにやけます。面白い。
なんちゅうか、青春だなぁ………と思いますね。スキマは青春がよく似合う。

あ、曲のタイトルは「君曜日」です。
クラシック熱は冷めません!

「のだめオーケストラ」LIVE!
「のだめオーケストラ」LIVE!
のだめオーケストラ,東京交響楽団

「のだめカンタービレ」のドラマ内で演奏されている曲を集めたCD。
決してサントラではありません(OP、EDは入っていますが)。
サントラは別に発売になります(そして買うつもりです)。
演奏曲は全て収録されているのかな。
何しろ、のだめと千秋の初連弾曲、モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」の「たった2小節で間違えるなー!!」(by千秋)まで収録されていますからね。あは。
10秒で終わりですよ。あはは。
OPもいろんなバージョンありますし。
しかし、のだめの音は飾りが多いなぁ。
「悲愴」なのに、妙に弾けてるんですが。そして好きですが。

ところで、このCDには、最終回収録の千秋指揮オーケストラのエキストラ応募クーポンが入っているんですが。

行きたい………。

でも、友達に言ったら素気なく断られた………。

応募して当たるとも限らないんだけどさ。
行きたいー(>_<)
ともかく応募してみようかな。当たったら当たったで考えようかな………。

あとのだめオーケストラのコンサートとか、行きたいなぁ。
さすがに金曜日の夜は無理だけどもさ………。
ゲストにNAOTOさんも来るらしい!(いや、ポルノライブでも見られますが。そしてこっちは確実に行けますが)
こういうとき、やっぱ首都圏に住みたいなぁって思っちゃうよね。
ソフィア・ゾリステン&ミラ・ゲオルギエヴァ「名曲の花束」

行ってきました。
弦楽オーケストラとソリストのコンサート。
知ってる曲ばっかりで楽しかったし、コルダ云々は忘れて聴いていました。
弦の使い方とか面白かったし。
弦を弾いて音を出すのは知っていたけど、いろんな曲で使われているんだねぇ。

プログラムは以下の通り。

1.G線上のアリア
2.ユーモレスク
3.楽興の時〜第3番
4.メヌエット
5.アヴェ・ヴェルム・コルプス
6.カノン
7.収穫と踊り
8.愛の喜び
9.タイスの瞑想曲
10.序奏とロンド・カプリチオーソ
〜10分間休憩〜
11.アイネ・クライネ・ナハトムジーク〜第1楽章
12.弦楽セレナード〜ワルツ
13.主よ、人の望みの喜びよ
14.幻想曲 BMV.542
15.愛のあいさつ
16.ラ・カンパネラ
17.アヴェ・マリア
18.ツィゴイネルワイゼン
〜アンコール〜
19.ハンガリー舞曲〜第5番
20.オブリビオン
21.ヴァイオリン協奏曲集「四季」より“冬”〜第2楽章

俄仕込みの、というかコルダ中心でのクラシック好きなもので、知らない曲も何曲かあったりしましたが、大体はみんなが知っているクラシック曲で構成されています。
一番食い入るように聴き入っていた………というよりは見ていたのは「カノン」。
これはやっぱり生で見聞きしたい曲ですね。
見て聴くと楽しい。
「カノン」があるかないかで、今後参戦するクラシックコンサートを決めようと思っているくらいです。
音の追いかけっこという遊び心があって、それでいて綺麗な音楽になっている。
この形式を作った人は、すごいなぁと思います。
パターンを組み合わせて、音楽にする。順番を変えるだけで違う音になる。
そういうのって、小説でも同じだし、文章に限らず全ての創作ってそういう組み合わせで出来上がっているんだよね。
そう考えると、クラシックってやっぱりそんなに敷居の高いものとか、堅苦しいものだって思わなくてもいいと思うんだ。

ところで、このソフィア・ゾリステン。
日本の名曲「赤とんぼ」(山田耕筰作曲)を弾くんですよ!
コンサートでは演奏されませんでしたが(会場によってはあるところもある)、買ったCDに入っていまして。
これがまた綺麗な曲なんですよ〜。
いや「赤とんぼ」自体は知ってますよ、もちろん。
それがこんなに綺麗に弦楽で奏でられるなんて、感動してしまいました。

それにしても………。

今日は14時からの公演で、13時半に開場。
13時20分には会場に着いたのですが、何故か人気が少ない。
いつもは玄関ロビーにはそこで待ち合わせの人とかでいっぱいだし、ホールからは入場のため長蛇の列が出来ていたりするのに、それがなかった。
「会場間違えた!?」って本気で焦ったのに。

座席について、始まる前に後ろを振り返ったら(前から2列目だったもので)………。

がら空き!!(O_O)

もうすっかすか。
1F席ですら、後ろ半分は誰もいないし、2Fはもちろんのこと。
演奏者の方々にすっごい申し訳なかったよ〜(>_<)
もう、拍手はめいっぱい頑張って来ました。
私の隣は定年退職したあとのおじさん2人組だったんですが「文化に対しての認識が低いよ………」というようなことをぼやいておりました。
うん、全くだ、と内心で頷いておりましたね。
こんなだから、長崎ってあんまりいろいろ来てくれないんだよー。
けど、そのおじさん2人は休憩時間にコーヒーを買って来て席で飲み始めた………。
マナー違反だよ、そりゃあ!!

あと、面白い男の人がいました。
年齢不詳(30代くらい?)。
クラシック好きなんでしょうね。
この方達のコンサートには行ったことがあるのかと思われました。
会場ではパンフとCD販売がされていたんですが、CD買うときに「これとこれは前に買ったからこれを」って買ってました。
うん、そんなこといちいち言わなくていーよ、とCDを買うかどうか迷っていた私は内心でツッコミ。(ちなみに私も1枚だけCD買いました)
その人の格好がすごかった!
え? 大正? 明治の人? って悩ませてくれる格好だったんですわ。
山高帽にひげ面、上着まではきちんとチェックできなかったんですが、フロックコートに見えてしまいました。
中は普通のスーツでしたけど。
いやー、今日一番の面白いことでしたね。

観客は少なくて残念でしたが、演奏自体はすごく良くて行って良かったです。
オーケストラじゃなかったから、2列目でも全部きちんと見えたし。
(あ、第2ヴァイオリンの人が一人、指揮者の陰になってたけど)

そういや、ふと気がついたんだけど。
オケにしても今回のにしても、のだめ見てても思ったけど。
指揮者の指揮棒の振り方は、身体全体で表現豊かですが。
小学校や中学校で習った指揮の仕方と全然違うよね。
学校で習った指揮はどこで活用されんだろ。学校でだけ?
決定盤!!クラシック・スーパー・ベスト101
決定盤!!クラシック・スーパー・ベスト101

コルダクラシックが多く入っている6枚組クラシックCD。全101曲で2400円とお得! コンサートまで行った「ベストクラシック100」よりいいんじゃないかと思う(このCDは聴いていないけど)。
抜粋曲もないし! 第何楽章だけっていうのはあるけど、それは大したことじゃない。
抜粋されているのは困るんだよねー。そういうCD持ってるけど、何その半端な聴かせ方! って思ってしまうので(なら、最初からそういうCDを買わなければよろしい)。
いや〜、いい買い物しましたよ!
コルダ云々は抜きにしても、私の好きな「トルコ行進曲」とか「英雄」とかも入っているし。
ワーグナー万歳! とは言いませんが、威勢のいい曲が好きですので。
「威風堂々」も好きですよ。
「双頭の鷲の旗の下に」がないのはちょっとがっかりですが。
そういや、「クシコスの郵便馬車」はかつてピアノで弾いたことがあるんだけど、CDに収録されたものを聴いたことがないや………売ってるよねぇ?
「ボレロ」も好きだけど、このCDには入っていないやね。

クラシック続きで。
今日、久しぶりにタワレコ行ったら、のだめコーナーがあってびびった。
コミックまで並んでた。
原作まで調べて、使用曲の入ったCDが集めてあった。しかものだめシール付き。(マングース)
その中には、しれっと千秋様のCDも並んでた………アハハ。
のだめ関連では15日に出るのだめオケCDを買うだけに留めておきます。
ちなみに今日ののだめはサントラが上手いこと使われているな〜と変なとこで感心。コタツの時のBGMは最高だった。

クラシックって敷居が高いとか言われ続けているけど、最近はそうでもなくなってきたよね。
のだめもそうだけど、ベストクラシックとか、いいことだよね。
よくよく考えると、確かにクラシックのコンサートとか高いし固いけど、CDは割と安くで手に入るもんねぇ。ワゴンセールとかされてたりするし。
古典故に著作権が切れているのが、一番大きいのか。
いやいや何にせよ、ありがたいことです。
ぶわーっとクラシック熱がやってくる私の財布にとっても親切。

ちなみに今度の日曜日はヴァイオリンコンサートですわ〜。楽しみ。


しかし、それにしても、101曲って全曲聴くのに、どのくらいかかるかしら………。
コルダのクラシック・コレクション届きました〜。
(どうでもいい話ですが、私の使ってるSONYのソフトじゃこのCDデータは取り込めなくて全部手打ちした………(^_^;) 27曲、全部。クラシックタイトルは長いんだけど、全部)

アニメコルダで使用されたクラシックを中心にまとめられた1枚。
第1セレクション編ということで、その名の通り第1セレクション演奏曲とそれまでの使用曲が収録。
ついでに、リリの案内とコンクール参加者のモノローグ付き(香穂子除く………いい加減、もう参加してもいいと思うの(;_;))。
全部クラシック曲だけで編成されても良かったけど。
ゲームとはまた違った音なんだよねぇ。演奏者さんが違うんだけど。
火原の双頭はちょっとふっと柔らかくなるところとかあったりして。
しかし、しかしながら! モノローグがまた可愛いんだ………。
なんか懐かしいしね! あーあーあーあったあったそうそうそうだよね! みたいな。
ちょっと既に香穂子にみんなの心が動かされているくらいなんだけど、かーわーいーい!
火原。(やっぱりね)
この子が香穂子ラブになっていく展開は見物だろーなー。
うあー。早く動く火原でそういうシーン見たいよ!
柚木様がモノローグですら白いのが落ち着かない。
土浦は改めて聴くと(ホラ、まだ観ていないからね)第1セレクションでは美味しいとこもってっちゃってたのだなぁ。伴奏云々。それにいきなり合わせられるなんて、スゴイよねやはり。

収録された原曲演奏はたったの3曲………。火原の双頭と柚木の朝と月森の華麗。
今回は双頭が入ってるけど、次回は火原の曲は選ばれないかもしれないんだな………。
逆に月森のは毎回入っていそうだなぁ。
あー原曲いいわー! オケって素敵。
双頭は火原のよりテンポ早いけど(めちゃくちゃ早く感じる)、楽しい〜。
華麗は月森のと全然違って感じられる………。解釈ってすっごいねぇ。

うわ〜! 合奏だ! ガヴォット合奏だよ!
火原と香穂子の合奏だよ!
散々ネタにしてきたけど、音になってるとまたいいねー!


CDと一緒に届いたワールドナビとクラシックまるわかりBOOK。
ワールドナビでは既に5話まで触れられてますねー。うーん。微妙。
いや、2話は観たけど、観るまでのお楽しみに〜にしたかったんだわ。
1話なんか細かく取り上げられているし。
高木さん、谷山さん、伊藤さんの対談とか載ってたりするけど、まだざっと見ただけでのちほどじっくり〜。
クラシックまるわかりはいいですよ!
音楽専門知識のない私には便利!
今更ではありますが、これは二次に役に立ちそうですよ! 音楽科の授業内容とか。
でも、火原が作曲家を語っているところは妙だ………。何でそんなこと知ってんだとか思ってしまう(火原に失礼)。「深い仲」とか火原の口から出るなんて〜!
ま、値段の割に厚さがないのはいつものことですが。重くなくていいよね!(そういう問題ではない)
CD買いました。
最近、またちょっとCD買ってる気がする。
先週も何か買わなかったっけ? あ、違う。先週はDVDだ。
まぁともかく買ったのよ。

TOKIO「Harvest」

なんだかんだいいつつ(言っていない)、ここ数年のTOKIOのアルバムは買っています。
「カンパイ!!!」あたりからハマリ始めたかな。
で、久しぶりのアルバムらしい。全17曲と盛りだくさん。

ま、それもともかく。
感想もおいておいて。
何しろまだ、殆ど聴いていないからね。
ウォークマンに転送したら、久々に音飛びしてた(--;)
時々あるんだよね、Sonicstage(専用の転送ソフト)………時々だけど、結構イラッとくるんだよね。
音が飛ぶなんて許されないですから!
音がぶれたりとかよりも、嫌なんですよー。

で、それもともかく。
少し前にも(っていうか2年前だった………少し前だと思ってたのが2年前て)、同じ事思って書いてたんだけど。
ディスク2枚を一つのケースで販売するとき、分厚くなるのを避けるために開発されたと思われる、真ん中トレイ。
両面からトレイにディスクをはめ込んでるわけですよ。
だから、ディスク取り出しにくいんだってば!
すっごい力がいるんだけど、あんまりやってるとディスクが折れそうなので結局力を入れられず、真ん中が固定されているもんだから無駄にディスク回したりしてますがな。
そりゃあ、2枚入っているのにケースが1枚と同じ厚さって大変魅力的ですけどもさ。
でも、ディスク割りそうな怖い思いをするくらいなら、分厚いケースのほうがいいよ!

しっかし、このケースのアイデアはいいもんだとは思うけど、考えた人は本当に使ってみたんだろうか。(いや、多分使ったとは思うけどさ)
こんなに取り出すのに緊張を強いられるとかわかってんだろうか。

それとも、私だけなんだろーか………。
こないだの土曜日にコブクロのベスト盤を買いました。
ベスト盤なので悪いはずがないんですが、これはハマりますよ。
コブクロってデビュー曲こそ印象に残っていますが、ここ何作かヒットを飛ばしている前はイマイチぱーっとしないなーと思っていたので(ごめんなさい)、これほどツボにはまる曲を出していたなんて知らなかった(>_<)
なんて勿体ない!
しかも聴いたら、どれもこれもどっかで聴いたことあるじゃん! ってなもんですよ。
そんなわけで、実はヘビロテしていたりするんですが。
これまた執筆するのにいいBGMなんですわ〜。
最近書いているのはCBばっかなんですけど、盛り上がるのよ!(自分だけ)
特に「宝島」が良いですねー。
んま、自己満足なだけなんですが、執筆が進むのはよいことだ。うむ。