休みの前日の夜が幸せだってことは以前にも書いたことがありますが、それはやはり時間と気持ちにゆとりがあるから。

そんな時に、私はたまに経路の違うバスに乗ることがあります。
行き先が同じでも、別の道を通るバスがある。
それはまっすぐ行くより遠回りだったりするので、普段そのバスを利用することはない。
(そもそもバスに乗ること自体少ないんですが。会社との往復は徒歩か市電です)
でも、金曜日の帰り道とかだと、翌日が休みだから少々疲れることをしたって平気。
そんなわけで、ふら〜っと乗ったことのないバスに乗って、知らない道を辿ったりしているんです。

特に徒歩ではその傾向が強いですが、知らない道を行くことがとても楽しい。
惜しいのは、それが日が落ちた後になってしまうので、周りがよく見えないことでしょうか。
ただでさえ、車窓の景色なんてあっという間に後ろに流れてしまうものだし。

じゃあ明るいうちに、例えば休日の昼間にやればいいと思うでしょ?
でもね、それは面白くないんですよ。なんとなく。
手を繋ぐのが好きです。
背中から抱きつくのも好きです。
割と誰でもイイです。男女問いません。好き嫌いはありますけど。

そんな私は甘えんぼです。
あんまり表に出しませんけど。


昨日から読んでいる本がありまして。
シリーズ一気読み。
「鏡のお城のミミ」というライトノベルです。
(今ようやくタイトルの意味を理解しました)
現在シリーズ5冊既刊。以下続刊中。
一気にというわけではないですが、買い揃えてようやく読み始めました。
1巻と2巻の最初のほうまで読み終えているのですが。
とっっっっっても邪道なことをいたしまして、各巻挿絵を見て、その辺りをざっと斜め読み。
先が気になりすぎて、やってしまいました。

いや、もうなんか可愛いですよ、恋愛が。

恋愛モノに関しては、漫画にしても小説にしても結構大人の話のほうが等身大ということもあって好きなんですけどね。
(書くのと読むのは別ですけども)
これは可愛い!


いいよねぇ、恋愛。恋とか。

その課程が楽しいですよねー。
嬉しい気持ちでいっぱいになるし。

後から冷静になってみると、何でだろうって不思議に思うこともあるんですけどね。
何であんなの許してたんだろう、とか。
好きとか嫌いとかいう気持ちも、不思議だよね。

人を好きになるってすごいなー、って思う。


ちなみに「鏡のお城のミミ」は恋愛話だけの小説ではないです。
でもメインかな? 違うかな。
ま、それは抜きにしても、面白いですよ〜。

去年の事件から、まだ一年も経っていないのに。

どうして。

と、大人は口々に言う。
私も「どうして」と思う。

いろいろ思うこともあるけど、敢えて語らず。
ただ、一つだけ。

想像力を、持って欲しい。
今朝の話です。

会社へ行くと、まずは掃除から一日が始まります。
掃除の担当区域というのは自ずと決まっておりまして、私は給湯室まわりをちょこちょことやっております。
洗い物とか、氷を作ったり、今の時期だとアイスティーやウーロン茶を作ったりします。

さて、今朝はふきんを交換したために、洗面器に水を満たしてそこにふきんをしばらく付け置きます。ただ付け置くのではなく、ハイターを入れておきます。
うちの会社にあるのは、業務用の、でかい容器に入ったハイターです。
中身がたっぷり入っているうちは、抱えて中身を注ぐだけでも大変です。意図していないのに、どばっと入ってしまうこともしばしば。
だから飛び跳ねには警戒が必要です。

もちろん、飛び跳ねには充分気を付けていました。

けれど。
誰が蓋が吹っ飛んでくるなんて想像できるでしょう。

注ぎ口が外れて、私のお腹に(胃のあるあたり)ヒット!

注ぎ口には、ハイターが固まった白い粉が付着しており、私の紺色のベストを赤く変色して下さったのでした。
円が半分くらいの形に。
恐るべし、ハイター!!

一瞬にしてブルーになる私。
テンションは一気に低下、仕事する気もゼロに低迷。
気に入ってたのに……………。

もうしばらくハイターは触らないようにしようと、決心しました!



そんな日の帰り道。
「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」を購入してきて、気持ちが浮上。
少し店頭で悩みましたが、「赤」と「白」両方とも買って来ちゃいました♪
ポイントが溜まっていたので、一枚はそのポイントでまかなえたしね。
パッケージだけ見て、ニヤニヤしている私。開封すらしていませんが、手に入れただけでもう幸せでございます。週末雨が降ったら観ようっと。
映画は結局2回しか見に行かなかったし。
抑毛剤があってもいいんじゃないか、と思うのです。

何に使うのかと言えば、もちろんむだ毛の処理です。
夏にならずとも思っているのですが、とにかくむだ毛の処理って面倒。
そもそも細かいこととか、根気のいる作業が苦手で大嫌い。
やってる途中で、投げやりになることもしばしば。

そんな時に、抑毛剤があればなぁと。

一回抜いたら、しばらく生えてこないといいのに。
それなら頑張るのに。

誰も考えないのかなぁ?
誰か発明してくれないでしょうか、真剣に。
絶対売れると思う、女の人に。
髭とかにも有効だったら、男の人にも売れるかも。

どうかな?