「転生学園幻蒼録」(漢字あってますか?)が巷では話題を呼んでいるようですね。
私もやり始めたら間違いなくハマるんだろうなぁと思うゲームのようです。
詳しくは知らないんですけど。
あれですか? 「魔人学園シリーズ」と似たような感じなのですか?
主人公(プレイヤー?)の顔がはっきりと出ていましたけど。
絵が、好きな感じですね。なんか可愛い。

「魔人学園」と言えば「外法帖血風録」が近々発売になりますね。
個人的にはこっちのほうがもっと気になる。
「外法帖」ではまんまと陰ディスクにハマった女です。
今度は神様が相手になるんですか?

ちなみに「九龍妖魔学園紀」というのも控えているようですね。
これはちょっと違うような気もしますが。


と、まあ、今手元にないゲームを語るには、情報収集出来ていないんですけどね。
最近はあまりゲームもしていませんし。


あまり、であって、全然ではありません。
TVゲームはしていませんが、携帯ゲームは(携帯しないけど)やっています。
「東京魔人学園 符呪封録」
まだやってますよ。まだ。
何とか窟(まだ憶えていないらしい)に潜り続けて、ここ100階までしか無いんですけどね、1周終えて今2周目。55階越えました。
本編も終盤にさしかかっているのですが、フリーバトルがやっぱり楽しい。
ちょっとした時間にちょいちょいとやり続けています。
いつこのゲームを終える気でいるのかわかりません。
終える気、ないのかもしれません。


今日のアンケート返信です。
今日は新入りキャラはいませんが、ロクが確実に一歩踏み出しました。
管理人、予想もしない展開にドキドキです。これから先がすごく楽しみです。
世の中には、人にプレゼントをするのが好きな人がいます。
そのプレゼントを選ぶセンスがいい人がいます。

いいなぁ、と心から思います。


私にはそういうセンスがなさそうです。どうやら。

今更に始まったことではないのですが、家庭でも、友人の間でも誕生日プレゼントのやりとりは、こちらが良さそうなものを選んでプレゼントするのではなく、欲しいものを聞いて、それを買ってあげるという、合理的かつ味気のないプレゼント交換をしておりました。
大学生の時なんかは、仲良しの友達全員でお金を合わせて、高いものをプレゼントすることにしていて、たった一個のプレゼントしか貰えない、上げないということまでやっておりました。

確かに、自分としても確実に欲しいものが貰えるわけだからいいですよね。嬉しいし。
でも、びっくりすることはない。


そういうことをやってきたせいでしょう。
ここへ来て、どうしたらいいのかわからなくなっています。


ビーズアクセを作るのが、ちょっとした趣味になっている最近なのですが、ようやく友達からリクエストを受けるよになりました。
「これこれこういうのが欲しいの」「わかった」
と、引き受けるのはいいけど、自分の腕と作りたい理想と現実が上手く組み合わさらない。
作ってみたはいいけど、やっぱりイメージが違うとか。

センス無いなーと、思わざるを得ない。

自分のものを作るのはなんてことないんだけどなー。いくらでも作れちゃう。

いやはや。人の好みでものを作ってあげるというのは難しい………。
でも引き受けたからには頑張りますよ!


今日もアンケート返信。
アンケート及び、コメントありがとうございます。
ロク、良かったねぇ。いやもう、ホントにしみじみとそう思いましたよ。とことん報われない役回りだから………。気に入って貰えて良かったねぇ。票は少ないけど、次点だからねぇ。もう一人の主人公の筈の勇也を差し置いて。
TOPが和希なのは変わりありませんが、次点がロクなのにはびっくりしました。一途なのが良いのでしょうか。意外です。でもイイヤツですよね。私も好き。
今日は新しく月森君が入っていましたね。コルダキャラから一番に入ってきたのは月森君でした。これも意外。どこまで頑張ってくれるのでしょうか、彼は。
はい、またやっております、アンケート。
今回は大々的に(?)サイト全体でのアンケートになります。

サイトに登場しているキャラクターたちの人気投票です。
これの結果でサイト開設1周年記念の小説をアップします。
ええ、いろんな連載が途中になっている状態で、新作書き下ろすんですよ!
構想は既に練ってありますので、あとはキャラクターが決まれば書くだけです。
どんな話になるのかは内緒。公開までお待ち下さい。

既にご回答も頂いております。ありがとうございます。
現在のところ、和希(クライシス・ベイビー)がTOPでして、妥当であり、でも嬉しいところです。

アンケートのほうは投票形式なんですが。
キャラクターをあらかじめいくつか登録しております。
それ以外のキャラクターをご所望の際には(すごい表現だな)、ご自由にご登録下さいね。
ただ、ちょっとここで悩んでいることがありまして。
サイト全体のキャラクターと大雑把な範囲で投票を可能にしているからには「コルダ」からのキャラクター参加もOKなんですよね。
あらかじめ火原っちや土浦氏を入れようかと思いましたが、これはもう投票される方におまかせしようかと。
アンケート結果で書くコラボ小説にオリジキャラとコルダキャラを混ぜていいのかもよくわからないし、それでいいのかとも思うし。
投票入ったら参加させよう、くらいのちょっと後ろ向きな態度でコルダキャラには向き合おうと思っています。
だから、別にコルダキャラの参加を認めないというわけではないので。投票される方々の熱意によってコルダキャラが出るかどうかが決まります。………って、他力本願。

ちなみに、投票所はこちら


それにしても。
来月で1周年なんですね、このサイト。
早いんだか、遅いんだか。
1年というのは早いけど、なんかいろいろあって充実していたから、1年前がすごーく遠くに感じます。これってどっちかな。1年遅かった、ってことかな。
なにはともあれ、無事1周年を迎えられそうです。(あと1ヵ月あるけどね)
ここまでこれたのも、皆様のおかげですよね。読んでくれている人がいる。自己満足で始めたものでも、それを読んで楽しんでいてくれる人がいる。そういうのが私をここまで引っ張ってきたんですよね。
嬉しいことです。ホントに。

そして。
あんまり認識していなかったんですが。
メインカウンターが25000を超えているんですよね。もうすぐ26000いっちゃう。
いや、数字自体は見ていましたが、そのすごさに気づいていなかったというか。
だってねぇ。途中でコルダを始めたとはいえ、世の中には開設後ものすごいスピードでHIT数打ち出しているサイトさんがあるとはいえ、自分のサイトがそこまでの勢いにのってるとは思わないじゃないですか。更新は不定期だし、あれこれ手を出している状態だし。
もうちょっとちゃんとサイトを管理しているという意識を持たねば、と自分に言い聞かせておきます。


最後に。
キャラクター投票でのコメントに一言。
魔法屋の店員さん、名前なかったですね、そう言えば(笑)。
彼は現在連載(しようとしているのに途中になっている)の話で、ちょっとは謎が解けるんじゃないかと思います。
彼の私生活は、私にもまだわかりません。これから明らかになると良いですね(何故他人事?)
日焼け止めを塗った腕から香る匂いに、ああ、夏だなぁって思う。


梅雨入り宣言した途端、晴天が続くのは例年通りですが。
今日はまた暑かったですね。というか、暑いです。現在進行形です。
暑さに、私のノートPC(4年目に突入)のファンが音を立てて回ってます。
こういうところにも夏を感じますね。


ふと気づけば、机の片隅に既読本が高〜く積み上げられていました。
先月の頭までこまめに読書日記を書いていたのですが(非公開)、2年弱続いたその習慣も最早面倒くさくなった模様。
どうも読むスピードと、書く気力が反比例するようで。
でも、せっかく続けたんだしという勿体ない気持ちが、なかなか本棚に本をしまう方向へと持って行かせてくれないようで。
いい加減、決心して本棚にしまわなければ、雪崩が起きる。間違いなく。
とはいえ、本棚へしまうのも一苦労。
何故なら、文庫に至っては、一段に三列詰め込んでいるんですよ。
しかも本好きのこだわりから、ちゃんと出版社別なので、最奥の列にある出版社もあるんですよぅ。
前のを引っ張り出して、押し込んで並べて、また元に戻して………。

…………ああ、面倒くさい。
休みの前日の夜が幸せだってことは以前にも書いたことがありますが、それはやはり時間と気持ちにゆとりがあるから。

そんな時に、私はたまに経路の違うバスに乗ることがあります。
行き先が同じでも、別の道を通るバスがある。
それはまっすぐ行くより遠回りだったりするので、普段そのバスを利用することはない。
(そもそもバスに乗ること自体少ないんですが。会社との往復は徒歩か市電です)
でも、金曜日の帰り道とかだと、翌日が休みだから少々疲れることをしたって平気。
そんなわけで、ふら〜っと乗ったことのないバスに乗って、知らない道を辿ったりしているんです。

特に徒歩ではその傾向が強いですが、知らない道を行くことがとても楽しい。
惜しいのは、それが日が落ちた後になってしまうので、周りがよく見えないことでしょうか。
ただでさえ、車窓の景色なんてあっという間に後ろに流れてしまうものだし。

じゃあ明るいうちに、例えば休日の昼間にやればいいと思うでしょ?
でもね、それは面白くないんですよ。なんとなく。